忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
・「このラジオはお悩み相談からただの自慢話までリスナーのみなさんのあらゆる思いをドドンとと引き受けちゃおうじゃないかという懐の広い番組になっております」毎週火曜日に素敵な彩りを添えてくれたこのフレーズも今回で最後ですね…。
・「今回はついに最終回です」「2008年9月から4年近く、長寿番組でしたね〜」209回は確かに長寿でしたが、4年と言わず5年でも6年でも続けていただきたかったですねぇ。
・「ラストまでまったり頑張りたいと思います」そうですね。いろはにほへとらしく、いつもどおり最後まで、がよろしいかと。
・「今回も最終回お疲れ様メールが色々来ていますのでそちらの方をご紹介させていただきたいと思います」「ペンネーム:小太りおじちゃん」「後藤さんいろは。この挨拶も最後かと思うとすごく残念です」「私がこの放送を聞き始めたのは絶望放送経由で2年ほど前からでした」「後藤さんはよく、『みんな勘違いしてる。わたしいい子じゃない』とおっしゃられていますが、私にとっては、それ、も含めてずっと聞いていたい癒される放送でした」「2年間ありがとうございました」「そして4年間お疲れ様でした」おすまししてないさおりんの魅力が存分に味わえるラジオでございました。
・「私の後藤さんのイメージは、いたずら好きな少年っぽさを持っているカワイイ女性です。不快に感じたらすいません」「いえいえ、そんなことないですよ」少年っぽさというのは言われて納得なイメージです。
・「前回も思ったんですけど、絶望放送経由でっていう方も結構いらっしゃったみたいですね」前回採用していただいたメールには文字数その他の関係から私はその文言を入れられなかったんですが、もちろん私もでございます。
・「そっちとは全然違った後藤沙緒里だったと思うんですけどね」でも、聞きつづけていくうちに、ああ、物の見え方が角度によって違うけれど、そのもの自体は変わっていないように、さおりんはさおりんなんだなって気づけました。
・「番組終了とのことで、残念です。4年間ありがとうございました」「振り返れば4年の間に色んな事があったと思いますが、さっちゃんの印象に残っているコーナーやエピソードはありますか?」「僕はふところポイントのコーナーが好きで、さっちゃんの男前ーな回答に和みっぱなしでした」「ふところポイント、ありましたね。そんなコーナーも」アレでノルマ達成→ごほうびでさのすけとデートという素敵な流れが誕生しました。アジアナンバーワン声優さんにもご協力いただくという大変画期的な出来事でしたね。
・「『バッチこい相談室とうちの子最高をやってて、ふところ拡大計画2010。そのあと目撃!となりのさおりちゃんと、さおリサーチ』」「色々やってたんですね」やってましたよ。あとは電話のコーナーもありましたね。私は『目撃!となりのさおりちゃん』しか投稿できませんでしたが。
・「当初ばっちこい押しラジオだったのに、いつの間にかばっちこいブームは去り」調べてみたらばっちこい推しは13回で既に「ブームは去った」発言が。早いなぁ。
・「ふところラジオになり、ふところブームも去り、今はなにラジオなんでしょうか」「でもそんな、とにかくゆるゆるなところが好きでしたよ」さおりんという軸がしっかりしていたので、どんなコーナーでも、そしてコーナーが無くても変わりなく楽しめたのがこの番組だったと思います。
・「番組最終回とのことで、今までお疲れ様でした」「そう言えば当初は怪しいコーナーがもっとありましたよね」「ばっちこい相談室とか、覚えていますか?」「僕は怪しいくまごろうが好きでしたよ。くまごろうは若干なまっているおじさん?くま?」「ワイルドに相談に乗っているところが好きでした」「その他にも怪しい相談員がたくさん居ましたが、さおりんが印象に残っているのは誰ですか?」「あたしよりみなさんのほうが全然覚えている」「怪しいコーナーとか言われていましたよ。どうします?」相談員のキャラ付けが強烈だったのが怪しさを増していたと思います。羽多野渉さんがゲストでいらっしゃった時もなんかすげぇのやらせてましたよね。
・「くまごろういましたね」「『魔法少女リンリン』」「ピエロは私覚えてます」「『バリバリだぜ!』って言ってる何かしらがいた、と」ケンジくんですね。実は坊主頭だった小学生。100回記念にも登場したケンジくん。相談室のコーナーでは個人的にはヨネばあちゃんが好きでした。
・「30何人もいたんだ」「設定上はね。いねーけど」実はキャラごとにちゃんと番号も振られてたんですよね。せっかくだからその辺もぜんぶ記録しておけば良かったと後悔しております。
・「番組終了とのことで驚きました」「なんとなくずーっとゆるーく続いていきそうなきがしていたので、またどこかでさおりんがこんな感じでゆるゆるお話するのが聞けたらいいなと思います」「いつも元気をもらっていました。今までありがとうございました」アニラジ数ある中で、そんなにそんなに聞いているわけではないので分かりませんが、私が聞いてきた中ではいろはにほへとは所謂アニラジらしくない、むしろアニラジという意識なく聞いていたラジオでした。一方で、中高生からの投稿ではさおりんが頼れるお姉さんだったりしたのはある意味アニラジっぽかった気もします。
・「そんな感じでみなさんからお疲れ様メールやら思い出がたくさんつまったメールをいただいたわけですけどね」「みなさんに支えられ」「4年間やらせていただいてありがとうございました」ありがとうございました。まるまる4年間お付き合いできなかったことだけが今でも後悔の種です。
・「後ろでガチガチってなって」「ありがとうございまーす」「わーい、お花いただいちゃった」「ひまわり、と、何かしらをいただきました」画像だとひまわり以外は判別できないなぁ。なんだろう。なんか私も記念に贈りたかったんですけども、多分ドン引きされるだろうなと思ったのでやめました。
・「わたしからは何もあげられないけど、3人にチョコあげるー」「お疲れ様でした」「最後だからスタッフさん何人来るか分からなかったんですけど」「いつもと一緒だよ」「いつもどおりな感じで」「このまま締めくくりたいと思います」最初も書きましたが、それがいろはにほへとらしいので、よろしいのではないでしょうか。
・「最後まで聞いて下さった皆様も」「またどこかでお会いできたときは、どうぞ宜しくお願い致します」「そんな感じで、またどこかでぜひぜひお会いいたしましょう。バイバイ」そうですね。また、いつかどこかで。

拍手[4回]

PR
・「ということで、このラジオも今回含め後2回で終わってしまうということなので、みなさんからいただいたメールのほうをじゃんじゃん、時間の許すかぎりご紹介していきたいなっ、と思っております」という訳で今回は計5通も読まれておりました。次回は終了に向けてのごあいさつなどもあるでしょうから、今回がそういう意味でのラストスパート仕様なんでしょうね。
・「ペンネーム:エノデンが好きさん」「さおりん、ごぶさたいろはです」そう言われてみればエノデンさんのメール最近読まれてなかったですね。
・「最終回とのこと、とても残念です」「僕がさおりんを知ったのは、絶望先生と、絶望放送でしたので、ファンとしては新参者の部類な訳なのですが」この辺ミートゥです。
・「そんな自分でも何かの貢献が出来れば、と思ってたくさんメールしました」「少しでも力になれていたとすればファン冥利、さらには自称メール職人冥利に尽きると思います」結構エノデンさん無双だったこともしばしばでしたね。
・「ラジオは終わるとは言え、さおりん自身は引き続き様々な面でご活躍なされるでしょうから、1人のファンとしてこれからも応援していきたいと思います」「4年もの長きにわたり、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました」「エノデンさんこのほかにもね、今回メールをちょっと送り過ぎ」「追い込みをかけてきたなと思って、すげぇ面白くなってしまった」追い込みと言われるとまるで受験勉強のようですな。
・「ペンネーム:ふうかさん」「番組終了なんですね。最近聞き始めたばかりなので驚きました」こういう方もおられますし、アーカイブ的に番組のMP3CDとか出してほしいんですが…。ムリですかねぇ。
・「なんでも終わりが有るし、終わりがあるから始まりも有るんだと前向きに考えようと思いますが、やっぱりさみしいです。声優さんは作品が短い感覚で入れ替わっているのでこういうことはよく有ると思いますが、やっぱり作品の終わりはさみしいものなんでしょうか」「そういう物だと思いますよー」「ですが。そんなにしんみりとはしていられない。色んな事がすぐに始まってしまうのでね」「あんまりそういう余韻に浸る間は実はそんなにないんですよねー」今の1クールスパンで番組が始まって終わって、というペースだとオーディションと出演の繰り返しでさぞや大変でしょうねぇ。
・「ペンネーム:不携帯電話さん」「私は『いろはにほへと』を初回から聞いているので、もう200回聞いているんですねぇ」おお。最古参リスナーなのですな。私は開始当初はまだ携帯が対応しておらず聞けませんでした。
・「番組当初は『いろは』の挨拶もなく、最初にどなたかが『いろは』と書いてきた時に『い、いろは?』とぎこちなく挨拶されていたのが懐かしいです」「最近ではすっかり『いろは』も馴染んでいますが、個人的には『いろは〜』って『おっは〜』に通じて挨拶っぽくて好きです」そしてアロハ〜っぽくもありますよね。
・「『いろは』の挨拶にまたいつかどこかで会えたらいいなと思います」本当に、いつかそういう日が来てほしいですね。
・「誰が言い始めたんですかね」「メールで」「なんとなく馴染んできちゃっているんですけどもね」これは拙ブログ内を漁って調べたんですけど出てきませんでした。どなただったんでしょうねぇ。
・「ペンネーム:明日は明日の風が吹くさん」「『いろは』を始めたとき私21歳だったよ、という言葉に衝撃を受けました」「若い。そして聞き始めた当時大学生だった僕も今ではサラリーマンです」「そう言えば当時のさおりん、一人暮らしを始めたばっかりだったような」「もう何回も更新しているはずですよね」「ん?」更新ってのは、賃貸契約の更新のことではないでしょうか。
・「一人暮らしにはさすがにもう慣れましたか?」「始めたとき21歳だったんですかね?」そのようですね。21歳の方がパーソナリティをやってらっしゃる番組に中高生から相談メールとか来ていて、『ああ、おっさんは番組の邪魔にならないようにおとなしくしていよう』とか思ったものです。すいません。
・「大学生もサラリーマンになるですよ。4年ですっけ」おっさんはもうすぐ初老です。
・「一人暮らしには、もう全然なれっこなわけなんですけど」「次は引越が出来るように頑張りたいな」「初めての引越」「マダしていないので」「何から始めて良いのかな〜、なんて。分かんないまま何カ月も」まだやったことがない何かを始めようとする時、日常の多忙に取り紛れて、着手そのものが出来ないまま時間が過ぎていったりするものです。それこそ、そのためだけに1日丸々空けるとかしないといけなかったりして大変でございます。
・「ペンネーム:カレンダーさん」「9月で番組が終わってしまうと聞いて慌ててメールしました。初メールです」「いつもさおりんの声とふんわりした空気にとても癒されていたので番組終了はとても残念です」「次は『後藤沙緒里のちりぬるを』とかどうですか?」「最後まで全力で聞かせていただきますので、まったり頑張って下さい」「『ちりぬるを』どうですか?続き物っぽくて良いんじゃないかと思いましたよ」もしいつか『ちりぬるを』が始まったとき、『ちりぬるを』から聞き始めた人が『どうしてこの番組は[ちりぬるを]なんですか?』『それは、前回の番組が[いろはにほへと]だったからです』『なるほど。ではなぜ前回の番組は[いろはにほへと]だったんですか?』『あれ?なんでだっけ?』などというやりとりがありそうで今から楽しみです。
・「ペンネーム:ふさ千明」「さおりん、そしてスタッフの皆さん、こんにちは。いつも楽しい放送をありがとうございます。このたびは番組終了とのことでメールさせていただきました。私は『いろはにほへ』を聴くようになってから、毎週どれだけ月曜がつらくても「明日はいろはがある」と思う事で何とか乗り切ってきました。そういう大変大きな存在のこの番組がなくなってしまうのは本当に残念です。また、『いろはにほへと』ではさおりんの色んな面に触れることが出来、ますますファンになりました。番組は終わってしまいますが、これからもさおりんを陰ながら応援していきたいと思います。最後になりましたが、さおりん、そしてスタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。今までありがとうございました。またいつか何らかの形で皆さんにお会いできる日が来ることを願っております。それでは失礼いたします」この投稿メールはコピーして保存しておいたので聞きながら確認できたのですが、投稿した原文から2カ所ほど直されてました。正確には文章の繋がり的に不足しているところを分かりやすくするために足されたと言うか。何度か推敲したんですけど、やっぱり文章力以前に国語力が落ちてるなぁ…。今自分で読み返してみると『大変大きい』っていう表現もこなれてないというか、語彙力の乏しさを露呈しているというか。
・いやまぁ、今書くべき事はこれじゃないのは分かってるんですが。まぁ、ちょっとした照れ隠しです。
・というわけで、ブログ2回分くらいの労力をかけて書きましたが、書きたい事が多すぎて最終的には文字数制限とも戦ったりしました。拙い文章でしたが、なんとか思いのたけは詰め込めたかな、形に出来たかなとは思っております。
・「次回もご紹介していけたらな、と思っております」ということなので、投稿メール大トリの栄光は別のどなたかが背負って下さいませ。さすがに採用3本の人間が背負うのは荷が重すぎます。

拍手[1回]

 さきほどいろはにほへとの今週分を聞き終えました。

 採用ありがとうございました。今日はこの後作業時間が確保できないので、今回分のいろはにほへとの感想アップはまた明日以降の更新になりますが(ブログ上の日付はいつもどおり今日ですが)、私の拙ない文章をさおりんが丁寧に読み上げてくださって本当に感無量です。

拍手[1回]

・「見た目に涼しく綺麗な金魚が見れるアートアクアリウムっていうイベントがあるんですよ」まだやってますけど、ニッポンバシじゃないほうの日本橋はさすがに遠くて行けないなぁ。
・「金魚が可愛いですね」「金魚私ずっと飼いたいねなんていうことを言ってたんですけど」金魚はペット不可の物件でも飼えるのがいいですよね。引っ越す時に大変そうですけど。
・「私はもう移動するのがダメなので」もうそこからですか。7月中旬に東京都内をちょっとうろつきましたが、比較的朝の早い時間だったのでそこまでしんどくはなかったなぁ。京都大阪はもっと暑いんですぜ。ふふふ。
・「今月、お友達の結婚式があるです」「二次会なんですけど」「そもそも結婚式はお身内でやられて」「『そのあと、お世話になった方達を呼んで二次会みたいなかんじでやらせていただくので後藤先輩来て下さい』みたいなお知らせを頂いたので」「そこはもう、何をしてでもいかなくっちゃと」「返事をまだ出していないんだ。大丈夫。出すよ」分かる。多忙に取り紛れるとなかなかその手の用事が片付けられないんですよねぇ。私まだ台湾土産を発送出来ていない先があるという…。
・「幸せそうな姿を見てね、ウキウキ気分でお仕事頑張れるよー」さおりんのエネルギーは他人の幸せからも生まれている。これ、素直に見習いたい美点です。
・「今週も皆さんから頂いたメールをご紹介していきたいと思います」「最近自宅のパソコンが不調でしょっちゅうフリーズしてしまいます」「まだ買ってから6年くらいなのですが、6年て、結構古いらしいんです」個人的にはパソコンは3年から5年で買い替えるものだという感覚です。
・「そんなに頻繁にしょっちゅう買い替えれないよーと思いつつ」「だましだまし使っています」「さおりんのパソコンは元気ですか?」「ありません!」「うちにパソコンなんてね、存在しないですよ」さおりんらしいなぁ。
・「6年て、大切に使われていた」6年で3台買い替えたことがある罰当たりな私。
・「これを機に最新の物に買い替えて」もしくはデータをすべてバックアップした上でOSを1から再インストールするか。
・「パソコンって、そもそもおいくらくらいなんですか?」「あ、安いのあるんですね」中古で良ければ5万くらいで十分使えるレベルのが買えますよね。
・「私必要?」そんな疑問を持ったことすらないです、私。
・「『買え』とは言われてるんですけど」「写真チェックを送っていただいて、自分でしてっていうのは必要かなと思うんですけど」声優さんのお仕事にはそういうものもありますからねぇ。そう言えばあの加藤英美里さんとの南の島写真集はどうなったんでしょうか。
・「他何使えるんだろう」ネット通販で買い物とか、旅行の手配とか、あと地味に地図系が助かってます。
・「必要?必要なの?」あったら便利だとは思いますよ。ムリにとは言いませんけど。
・「さおりんは、高校野球見ていましたか?」「昔はそうでもなかったのですが、最近は高校野球みたいな青春物とか、はじめてのおつかいのような子供が頑張る物を見ると泣いてしまうようになりました」「歳をとると涙もろくなるんでしょうか」泣くツボが私は他人様とは若干異なるようで、泣けるの方向性はここに上がっているような物とは違うんですが、それでも歳取ると涙もろくなるのは同意です。
・「高校野球」「私は、今年はそんなに見ていないです」私は野球が好きですが、高校野球はあんまり見る気がしないんですよねぇ。
・「私はそもそも涙もろい人なので」「はじめてのおつかいとか大好きで」「大好きなんですよ」「それ、録画したですよ」「まだ見てないですよ」「丸一日オフの日に、よし、見よう!って」気合い十分。多分手元にはタオルとか完備なんだろうなぁ。
・「泣きすぎてダメになる人なので」「現場に、顔パンパンの後藤沙緒里が行っても心配されちゃうじゃないですか」まつらい親方と間違えられたりしたら一大事ですもんね。
・「お子さんが頑張っている姿可愛いよねぇ」「なんていう話を現場で」「しかもじょしらくの現場で」「ナンジョルノこと南條愛乃さんと」しっとりチームだ。
・「『なんにも分かんないのに泣き出しちゃって。歳かなぁ、あはは』」この辺『じょしらじ』にメールして掘り下げて聞いてみようかなぁ。
・「歳をとると涙もろくなる」「経験値?」「それあるかも知れない」痛み苦しみを味わうことで、共感性が強くなるというのはあると思います。
・「大人が泣いている姿って、子供から見たらビックリする姿ですよね」この世の終わりくらいに思っても不思議はない。
・「お母さんとかがはじめてのおつかいとか見てわんわん泣く人で」「小学校高学年くらいになるとお母さんと一緒に泣いて」その情景を想像すると、すごくほっこりする。素敵な親子ですね。

拍手[1回]

・「9月になってしまいました。学生の皆さんは新学期が始まっているころだと思うんですけども」いつもどおりのスタート。
・浴衣でお祭りの話をすっかり忘却しているさおりん。
・「夏のことが思い出せない」「私ヤバイかも」イヤなことは忘れるものです。
・じょしらくのイベントでは大変魅力的な着物姿をご披露されておりましたねぇ。あれは素晴らしかった。ああいうのが着物を着こなす、というのでしょうねぇ。
・「それらをお知らせできる場であるこのラジオも今月で終わってしまう」ああ、やっぱり終わるのか。絶望した!生き甲斐がまたひとつ減ってしまうことに絶望した!いや、まだ終わってませんから早いんですけど。
・「私は今中学2年生で、たくさんハマっていることがあります。アニメもそうですが、特に仮面ライダーとスーパー戦隊です。仮面ライダーは真が好きで、スーパー戦隊はアバレンジャーが好きです」「後藤さんは中学生のころハマっていたものとかありましたか?」さおりんが中学生のころというとちょうど21世紀になりたての頃ですね。
・「あたし、真が全然分かんなかったんですけど」真はビデオ作品のようですね。1992年発売なのでもう20年前ですね。…投稿者の方はなかなか通な中学生なんですね。
・「アバレンジャーってちょっと前じゃないですか」ざっと10年くらい前ですね。私はもっと前から見ていないので…それこそ超新星フラッシュマンぐらいまでしか見てないですねぇ。なんで『光戦隊マスクマン』から見なくなったのかは覚えてないですが、私が小さいころ(小学校入学前後くらい)はちょうど特撮的に作品数が少なく、戦隊もののみで、ウルトラマンとかライダーシリーズの新作があまり放映していない時期だったことと関係があるかも知れません。
・「朝は、あのね、寝てるんだよ。寝ちゃってるんだよ〜。余裕で寝てるんだよ。お仕事ないときは」激務ですからね、声優業って。
・「スーパー戦隊くくりだと、私は、カクレンジャー」「鶴姫とか。知ってる?」「ケイン・コスギが『ニンジャブラーック』って言うんです」おお、そんな愉快なことになってたのか。
・「当時の私はジャンプを読んでいました」「そのころってちょうどNARUTOとか始まったころで」「私の中ではジャンプにハマっていたかな」テニプリ、ヒカ碁あたりもアニメになってたころですよね。その辺の時代は私既に社会人でした。私の中学生のころのお話はここに書くと長くなるので、平成懐古話(これも最近書いてないなぁ)あたりでまた。
・「僕にとって秋冬はなんだか切ない季節ですね」「気温も下がって寂しくなる気がします」「さおりんはそんなことはないですか?」「むしろ暑い夏が終わってウハウハでしょうか?」「そのとおりです」即答。
・「夏はいいんだよ、ボク。ボクいいんだよ」「なんで都会の夏ってこんなに暑いの?」現在の東京はどうやら風が通りにくいらしいですね。高層建築って怖いですね。
・「すごくジメーッとして、肌に色んな物がへばりつく感じがイヤで」「あたし、お仕事の合間とかにすーごい勢いで家に帰って」「すーごい勢いでシャワーを浴びて」「すーごい勢いで次現場に行くっていうことを何回もやりました」「その結果また汗だくに」「1回リセットしたいんですよね」えーと。それって銭湯とかじゃダメですか?
・「制汗スプレー的なアレも実は香りが好きじゃないので、あれらも使いたくなくって」
・「今年も残暑が厳しい!」「あたしおかしくなってる」さおりんは暑さの話題になると独自のスイッチが入ります。
・「そんな感じで、そろそろお別れのお時間です」このフレーズは毎週お馴染みでしたが、最終回をはっきりと意識すると実に哀しく聞こえてきます。
・「ふつおたや最終回に向けてのメッセージ」え?まだ間に合うの?

拍手[1回]

・「すいません、ヘラヘラしてますが」原因が原因だけにやむを得ない、というかむしろ歓迎。
・「8匹のワンちゃんたちとまったりと過ごさせていただいている」自分が和むことで聞いている人を和ませる。そんな力を持ったさおりん。
・人見知りココちゃん、さおりんに心を開く。でも来ない。
・「メールを紹介致します」「最近、ダイソンの羽根のない扇風機を購入したところ、インコが扇風機の間を向かい風に負けず一生懸命くぐり続けるようになりました」「インコVS扇風機です。バカだけど可愛くてしょうがない」そうぞうするだけで白飯が食えるくらい萌えます。
・「向かい風に負けずに、すごい」インコにとっては新しいオモチャなのかも知れませんが、一生懸命ってところがどうしたって萌えます。
・「鳥と触れ合ったことが小学生の飼育当番以来、チャボ以来ない」「チャボいましたよね」「うちチャボだったんですけど」うちは小鳥各種でした。チャボ、調べてみたら天然記念物でビックリ。
・荒ぶるくうちゃん。なごむさおりん。
・「昔、ウチの子最高なんてコーナーもありましたけどね」ありましたねぇ。妻が実家で飼っていた猫の画像の投稿許可が出た途端にコーナーが終了してしまい、悔し涙で枕を濡らしたことを昨日のように思い出せます。
・「あたしの上司はコワモテの50代男性で、いつもこわいなぁと思っていたのですが、携帯の待ち受け画面がペットの猫だったのを見つけ、それをきっかけに話すようになりました。動物は世界を平和にする力があるみたいです」「動物好きの同僚を連れて上野動物園に行こうと思います」微笑ましいなぁ。まさか家では猫に赤ちゃん言葉で話しかけてたりしないでしょうな。
・「すごい萌えな状況じゃないですか」「ギャップ萌え」さおりんもギャップに萌える派なんですよねぇ。
・「みんな可愛くって仕方ないわぁ」「愛おしいわぁ」でれでれですな。
・「毎週末、どこかしらでお祭りが開催される季節になりましたね」「私も地元の花火大会に行って、お絵描きせんべいを食べてきました」「さおりんはお祭りに行きましたか?お祭りに行ったら必ず食べるものはありますか?」
・「小さい頃、お祭りに行ってたんだけどな。おっきくなってからあまり行く機会が無くなってしまって」「今年は行きたいって毎年言ってるんですけどね」「実際に行くことはできない」
・「花火大会に浴衣を着ておでかけするのが後藤の最近の夢」「年々暑さに弱くなってしまって」「もう外に出たくない」「浴衣ってああ見えて暑いじゃないですか」帯がね。どうしてもね。だもんで私は和装の場合もっぱら甚平です。
・「最近じょしらくで、役が落語家さんなのでお衣装で着物を着させていただくんですけど」「完全に着物なので暑さが倍増して」「動きづらいわ、と思いながら、綺麗に動かなきゃ、と思って、背筋ピシッと」思っても出来ない人が多いものですが、あの立ち居振る舞いは見事の一語でございます。
・「まだ一応、世間的には若いはずなので」世の中にはアクティブな大正生まれとかもいらっしゃるので、そういうのは若い若くないが決定的要素ではないのかも知れません。
・「誰か、遊んで」「友達いない、みたいな」「どうしよう私。今日珍しくマネージャーさんいるんですけど」真実を知ってもらうことも大切。
・「無理くりキタエリちゃんあたりを誘って」そのレポートは是非お聞きしたいものですが…嗚呼。
・「みなさんはこんな風にならないように、夏を満喫して欲しいぞ♪」さおりん決死の反面教師アピール。
・「最終回へ向けてのおたよりも募集しております」さすがにこの日付からじゃもう間にあわないんじゃないかなぁ…。

拍手[1回]

・さおりんが居て、幸せそうに動物を愛でている。たぶんきっと極楽浄土ってこんな感じ。
・「ふぇ〜え」「変な声が出る」貴重なのでもっと聞かせて欲しいです。
・「ただいまナギちゃんが私のヒザの上で」「人妻が食べていたうまい棒の袋をくんかくんかして、います」犬は強いニオイのするモノはほぼ本能的にくんかくんかします。強過ぎるとダメですけど。
・「こういう袋好きですよね、ワンちゃんって」「袋でひとりで急に遊び始めたりとか」創意工夫しがいのある格好のオモチャなのでしょうね。
・「あ、なんかそんな話してたらおやつが来ちゃった」私、この時点で『ああ、今日はメール紹介がないな』と判断しました。
・「おやつタイムにしていいんですか?」「うぉぉ」「どうしよう。集まって来た」「みんな落ち着け、落ち着くんだ!」あなたもですよ、さおりん。
・「みんなしっしして〜。しっしして〜」「みんな、いい子だね。おすわりだよ」「おす、おす、おす」「おすわり」「みんな。落ち着くんだ」『おす、おす』が思いのほか色んなツボを刺激してくる。
・「はい、いい子でした」ひと仕事終えた後にさおりんにこんな風に声をかけられたら過労死しても悔いはない。
・「じゃモモちゃん」「はい。いい子だね」「奥に居るのは、サラ」「モモちゃんちょっと違うんだよ」「モモちゃん今あげたよね」「くうでもないんだ」「サラ」「そして」「君は誰?リズ!」「待て出来ました」「ココちゃんも来たの」画像にあったようなカオスフル状態が継続中な模様。
・「あ、落ちちゃった。ごめんごめん」「ララちゃんも来たね〜」「かい?かいちゃんもいただきました」「みんな今たぶんとりあえず一周した」「ごめんなさい。落とした結果、かいが食べられない」「はい、かいちゃん」「もう一周行く?」可能であれば何周でもしそうな勢いがありますね。
・「私今どうなってんの?」えーと。ごめんなさい。コメント不能。
・「天国だ」「ココは天国や」「あたし一生こうして暮らしてたいかも」そうさせてあげたいのはやまやまですが、それだとオタ業界の大きな損失です。
・「肩に乗って…モモか?」みんな交代で肩に乗ってくるなぁ。どうやら魅惑のスポットらしい。
・「みんな落ち着いて。待て」ここら辺から犬がおやつを食む音がリアルに聞こえてきます。
・「キミ達ふたりはちっちゃいからヒザ乗っかるね」さおりんのおヒザを仲良く分け合う犬たち。確かにリアル極楽浄土。
・「終わった」「今モモあげたっけ?」「今食べた?」「あたしあげた?」「あげてないかも」くれくれアピールしないのかモモ。
・「みんな、ごちそうさまでした」「くうが大開脚してる」早速食後のリラックスタイムに突入しましたな。
・「楽しいおやつの時間でした」聞いててもこれだけ楽しいんだから、さおりんもさぞや満喫された事でしょう。
・「もう無いよ。みんなもう無いよ」「無いと分かったらみんなハッとはけるんですね」この辺はさすがだ。
・「内容は伝わったのかな」大変良く伝わったと思います。
・「そんな感じで今週はそろそろお別れのお時間です」今週も大満足の内容でしたね。ええ。ええ。
・「最終回へ向けてのおたよりもお待ちしております」ああ、その一言で急に現実が。一応私も既にメールしましたが…。

拍手[2回]

・今週もドッグカフェ『いぬのじかん』さんからの放送。今回もさおりんの素敵画像が炸裂してます。
・モモちゃんの猛威はディレクターさんを蹂躙し、さおりんを悩殺する。
・「モモちゃん、モモちゃん」連呼するさおりんのめろめろっぷりがたまりません。
・「相変わらずワンちゃんまったりしつつ、ひとりだけモモちゃんが元気」やんちゃというか荒ぶってるというか。
・「空、そらと書いてくう!」「かみのけ?髪の毛がいいの?」「私今なにされてんの?」「くうちゃんなにしてたの?においかいでたの?」犬が頭のニオイをかぐのってなんか意味があった行為だった気がするんですが何でしたっけ。
・「かわいいねぇ」「トイプーのくうちゃんでした」とけてるとけてる。さおりんがとけてる。
・「赤ちゃんのお腹」「ぽんぽん可愛いねぇ」画像がしっかり出てますね。
・「色も実家の子に似てて」「君は?空?また?髪の毛かいでるの?」お気に召したのかな。
・「初めましてだからかな。気になっちゃうのかな」「今一生懸命ソファを舐めてるんですけど」ソファを舐めているのは若干興奮気味で我を忘れてるのか、それともさおりんのニオイが知らないニオイである事をソファを舐めて確認しているのか。…いや、後者の解釈はおかしいな。私も若干壊れ気味なようです。
・「すごい無視されちゃったよ」そらまぁ、犬ですし。
・「かわいいよぉー」ノックアウトされてますなぁ。
・「今日はちょっと落ち着きを取り戻しまして、メールをせめて1枚は」高い志を示すさおりん。
・「さおりんが今ペットを飼うとしたら何を飼いたいですか?」「1番飼いたい動物と、2番目に飼いたい動物、それぞれ理由をお願いします」「実はこれ心理テストで、1番に飼いたい理由はあなたが人から思われたい自分像」「2番目に飼いたい理由はあなたが求める理想の相手像だそうです」私は1番目は猫、2番目が犬です。1番目は思う様蹂躙されたいから、2番目は気の合う友人になれそうだから。
・「あたし1番目に飼いたいのが金魚で、2番目が亀」「理由?わっかんねーよ」どっちも集合住宅で比較的飼いやすい、くらいしか浮かびません。
・「あなたが人から思われたい自分像が金魚って事でしょ」さおりんは小動物だとずっと思ってますけど金魚だと思った事はないですねぇ。
・「ちがうちがう」「あたしが金魚飼いたい理由?」「金魚ってさぁ、金運上がるっていうじゃん」「すいません、そんだけなんですけど」分かりやすい!
・「2番目に飼いたい動物、亀」「あたしが、求める理想の相手像」「やべぇ、どっちもそうじゃん」分かりやすさ、さらに倍。
・「ココ、君、人見知りで有名なココじゃない」「ココが今、あたしにチュウしてくれた」「さっきまで1回も目を合わせてくれなかったココ」「お金のニオイに誘われたの?」「金ならあるぜ」「嘘だけど」嘘なのか。
・「心理テストなんか信じないよ、ボクは」まぁ、私のも当たってませんからねぇ…。私の場合はどっちかと言うと1番目と2番目が逆。
・「金の亡者?あたし?」「ちょいちょいそういうネタ言ってますよね」まぁ、ネタとして、ですけどね。さおりんのガメツいキャラは新鮮で好きです。
・「私ばっかり答えてた」「おめーらどうだったんだよ」「女子?」「『猫』」「猫はどうして?」「自由で、昼間から寝てられる」「いつもそう言ってる。寝てたい、お金が欲しいみたいな」分かりやすいなぁ。
・「2番目に飼いたい動物は?」「『ウサギ』」「かわいい」「かわいい人が好きって事?」「旦那っちは?」「もう時間が」もうちょっと掘り下げて欲しかったので惜しい。
・「そしてお知らせです」「じょしらくのオープニングテーマ」「『おあとがよろしくって…よ』が8月の13日に発売になります」Amazonだと15日になってましたけど、どっちにしろ買いますので。
・「19日の日曜日に発売イベントが開催されます」これはさすがに行けません。
・「ここで大事なお知らせです」「2008年の9月から始まったこの番組ですが、来月9月一杯で、はは、最終回を迎える事になりました」はは、が寂しさを垣間見せている気がします。
・「9月25日がラストとなっております」嗚呼、毎週火曜日の楽しみが。魔の月曜日も『明日になればさおりんの声が聞ける』で乗り切って来たのに。これで声優アニメイトともお別れなのかなぁ…。
・「リスナーのみなさん、最後まで盛り上げよろしくお願い致します」出来うるかぎりの事はさせていただきたいと……でも、つらい。

拍手[1回]

 今しがた今週配信分のいろはにほへとを聞き終えたんですが、来月一杯で番組終了だそうです。


 これから私は一体何を楽しみに火曜日を迎えればいいのか………。

拍手[1回]

・犬ハーレム状態のトップ画像。さおりんの謎ポーズもポイント高い。犬がみんな思い思いの方向を向いちゃってるところとかも味わい深い。
・「お分かりいただけたと思うんですけど」もうすっかり把握済です。
・「どしたのモモちゃん?」「どしたのきゅうに?」「というわけですね」切り替えスイッチがオンされる瞬間がツボです。
・「お出かけ収録に来ております」「JR大塚駅がもよりの、ドッグカフェ『いぬのじかん』さんに来させていただきました」お店のブログを発見しましたのでリンクを貼っておきます。既に話題のモモちゃんを初め、全員の写真もありました。
・「モモちゃん」この絶妙至極なイントネーション!これを文字で再現する事など不可能!
・「意外とみんな静かなんですけどね」動物は静かな時の方が『次』の展開が激しかったり。
・「おやつをあげたら一瞬わーっとなったんだけど」「今はお腹が満たされたためか、まったりモードで」でも油断できない。
・「以前のお出かけはねこカフェ」「思いのほかこちらの方が落ち着いている」「一軒家風」お店のブログにあがっている画像も思いっきり民家でしたね。
・「元気なのはモモちゃんで」「モモちゃん」背後で荒ぶってますね。そして画像はモモちゃんとおぼしき犬の頭に乗られるさおりん。
・ハプニングによりモモちゃん追放。
・「来たの?来ないの?」どっちにしても嬉しそうなさおりん。
・「ビジョンフリーゼのモモちゃん」「帰還しました」「この犬種は初めてお会いしたんですけど」
・「みんなまったりしとるなぁ」普通ならここぞとばかりに撫でたり写真撮ったりタイムなんでしょうけど、ラジオだと多少動いてもらった方がいいかも。
・「チワワの凪」「寝ちゃってるの〜」この画像は高破壊力でした。
・「赤ちゃんだからかな。おやつ食べた途端ぼてっと寝ちゃって」容易に想像できる。
・「台本いらね」嗚呼清々しいよさおりん。
・「今やなの?」「隠れちゃった」「ディレクターさんのおしりにうずまっています」なぜ犬はおしりの影にうずくまるのが好きなのか。
・「収録してんだかしてないんだか分かんない」「今週はもう終わっていいですか」よろしいんではないでしょうか。
・背後で鳴く声に動じつつもちゃんとイベントの告知をするさおりんの、プロのお仕事。

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[10/18 Sandra]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード