忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1277] [1280] [1279] [1275] [1278] [1276] [1274] [1273] [1272] [1271] [1270]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

表紙
・絶望放送第165回の感想でも書きましたが、意外とピンク(というかむしろ藤色に近い)と千里がぴたっとハマるんですよね。あと、和服にスコップって斬新ですよね、久米田先生。


表紙カバー下
・一体どこの層に向けたサービスですか久米田先生!あと、櫛持ってるのは誰?藤吉さん?


前巻までのあらすじ
・赤と白じゃなくて赤と緑ですか。本家共産主義者と環境左翼みたいでどっちにも住みたくなくなるんですが。
・壁が短くてすむから上下に分けたというのは合理主義と言うべきか否か。


表3
・どう見ても『こっち見んな』という声が聞こえてしまう。CVはやっぱり上田さんかなぁ。…いや、裸だから大宙さんですね。


目次
・あびる×命ですか。医者と患者だから、という以上にマッチしていますよね、この2人。ああ、これから胸を見せるのだな、と思うとなぜかちょっとドキドキしてしまいます。このカップリングで妄想小説書いてみたくなりました。


第二百二十一話 さまよえるミランダ人
表紙 懐かしのゴーストバスターズですか。
P7 「は?」「何ですか?」ここの奈美が地味に可愛い。地味に。
P8 表紙効果か、千里がいつもより魅力的に映るんですが、私は大丈夫でしょうか。
P8〜9 ミランダ警告は海外ドラマ&映画大好きな椎名先生がしばしばネタにしていましたねぇ。緊張感を破壊するトンチンカンな警告っていうギャグは私も大好きです。
P10 「※すべて実際にあります」コタツを立てて使うのは、コタツ布団がない場合の緊急避難措置としては割とポピュラーだと思ってました。それ以外だと、フットマッサージ機に頭突っ込むのだけはかろうじて理解できます。しかし、枕を食うなっていうのはさすがの私もドン引きです。
P10 マ太郎かわいいよマ太郎。
P11 夕陽さす校舎裏で告白シーン。王道ですな。あと、最近インフレしすぎだった木野くんの服装が普通でホッとしました。
P12 「あなたには交際を拒否する権利がある!」すべてがぶち壊しに。
P12 「30年後の奈美ちゃん」今17歳だとして47なんですよねぇ。せめて20年にならなかったんでしょうか。
P13 「私 めんどくさい女だよ」うん。めんどくささはその一言で十分伝わった。
P14 「男女の関係でミランダ警告する人いるよね」結婚する時に今は亡き義父から『返品不可』というミランダ警告を受けました。
P15 霧ちゃんおむずかりモード。
P16 いつ見てもまといの携帯用電柱が素敵すぎます。
P16 「社長宛ての電話が増える」なんでこれだけやたら生々しいんですか。
P16 パリーグの予告先発は、エース級が登板する時には『お。じゃあ今日行ってみるか』とプラスに作用するかも知れませんが、ローテーショーンの谷間産業的投手の場合はミランダ警告と言えるかも知れません。もう10年以上前の話になりますが、千葉マリンスタジアムで『明日の予告先発ピッチャーをお知らせします。 マリーンズの先発ピッチャー 園川一美』とアナウンスされた時に、球場内に苦笑と失笑が走ったのは今でもいい思い出です。
P17 「うざっ」「うざい奴に」「うざいと言われた!」ホントにいいコンビだと思いますこの2人。
P17 「自殺の名所ミランダ渓谷」この駄洒落がやりたかったんですね。分かります。
P18 「死ぬにもよってたかって」「ミランダ警告ですか!」ひとつだけ違うものが。
P19 3番目がおかしい。


第二百二十二話 幸いなるかな心貧しき土地
表紙 可符香の巫女服率高いですね。
P21 某所で『寝起きにメガネをかける望の手つきがエロい』という意見を目にしたのですが、賛同者はおられますか?
P22 とりあえず流行りものの場合は奈美に導入させればいいので便利ですね。
P22 久米田先生三浦屋のパンお好きですよね。今度東京に出た時に買ってみようかな。
P23 「でも結局並ぶんだ」ミーハーだもんね。
P24 「プワースポットです!」「実際並んでいるだけで」「殺伐とした空気で心が貧しくなりそうです」清浄な地をゴミだらけにして帰るような人間が集まると、どんな場所でもこうなりかねません。
P25 倫様はなんでもよくお似合いですが、和服と同じくらいバスガイド姿、というかタイトスカートがよくお似合いです。
P25 名前憶えられてるのか袋小路さん。恵まれてるな。
P26 「車中からプワースポットのご案内です」趣旨的に全部車窓観光の方がいいような気がするんですが。
P26 「はるか先に完成予定の計画の看板」そんな感じだった九州新幹線がもうすぐ開通です。時の経つのは速い。
P27 「10人中5人がドリンクバーのジュースを混ぜるファミレスです」すいません。これはやってました。もうしません。
P28「あらかた勝負が決まって客の殆どが帰ってしまったスタンド」と思ったら元々客がそんなもんしか来てなかったでござる、というのが昔のパリーグのあるあるネタ。
P30 「先生自身が動くプワースポット」「あーあ、心が貧しくなる。」「本来これは木津さんの立ち位置ではないですか」ヒドいこと言われてるな、とおもったんですが、今回は割と先生も負けずに言い返せてますね。
P31 「みなさんが人間プワースポットでも」可符香は今日もいい笑顔。
P32 「彼らを見ていると私もちょっぴり」「元気がもらえた気がします」ちょっぴりですかそうですか。まぁ、ちょっぴりかな。
P33 23区内で滝と言うと六義園がまっ先に浮かびます。


第二百二十三話 摘むや摘まざるや
表紙 加賀ちゃんが摘んだお茶のオークション開始はいつですか?
P36 「茶なぞ摘んでいる場合ですか」「芽を摘まないと!!」「新人作家の才能の芽とか」「そうです!!」真っ黒だ。
P36 「反対勢力の芽とか」その人課長じゃなくて幹事長。
P37 犯罪の芽が育ち切った人間を相手にする職場にいる人間としては早いうちの対処をお願いしたいところです。
P37 「茶畑握手会」手を替え品を替え。
P38 「難しいよ犯罪の芽」摘むタイミングは確かに難しい。
P40 「私ときたら罪なき赤子に冤罪を!!」「すいませんすいません」たまにぽろっとこぼれてくるこういうセリフが私のようなものにはたまらんわけです。ええ、我ながらチョロいですね。
P40 「ちゃばたけスカイガールズラジオ」どんだけさおりんお気に入りですか久米田先生。
P41 「罪のめばえです」小悪館ってヤな名前の会社ですね。
P41 「そんな便利なものあるんだ。」便利?
P42 「犯罪の芽!!」結婚詐欺に公務執行妨害にDVにセクハラですか。なんか若干偏りが。
P44 可符香の笑みは確かに怖い。にじみ出る黒さというか、隠そうとして隠しきれない黒さと言うか、敢えて露にしている感じもして恐ろしい。
P45 「被害が微塵でも自分に及ぶというなら」「堂々と前言撤回します!!」言い方は男前だけど、内容がすごくダメ。
P45 「じゃあコレかな」さすがの用意周到さ。
P46 「すにっ」相変わらずの天然ジゴロ。
P47 めばえ持ち込み禁止ですか。いつもながら素早い処置ですね校長。
P47 「私の方が、」「間違っているんでしょうか。」「いえ」どっちも間違ってないよ。あと、これが発売された日の絶望放送の今週の標語とお別れの一言がどっちもスラムダンクネタでしたね。ちょっと不思議なシンクロ。


第二百二十四話 その神は今生まれたばかりだといふ事は一目に解った
表紙 多分神の領域という趣旨の表紙なんでしょうけども、奈美が担当しているためか、奈美ばーちゃんを思い出してしまいます。
P50 加賀ちゃんが麗しすぎて生きているのがつらいです安西先生。
P51 奈美がうざすぎて絶望放送が楽しみです久米田先生。
P52 「犬と猫の見解の違いです」星新一先生の作品でそんなSFがありましたねぇ。猫は人間の事を自分の召使いだと思っている、という。
P53 「何か一人自分だけ愛されようとしている者がいますが」『愛されたかったんだ!』と言いながら泣き濡れて走り出す久米田先生を幻視しました。
P53 「国際間の援助とかもそうですよね。」朝貢という文化にどっぷりひたってしまった国は大変ですねぇ。人に何かしてもらって感謝も出来ない人間にだけはなりたくないものです。
P54 「シェリルさんのたいやき」今巻、アニメネタ多くないですかね。
P54 「いいの?」聞く前に食べているように見えてしまうのは私の心が汚れているからでしょうか、それとも発言者が奈美だからでしょうか。
P55 メンバー12人で3人欠員って25%減じゃないですか。そりゃ確かに『誰でもいい』になりますわな。
P55 ゲル元長官は実際にアイドルオタだから、こういう場にいることの違和感がゼロです。
P56 となりんって、ありそうな愛称ですね。
P57 「これは神に対する行為」それは神じゃなくて仏では?
P57〜58 何かと思ったら甘利神拳ネタでしたか。川の名前三宅川だし。
P58 「こ‥‥これはご神木ポジション」ポジティブですね〜。
P58 「おい 絶望ジュース買って来い」
P59 「タイトルに神とつく漫画はもれなくヒットするのです」トップがGS美神なのは友情の成せるワザですかね。
P60 「この人は神様かもしれない」「みなさんワンちゃんになりました」「普通に洗脳だろ。」最初に怖い目に遭わせておいて後で優しくするのはヤクザのよく使う手でもあります。
P60 「私にタダでお菓子をくれるなんて」「この人は」「ロリコンかもしれない」その論法だとクラスメイトの大半がロリと言う恐ろしい結論に。
P61 うちわや生写真、ペンライトあたりはまぁよくあるグッズですが、ちょうちんに十手にペナントって。しかもちょうちんやペナントは箱根のお土産にシール貼っただけだし。


第二百二十五話 清兵衛が瓢箪で瓢箪が清兵衛
表紙 絶望先生トランプ、アニメイトさんどうですか?
P63 「衣替えです」夏服でも冬服でもスカート丈は一緒なんですね。
P65 「カプグラ症状」「もしくはソジーの錯覚」まぁ、どっちにしても病気なのでカウンセリングじゃなくて投薬の方が解決の近道ではあると思います。
P66 「中身が入れ替わっている!」「それ居抜きっていうんですよ」いいコンビネーション。
P67 「中身のピーナッツがキャラメルに入れ替わってる」いつからでしたっけ。
P69 「黙れ偽キッチリ」混乱している時の方が強いんですね。
P70〜1 玉突き事故発生。というか、どっかで千里に戻るのかと思ったのに戻りませんでしたね。
P72 「じゃあ先生いったい誰ですか」「誰でしょう?」「私は誰でしょう」「誰でしょう?」ホントに今回は息ピッタリ。
P74 「こーゆうことですね」まといが先生ってーとさわちゃん先生が浮かびますが。
P75 なにこの萌え展開。


第二百二十六話 花ムコ村と貴族たち
表紙 顔がほとんど隠れているのに大草さんだとひと目で分かる良いお仕事。
P77 先生にブーケという名の白羽の矢が。あと、花嫁に憧れる千里は非常に良いですな。乙女千里は私の大好物です。
P78 「六月の花ムコは」「不幸になるという事ですか!!」私、奇しくも結婚したのは6月ですが、特に不幸とかそういうことは…いや、客観的に見てどうなのかは分かりませんが主観的には不幸ではないですよ、ええ。
P79 ジューンブライドを不平等条約って表現するのは斬新だが的確かも知れませんね。ただまぁ、トータルで見てどっちが得か損かは本来長い時間をかけて積み上がっていくものなので、早計に決めつけるのはいかがなものかと。
P79 「六月の花ムコがおかわいそう」ああ、ここを早くきっこおねーちゃんの声で聞きたいものです。
P80 大草さんの手料理がいただけるなら失踪も悪くないかも知れませんな。
P82 一目で『貴族!』と分かる良いお仕事。
P83 いつのまに大草さんまでアカバネ84に。…もしかしてこのグループ、メンバーほぼ二のへ組なのでは?
P83 「買わぬのか?」「嫁に怒られるので買えません」理解ある分、余計に頭が上がらなくなるのもそれはそれでなかなか大変ですぞ。
P85〜6 「先生独身貴族でらしたの?」「貴族だったら」「白いタイツをはかないと」藤吉さんイキイキしてんなぁ。あと、SZBHリスナーはどうしても王子神谷を連想しますよね、ここ。
P87 まといの花嫁衣装が素晴らしい。これはプロポーズしてしまわざるを得ないレベル。
P87 「マリアきてみたかっただけ」マ太郎のサイズだと特注だろうなぁ。
P88 加賀ちゃんまで巻き添えに。というか、加賀ちゃんの花嫁衣装はちゃんと全身絵で見せていただきたかった。
P89 奈美のヴェールが赤ん坊のかぶってるフードに見えて仕方ありません。


第二百二十七話 別れろ切れろはしっぽの人にいう言葉
表紙 「必殺」って書いてありますけど、まさに仕事人な感じの絵ですね。
P91 もはやマ太郎が跳ぶ事を誰も注意しなくなった。慣れって怖いですね。
P92 輝いてるなぁあびる。今回久々にしっぽネタだし。
P93 「切られたしっぽの方が優秀だったなんて良くあること」合併球団の、必要とされなかった選手とよそを戦力外になった選手たちでできた新球団が4年で合併球団を追い落とすというお話が去年ありました。
P94…じゃなくて93 危なく見のがすところで下が、黒板に書かれている日直の名前がシュガー&マーガリン。お2人ともいつのまに二のへの生徒に。 
P94 「大丈夫 今回は完璧に」「ワシントン条約に抵触していませんから」そういう問題ではないのだが、このあびるのいい笑顔の前には何も言えない。
P96 「余計なことをするなぁ」「我々は今女子高生にLコレクトされる」「喜びを味わっているのだ」得難い経験ですからな。邪魔されたくないのは分かる。
P98 そして確保される望。
P100 「責任逃れダッシュ」いつもの逃走になんだか技名がついている。
P101〜2 党本部は壊してもいいけど、国会議事堂は貴重な建物だから勘弁して欲しい。
P104 「人類終了」割と滅ぶの簡単ですよね。
P105 「やっぱり」「クローンの方が優秀でした」「クローンの方が上手でした」「な‥‥何が」「何が上手だったというんですか」「教え方が」「ああよかった」この流れで動揺するためには、あびるとの間に比較の根拠となる既成事実が必要なんですが。最後の千里のツッコミにそういう意味を含ませるとさらに味わい深いネタに。


第二百二十八話 分母変
表紙 8分の1って書いてありますけど、半分は支えてないよね、これ。
P107 空白の短冊には本来なんて書いてあったのかが非常に気になるところです。
P108 「マンガ家同士の友人に会うのがだいたい一年に一回です」藤田先生登場。やっぱり結束が固いなぁ。
P108〜9 望、奈美、千里、あびる、まとい、芽留、加賀ちゃん、マ太郎の年1回が書かれてますが、やっぱりあびるの「ブラをつけ忘れる」が一番でした。
P110 ウェンディーズ帰って来て下さい。夫婦揃ってあの味が割と好みでしたんで。
P111 「分母が違うのに同等に語るなかれ」だってホラ、みんな上辺しか見ないから。
P112 割と臼井とカエレは絡む率が高いのは、やっぱりカエレ先生の影響なんでしょうか。
P114 「選手の総年俸が圧倒的に違うのに」「互角以上の成績を残さないと文句言われたり」これは毛のチームよりももっと西の某チームの方がふさわしいネタのような気が。
P115 「私に割く時間が短すぎません?」「もう少しかまってくれてもいいのでは。」「私に対してもコミュニケーション不足だと思う」お前らシレっとした顔して急に甘えるな。
P116 寿命を減らす会議とか。真っ黒すぎます。
P117 霧ちゃん、実は割と闇率高いよね。だが、そこがいい。
P119 改蔵の方が多いのは、ネタか売り上げか。


第二百二十九話 光あれ。するとワカメがあった
表紙 これ、交には見えてるよね。
P121 「暑い」暑くても毛布は手放さない。安心毛布だからね。
P122 「窓を開ければ涼しいなんて時代は過ぎたのよ」東京は大変だなぁ。
P123 室温が下がるほどに緑化しようとしたら、室内面積のほとんどが植物で埋め尽くされてしまうのでは?
P125 「ワカメを食べても」「生えません」というか、生えなくなってからでは遅いらしいですね。
P126 「さっきよりワカメが増えてる」「こ これは」「光合成」80年代ライトSFを彷彿とさせる展開に。
P127 「エコモリプロジェクト」ひきこもりはエコか否かで3日くらいは議論出来そうな気がします。
P128〜9 みんなで寄ってたかって…。
P129 髪がなくてもおっさん顔のバリエーションが豊富なのでちゃんと見分けがつきます。すげーな久米田先生。
P130 むしろ髪がある方が分かりづらくなった感があります。
P131 「めっしゅ」囲碁とかやりそうというよりも、前作の主人公を連想してしまいます。
P132 みんなもっと怖いものを普段見ている気がするんですが。
P133 「暑いといえば」「どーせこーゆう展開がお好きなんでしょっ」ええ、ええ。お好きですとも!あと、上はどうした。


第二百三十話 老人は網などなくしてしまった
表紙 だからマ太郎に逆立ちは…というか、これ、スカートすらないような。
P135 奈美がグラビアポーズなのはアイドルデビューしたからですかね。
P136 「網に引っかかってしまいました」( ゚∀゚)o彡゜エロ担当( ゚∀゚)o彡゜エロ担当
P138 飲みかけのジュース放置はダメ、ゼッタイ。特にパソコン使う家では。
P139 小学生にモテモテでちょっと嬉しそうな千里が、精一杯セクシーポーズとってる千里が、かわいくてしょうがない。
P140 「何気に投棄した趣味性の高い本が」「周囲の小学生達の性癖に影響を与え続けていたのです」あるあるあるある。
P141 芽留人気の元になった本が非常に気になります。違法性がないことを願うばかりですが。
P141 マ太郎人気の元凶は、商業誌じゃなくて同人誌ではないですか?もしくは画像じゃなくて動画ではないかと。
P143 奈美が積極性を発揮すると、大体こういう目に。
P143〜4 倫様は骨の髄までブラコンですね。
P146 死屍累々と笑顔のコントラストがむしろホラーですね。
P146 「思ってないわよ。古い洋館はラスト燃えないと物足りないだなんて。」「思ってるのね」こういう関係を友情と呼んでいいのか悪いのか。とりあえず、互いの裏も表も把握しすぎだコイツら。
P147 可符香の耳はセーフですね?というか、絶望放送へのネタ提供にしか見えなくてすいません。


集刊みんなの葬儀
・千里の片目つぶりを深読みしたくなります。


絶望学級通信
・姉さん、僕は頻尿です…さんが採用されてますね。しかも2枚。おめでとうございます。
・キャスバル、有職者だったのか…。
・女子高生→女子大生さんへの「おめでとうございます もう興味ありません」というコメントに野菜ジュース噴きそうになりました。私もいつか、こういう短くて面白い文章が書ける人間になりたいものです。

紙ブログ
・なぜだか小見出しが全部ラノベ縛り。
・「春画フォルダ」久米田先生まだ枯れてないよ!
・シャフトと講談社の正三角形な場所への引っ越しはちょっと面白そうですね。…というか、そんな風に場所を決めたら割り出されちゃうじゃないですか。
・「この文章を書きながらテレビを見ていたら『バブルへGO!』がやっていた。11月6日の深夜ですね。私も名古屋は金山のカプセルホテルでちょっとだけ見たので非常によく分かります。すいません。延長戦でご迷惑をおかけして本当にすいません。
・「くめだるま親方」そのあだ名を付けた方のセンスをむしろ疑わざるを得ない。あと、なめだるま親方ってその頃から第一線だったんですよね。色んな意味で偉大。
・椎名先生のエピソードが非常に生々しくてよかったです。というか、単なる事実ですね。
・吉本記者のやっていることが私のやっていることと非常に酷似している気がしてなりません。


AKaBaNe84物語
・わざわざ制服のデザインを新しくしてきましたね。さすが久米田先生。
・ちゃんとさのすけがいます。きっとここはいいレッスン場に違いない。
・要はこのグラサン望が描きたかったのか?と勘ぐってしまいました。
・続くかどうか、刮目して待ちたいと思います。


絶望名画座
・魔法の国が舞浜じゃなくて浦安なところが個人的なツボです。
・でももう1つの魔法の国は有明なのな。
・「オーバー・ザ・レンホー」これか。これが言いたかったのか!


裏表紙カバー下
・往年のサイレントショートムービーぽく始まって、ドリフっぽく落とす。
・というか、ここの漫画は加賀ちゃんにどんな新境地を切り開かせようとしているのか。もしくは属性を付与しようとしているのか。


裏表紙
・一見さん向けにもなるように、割と普通の格好の木野くん。でもネクタイは面白シール柄。

拍手[3回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新CM
[12/15 Heidi Reynolds]
[12/09 Virginia Williams]
[11/30 Virginia Williams]
[11/23 apps]
[11/22 Best Apps for Android Mobile Phone]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード