忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1492] [1491] [1490] [1489] [1488] [1500] [1487] [1486] [1485] [1482] [1481]
オープニングコント
「日塔さん、また間食ですか?」『完食』に聞こえたのは気のせい。きっと。
「しかもカロリーの高そうなものを」「たまたまパンが売ってなかったから、しかたなくケーキを食べていたんです」その選択肢は私にも無いなぁ…。
「『パンがなければケーキを食べればいいじゃない』と実際にマリー・アントワネットが言ったかどうかは信憑性が薄いらしいですが」そのようですね。実際に『米が無いなら肉を食えば』と言った皇帝は実在したそうですが。
「いますよね、ダメアントワネット」「『地方ではアニメが放送されていないからネットで見ればいいじゃない』とか」ネットでじゃなくてDVDで、とかブルーレイで、とかだったら上客なのにね。
「『ウチの国ではジャンプが発売されていないからネットで読めばいいじゃない』とか」そうまでして読まなくても。
「『CDを買うお金がないからあのサイトでダウンロードすればいいじゃない』とか」
そうまでして聞かなくても。
「ああ、げに恐ろしきかな、日常のダメアントワネット」色々悪影響が出てますからねぇ…。
「まぁ、このラジオの場合も『絶望放送がなかったらchu→lip☆RADIOを聞けばいいし』とか」とりあえず一時停止は出来るようになったんでしょうか?ならないとちょっと無理っす。
「『絶望放送が終わってもDGSが続けばそれでいいよー』とか」ああ、あの番組は確かに魅力的ですが、やはり代わりにはなり得ない。
「私たちの中の人のファンに言われてるんでしょうね、きっと、と言うか、むしろ言っていて欲しい!」ごめん、無理。


オープニングトーク
「これは今回書いたのは構成Tですか?」「馬鹿笑いしてました」「一体どういうつもりで書いたのか」創る側の人間として色々思うところがあったのではないかと。
「ダメアントワネットについては困りますねぇ」「サービスではないので」「極めて違法性の高い、というか、確実に違法でございますからねぇ」ですね。良いと思ったものには、ちゃんと還元を。それが次のより良いものを生んでいきます。
「『パンがなければケーキを食べればいいじゃない』と実際にマリー・アントワネットが言ったかどうか」「言ってないんですよね」「創作されたんじゃないかって」創作と言うか、剽窃と言うか。ルソーの著書の中に、とある貴族の女性の発言として似たような文言があるそうですね。明らかに時代が違うのでマリーさんの御発言ではないようです。
「ちょ、おま、言ってねーよって」「思ってるでしょうねぇ」『ちょ、おま』はともかく、そうだと思います。
「そういう事っていっぱいある」「ネット社会になってしまって、情報過多に」「大本のネタがぼんやりしちゃって」「超訳されて伝わって」逆のパターンもありますね。発言を『私そんなこと言ってません』とブログに書いたら、きっちりその発言が掲載されている雑誌が発掘されてネット上でさらされてしまったという。まぁ、大事なのはリテラシー能力だなぁ、と思う次第。
「マリー・アントワネットさんに関しては、不憫だな、と何百年も経ってから思われている」当のフランスですらそういう声があるそうで。革命前を古き良き時代と称するくらいですからね。さもありなん。


今週の標語
「金沢兼六園!日塔奈美!ぶっ込んでいくんで夜露死苦ぅ!」不良子ともまた違う、不思議なノリ。


普通って言うなあ!
「女性のファッションの話題で『パンツ』という言葉が出ると、ドキッとしてしまいます。普通って言うなあ!」「ダサくても良いから『ズボン!』とか言って欲しいです」分かります分かります。というか、ズボンの何がイカンのですかね。
「アクセントが違うだけで、印象ががらりと変わる単語の例」「ぱんつっていうとアンダーウェアですよね」「パンツというとジーンズだったりとか、下着の上に穿く、下半身に身につけるものの総称」「英語のそもそもの意味としては下半身に身につける衣類と言う事の総称」「アンダーウェアはunderwearでしょ」そう考えると、ぱんつを下着とするのは所謂和製英語なんですね。
「ぱーんつ!」「ぱーんつ!」「ぱーんつ!」「ぱーんつ!」「ぱーんつ!」「ぱーんつ!」「分かんないですけど、もはや」「答えが見えないのでただ連呼しただけ」爆笑。ただひたすらにリピート。
「ズボンも英語?」もともとはフランス語の『ジュポン』らしいですね(出典『たのもしき日本語』)。
「パンツっていわれるとピッタリパンツだけど、ズボンって言われるとゆったりしたものを想像しちゃうね」「それは勝手なイメージでしょう?」このへんは人それぞれかと。
「ファッション用語って刻々と変化していきますからね」「トレンカだのレギンスだの、みたいな」「それそれそれそれ」レギンスと言われるより脚絆と言われた方がしっくり来るのはもはやオッサン云々よりも私が軍オタだからでしょうね。
「でも基本的には同じ」「僕もスパッツって言うと、踝丈くらいの」「レギンスって言うと下までの、踝よりも下まである」「トレンカだと踵に引っ掛ける」「同じっすって言われた」ま、でしょうね。違いのないものに敢えて違いをつけるのがお仕事の人がいますから。
「おしゃれワードじゃないかな」おそらくは。
「トレンカって何?」「踵に引っ掛けるのがついてる」すいません、踵に引っ掛けるのがついているものと言われると、中学のときの学校のジャージしか浮かんできません。
「スパッツってなんかね」「レギンスの方がおしゃれ感は高い気がする」耳新しいからでしょうかねぇ。
「股引は股引でしょう?」「防寒のために穿くものでしょう?」「でも女性は女性でタイツがあるでしょう?」「タイツはダサイの?」そう言えば『股引』も『タイツ』も単語として随分長く生き残ってる気がしますね。
「デニール数の違いかな」「120とかだと結構温かい、分厚い」「80までだと、膝曲げると膝の色が見えちゃう」「僕の頭の中、ロバート・デ・ニールっていう単語が」同じく。おかげでせっかくの新谷さんの説明もあんまり頭に入っておりません。

「ゲーセンのプリクラ機のカーテンの下に見える、女の子の太ももにドキドキします。普通って言うなあ!」まじまじと覗き込んだ事など無いのですが、言いたい事は実に良く、実に良く分かるつもりです。
「ゲーセン=不良のたまり場でしょ?だって」いつの話ですか一体。
「アミューズメントメディアパークだと、なんか、おしゃれさんが集うところでしょ?」むしろ、頓挫しちゃった村おこしみたいに聞こえるんですが。
「アミューズメント施設でいいんじゃないですか?」
「メディアだと多分学校になっちゃう」それっぽい名前の学校たくさんありそうですよね。あれ?今はそうでもないのかな?
「だって今プリクラだけのところありますもんね」あれは何と呼ぶべきなのか。プリクラ屋?
「ああいうとこって男子のみだと入れないんですよね」ですな。入りたいとも特に思わないですが。
「いつから?」「プリクラが物凄く流行りだしたからじゃないですか?」いつからかは調べてもあまりよく分かりませんでしたが、不逞のヤカラが出没したんだろうなぁ、ということは容易に想像できます。
「僕もプリクラって撮った事ないんで分かんないんですが」「酒飲んだ勢いで、ほぼ鈴村健一などとヘンな写真を撮る」その写真、欲しがる人は多そうですねぇ。
「多分女子の方が比較的に多くって」「カーテンとかで半個室になるから」「仕切りとかがあったりして、外から見えなかったりするから」そういうAVがありますな。
「盗撮ね!」カバンを地面にドカッと置くと盗撮と疑われる世の中ですんで。
「カメラに向かってピースサイン」「昭和だな」ピースサインって1周まわって最近またやってませんか?いや、あんまり詳しくないんですが。
「盗撮なんかできちゃう」「そういうことしちゃうのは男だけだもんな…わかんないか」女性で盗撮して捕まった人のニュース、ありましたね。
「基本的に、もうプリクラコーナーって区切られちゃってるじゃん」「1台だけで置いてあるのは」「記念に撮ってください的な奴だと、仕切りとか無いので、誰でも使えるようになってますけど」あれはあれでプレッシャーになる30代後半。

「一人暮らしの僕は、洗濯物を干しながら、一人暮らしの女性の家にはきっとブラジャーとかぱんつとか普通に干してあるんだろうなーと妄想してしまいます。普通って言うなあ!」そりゃまぁ、1回穿いたら捨てるとかいう人じゃない限りは。
「言われてみれば確かにそのとおりで」「女性の家には女性の下着しか無い訳ですよね」「そらぁ、ドキドキするよね」具体的に個人を想定して想像するとより一層ドキドキしてしまいます。最低ですいません。
「女性って何か、意外と、下着だけで干すゾーンとか作りそうじゃないですか」「外だったら長いタオルとかで囲って、真ん中に、外から見えないように下着ゾーンを作ったりしませんか?」
「男性もそうしたら良いじゃないですか」「その理由が分からない」「そんなことを気にする男はちょっとめんどくせえな」気にする理由があまり思いつかない。
「だって別にぱんつ見られても平気だもん!「ぱんつ見られても平気だもん!」言ってて思いついちゃったんですね。分かります。
「今?」「穿いてようが穿いてまいが?」「何を言ってるの?」「良子ちゃんはなんなの?」「急にバカみたいな事言いはじめたけど」新谷さんの突き抜ける瞬間。
「なんなら見せますけど!」「今日は猫のぱんつです」せっかくの詳細な情報ですが、あまり嬉しくありません。
「いいです」「遠慮すんなよ」「座ってください」本日の視覚的ラジオコーナー。
「例えば、白の、綿製のブリーフ、とかだとちょっとふわーってなるけど」「もうブリーフを穿かなくなって20年以上経ちますから」「白の綿のブリーフってちょっとふわってなるじゃないですか」白ブリーフは地丹を連想させるアイテムだからでしょうか。
「白の、いかにもぱんつですよってブリーフ穿いてる男子いる?」「前にもこんな話した気がする」第121回ですね。キーワードで検索掛けると大概の事が出てくるなぁ…。ちなみにこの時、とあるお2人の下着がお揃いでした。
「トランクス!」「言い方ですって」「凄い強そうでしょ?」「実際強そうですしね」強かったらしいですね。
「ボクサーブリーフ!」「凄い強そうじゃない?」「フはフで終わり方は一緒ですよ」でも出だしが強力だと、それに引きずられるので全般強そうに聞こえる。
「女子は多分、どっちもやっぱイヤなんですよ」「穿いてるところをちらっとでも見られるのイヤだし、たたんであったり干してあったりするのもヤだっていう、感覚の違い?」「女子がもっとオープンだったら男子はこんなに気にしないんじゃないかな」「そうなんです」「隠されるから見たい訳ですよ」「良子ちゃんも、常に『どうぞ』っていう感じになってたら、別にいいよ、今日もかってなるわけじゃないですか」「ほらほら見たら良いじゃないですか、どうせって言って、盗撮オッケーってここに書いて」「別に良いですよ、ブログアップもみたいになってると、誰も見ない」それは完全に痴女なので役割を背負う方が違います。あと、これが検索ワードとして引っかかって見に来る人が居ない事を願います。
「隠すから見たがる訳ですよ」水着と下着の違い、みたいなもんでしょうかね。
「これ真理ですな」「今日は宇宙の真理に一歩近づいたな」おめでとうございます。


きいてますよ、タニタニさん
「ブルーレイ全巻購入特典の新作に原作の何話をアニメ化して欲しいかのリクエスト特集です」「基本的に、リスエストが多かったものを代表して紹介していこうと思います」これもいつもどおり送ってません。

「私がアニメ化して欲しいのは、第二十四集収録の第二百三十一話『ニャン京の基督』です」「この話は可符香の歌から始まり、全体的にミュージカル」「まさにアニメ化のための作品」同意。
「可符香の歌で不安定な気分になりたいです」同意同意。
「この話から派生するおまけ漫画『なんまげ』も収録して欲しいです」ぜひぜひお願いしたいですね。
「♪ほんの少しだけ違ったら世界は平和~」野中さんはあれをどう料理するんでしょうねぇ。
「賛成」「これは僕も好きです」「色んな物がニャンだったら最高におもしろいなって思うんですけど」「これはでも無理だなぁ」「大変そうです」「色々難しそうだなぁ」それは間違いなく色々めんどくさいというか危ない橋の連続綱渡りというか。
「これでやっちゃうと、『二億で買おう』っていう風に言うためだけに麦人さんを呼ばなきゃいけない」呼んでください。ぜひぜひ。聞きたい。
「刹那的に生まれたなんまげも出てきますからね」「おまけのページも見たい」ですねぇ。なんとかならないもんでしょうか。

「最近すっかりウザキャラになった奈美をフューチャーした第二百二十一話『さまよえるミランダ人』、第二百二十四話『その神は今日生まれたばかりだといふ事は一目に解った』、第二百三十三話『四十日と四十夜のアリバイ』をアニメ化するというのはどうでしょう」「この3話を一気に見れば、きっとあなたも奈美のウザさに殺意が湧いてくるはず」ぜひ新谷さんの演技で威力倍増させてください。お願いします。それ聞いてニヤニヤしたいです。
「はんたーい、はんたーい、だいはんたーい。これ以上嫌われたくない」いいじゃないですか。忘れられるよりは存在感があった方が。
「女の子はかわいいのが仕事だぞ」「うっぜぇ…」「あたしめんどくさい女だよ」「もうやめてぇ、ホント」でもやってくれる新谷さんが大好きです。
「このラジオで言っとけば、もういいやって」ならないと思う。
「『私がくるりと回っただけで、みんなが喝采する』」最後こらえきれず笑っちゃった、自分に嘘がつけない新谷さん。
「めんどくせぇ」「『みんながあたしを見てる』とか言ってるんだよ」そういうことを言われると、困った事にどんどん見たくなります。
「これはちょっと反対ですね。奈美が嫌われる」「居なくなっちゃう、そのうち」「最後の最後で、奈美をメンドクセェな、ウゼェなって思わせて終わるっていうのは」「終わり良ければ、ですから、終わり良くしてください」終わらないでください。

「見たいエピソードは正直1クール分ぐらいあるのですが、泣く泣く3話選ぶなら、第百十九話第『様々なる一周』、百八十二話『傍観者たち』、第二百二十一話『さまよえるミランダ人』です」「キャストのみなさんができるだけ参加できるように無い頭で考えました」「これだと、大宙さんのセリフが少ない、一言のために麦人さんと堀江さんに来てもらわないといけない、という問題はありますが、ぜひ見てみたいのでお願いします」確かに、色々なキャラが見られる回はうれしいですよね。
「全キャラが出てくるように」「シリーズ構成みたいな考え方ですねぇ」『高度に発達した投稿職人は構成作家と区別がつかない』という言葉がありますが、みなさん徐々にそういう思考法にシフトしていくんでしょうかねぇ。
「『傍観者たち』をやると奈美が隈取りされちゃいますね」「緑より良いかも」「隈取りぐらいなら、まぁ」気がつかないうちに色んなもののハードルが下がっている新谷さん。
「『様々なる一周』」「一周しちゃうっていう奴ですね」「奈美まためんどくさい事に」「普通の事を言ってる」「キャラとして正しい事を言っている」「これいい、これうざくない」奈美の扱いがこの程度の方が平和だった…ということですな。
「これ凄いですね。智恵先生が制服着てますね」わははは。また矢島さんに本領発揮していただかなくては。
「最後の最後は全員出た方が良いですからね」最後の最後とか言わないで。

「スタチャ様。予想を遥かに超える豪華な購入特典本当にありがとうございます。新作ブルーレイとは恐れ入りました。感動して涙が出ました。必ず全巻購入させていただきます」なんか、ファンの鑑みたいな人が。
「希望の収録話ですが、敢えて何も言わない事にします。どの話になっても嬉しいので」「ひとつだけ希望を申し上げますと、新作オープニングが見たいです。曲は勿論、メビウス荒野で!」ナイス提案。
「あの曲で映像が見たい!」同意同意同意。
「シャフトがなぁ」「龍輪さんと山村さんの問題」むしろ一番の壁はそこかもしれない。
「あとこれ、やるかやらないか分からないですし」「オープニングがどうなってるかっていうドキドキ感も欲しい」ですね。パッケージを開けてディスクを起動させるまでのお楽しみにしておきましょうか。

「引き続き募集かけますか?」「紹介しきれなかった分に関しましては、構成Tが責任を持って山村さんと龍輪さんに送る予定でございます」おお、お願いします、と言えるようにちゃんとネタを送っておかなければ。


CM
「絶望放送でしたらおもしろいネタはよりおもしろく、そうでないネタは」「そうでないネタは?」「それなりに放送されます」懐かしすぎます。新谷さんは生まれる前のネタじゃないですか。


ポジティブですよね~!
「拡大版…」ここの声が切なすぎて聞き返しちゃいました。

「うちに、私の赤ちゃんの頃の写真が1枚も無いので、まさか、と思って母に尋ねたら『あ〜んた、不細工な赤ちゃんだったから写真撮ってないのよ』と言われました。どうかポジティブに解釈してください」小さい頃の写真を誰に見せても、概ね目の前の人間と同一人物だと認識してもらえないのとどっちが良いんでしょうか。
「えっと、正直なお母さんで良かったね」ど真ん中の豪速球。
「そうだね」「1ポイント?」「ポイント制になったの?」「たった今考えついた」「ポイントつけるのは佐藤D並びに構成Tです」ルール化を進めていくと競技化できそう。

「お店に入ると、入り口で何かの商品を見ていた女性が、私に向かって、腕をスペシウム光線を出す構えをして、横へ横へと逃げていきました」「これね、僕ね、答えられない方にマルつけてるんだよね」「これ無理だって」本物のスペシウム光線が出なくて良かったですね、くらいしか言えない。
「ここで豆知識」「スペシウム光線を出す時の、『シュワッチ!』って風に言うじゃないですか。あの『シュワッチ』っていう風に、最初に言ったのは赤塚不二夫先生なんですよ」「擬音として『シュワッチ』って書いたのは赤塚不二夫先生」「ポイントにはならない」「おまけポイントぐらいつけろや!」テストで書くことが無くなってカレーの作り方を書いてる大学生じゃないんですから。
「神谷さん凄いけど、凄いけど、神谷さん凄いなって思ったけど!」どっちかって言うと、ぐわんば!の投稿メールみたいな内容でしたね。
「多分この女性は」「変身せずともスペシウム光線を出せる、宇宙から来たウルトラマンの一族なんですよ」「つまりこの人は地球の平和を守っている」「本来の姿をさらしてですよ、怪獣ないしナントカ星人ないしと戦わなきゃいけないんですけれども」「そういう場合ではなかったですよ」あ。出てたんですね。光線。
「光線も見えないんだ」「見えません見えません」「当たり前じゃないですか。ウルトラマンの姿になってないから」あれ?そういうルールでしたっけ?
「ウルトラマンの姿になってなくても出るの?」「出ます出ます」「普段から変身しなくても」「変身すると、もっと巨大なパワーが出ますから」あと、変身しちゃうと3分しかその姿を保てない、小さい的には対処しづらいと言うデメリットもありますね。
「ウルトラマンって女性だったんですね」「女性の姿の方も居る訳ですよ」「ゼロポイント」「すげーしゃべったのになー」なんと言うか、野球でいうところの、ボールは全部場外に飛んだけど、残念ながら全てファール、みたいな。

「先日、ラーメン屋さんに行ったところ、麺1本だけくわえたまま虚空を見つめているおばさんが居ました。彼女は一体何をしていたのでしょう」
「茹で加減を確かめていた」「作ってる人なんです、この人」「このおばさんが、麺をまずゆでてて、固さを確かめて、出せる、これは客に出せるっていうジャッジ」「ポイントあり、ぬるいな〜」まぁまぁ、アリですかね、これは。
「そんなぬるい中でもポイント取れない神谷さん!」「今、小学生レベルのイジメにあった気分だな」「だって、これ以上出ないんだもん」そして若干場外乱闘っぽくなってきました。

「学校に行ったら、私の机の上に、リアルな亀の置物が置いてありました。ポジティブにお願いします」「プレゼントです!」「亀は万年だぞ、長寿の象徴じゃねーか」「ワンポインツ!」速攻が決まりました。物をもらう、というのはそれが良いものであると持ち上げられれば何とかなるので、攻略はしやすいんでしょうかね。

「朝起きたら醤油のペットボトルを抱いていました。自分の精神状態がやや不安です。どうポジティブに解釈したら良いでしょうか」「多分、前の日の晩ご飯の味が薄かったんじゃないかな」「朝起きたら、俺が正しい味を家族に教えてやろうと思った」「ドヤ?」ドヤ?に全てを持って行かれて、何を書こうとしたのか忘れました。
「ノーポイント!」「ばーか。まじばーか」「柄が悪くなってます」荒んでるなぁ。

「最近よくチクワを持ったおじさんに追いかけられる夢を見ます。ポジティブに解釈してください」「はい、これね。良い夢です」「チクワですね、真ん中に穴が空いてますね。見通しが良いっていうことでね、とっても良い夢なんです」おお、うまい。
「追いかけられてるっていう状況に関しては、切迫した状況も現すんでしょうけど」「持ってるのがチクワですから」「正月の時にレンコンを食べるのは見通しが良くなるようにっていう縁起物ですから」「チクワも一緒です」「獅子丸も言ってました」獅子丸が言うんだったらしょうがないかな。
「ポイント入った!」おめでとうございます。これで2対2。

「小学校の頃、登校中に見知らぬおじさんから『釣れ立ての鮒だ。お嬢ちゃん持ってきな』と言われた事がありました。どうポジティブに解釈すれば良かったんでしょうか」学校で飼ってやってくれってことだったのかな?
「たぶん…パス」「パス出た」「これ無理」パス1来ました。

「好きな子に『付き合ってください』と告白したら『物理的に無理』と言って振られました。ポジティブに解釈お願いします」「次元が違ったんじゃないですかね」「人間じゃなかった訳ですよ、相手が」「この世のものではなかった訳です」「告白した相手が?」「シックスセンス的に、この世でないものが見えている可能性がありますよ」
「ずっと見えてたんですか?」なんかそういうラノベがありそうですね。昔だったら設定パクって1本なんか書いてみたくなるくらいに食指が動きました。
「素敵な解釈だったんですが、振られた事実を認めているだけなので、ノーポインツ」ああ無情。

「コンビニでカップラーメンを購入した時、バイトの子にさみしいですね、と声をかけられました。エレガントに超訳してください」確かにこれは超訳が必要。
「言い方が違うんです」「お互いさみしいですねぇーっていうことですよ。そこから解釈して、一緒にご飯食べましょうっていう事を考えてあげなきゃ」「やったぁー!」「遠回しの告白です」ちょっと可符香の片鱗が見えました。お見事。

「お母さんから渡されたお弁当の中身が、ご飯と大量のワサビだけでした」「これね、夏場だったんですよ」「ワサビには、こう、なんていうんですかね、腐ったりするのを防止する力がありますから」「そういう時期なので、ご飯にワサビをつけておいて」
「バランにね、ワサビ成分をこう、なんか、浸透させてるバランとかあるじゃないですか」おお、科学的。
「ご飯だけって」「だって、彼はご飯大好きなんだもん」「腐らないように、ですよ」「お母さんの、息子を思う気持ちです」「ノーポインツって言いやがった、アイツ」まぁ、防腐だけなら梅干しでもいいんで…。


エンディング
「ではそろそろ佐藤Dの体脂肪率も今回の放送もおしまいです」「佐藤Dが『それ、あの、死ぬっていう事ですよね』って、かなりテンパった声で」「本番中本番中!」なんか気になる事があったのかな、体脂肪率関係で。

「新谷さん、『新谷良子はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる30 chu→lip☆BEST LIVE』6月26日に振替公演決定おめでとうございます」「ありがとうございます。土日2日間やりますからね。ぜひ来てくださいね」アピールを付け加える、ぬかりない新谷さんが大好きです。


お別れの一言
「結婚してない歴=年齢、新谷良子!…なんや、声優が結婚してなかったらおかしいんか?」これ、親方ゲスト回にもう1回やって欲しい。あえて前やったネタをもう1回やると言うのがミソでございまして。


 本編とは関係がないのですが、『米が無いなら肉を食えば』と言った皇帝の確認をしていたら禿髪樹機能という名前の武将(姓が禿髪)にぶち当たりました。誰かを連想させる名前だとか思ってません。思ってませんってば。

拍手[4回]

PR

コメント
無題
私、新谷さんの事好きですよ
ええホント^^
お別れの一言はかわいい娘は苛めたくなるというアレです

あと
家に私の2歳未満の写真が無いというのはマジ話です
ネタと違って、実際には回答が怖く親には真相を聞けていませんが…(^^;

実は1回の放送で3つネタが読まれたのは初めてで
結構はしゃいでいたのですが、今週(5/25)の放送を聴いて愕然
やはり凡才はいくら頑張っても
天才(イボさん&アロマテラピーちゃん)には
勝てないのでしょうか…TT
【2011/05/26 00:13】 NAME[薔薇の上のモボ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>薔薇の上のモボさん
お見事でした。
私も常々申し上げておりますが、新谷さんはいじられて輝く宝石なので、GJ!と言わせていただきたいと思います。

>天才(イボさん&アロマテラピーちゃん)には
>勝てないのでしょうか…TT
私は土俵に上がろうともしていないので何とも言えませんが、あのお2人はもはや次元が違うと言うか何と言うか…。
【2011/05/27 07:29】 NAME[ふさ千明(管理人)] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード