忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1484] [1483] [1480] [1479] [1478] [1475] [1477] [1476] [1473] [1474] [1472]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々にマーク付きの本の感想等を書いてみようかと思いました。というのも、マーク付きではありますが、非常に切れの良いギャグを連発している上にラブコメ要素満載であるためです。
 とは言え、マーク付きですので、本文は分けさせていただきます。お読みになりたい方はお手数ですが「つづきはこちら」をクリック願います。

拍手[1回]



・というわけで。表題作の「さくらデモクラシー!」はショタ少年草一郎とツンデレ女学生櫻子の過激なキャッキャウフフを描いた昭和浪漫ラブコメです。マーク付きですんで、当然その手のシーンもふんだんにある訳ですが。この手のマンガは合う合わないが非常に重要ですので、万人に勧めるという事は出来ませんが、登場キャラには巨乳もロリ体型もどちらもそろっていますので、カバーできる範囲は割と広いのではないでしょうか。ただまぁ、男性読者が感情移入する対象である主人公がショタキャラなので、それがダメ、という方にはあまり合わないかも知れません。ちなみに私はバッチ来いでした。
・今回一番好きなコマは、カバー下漫画の、媚薬の仕込まれた桜餅の毒味をさせられておかしな事になっている金魚です。毒に当たってプカッと浮いてる金魚は見た事ありますけど、媚薬にやられた金魚なんて見たの初めてです。高津先生はやっぱりすげぇなぁ。
・メインディッシュである所のその手のシーンが良い出来である事以上に、繰り出されるキャラクターのイキの良さと細かい所にちりばめられた小ネタが秀逸でして。
・キャラで言いますと、主人公草一郎の母にして不当に若い造形の初名(はつな)の、己に正直な生き様がお気に入りです。前作「それは歴史にカかないでっ!」でもヒロインの母が己に正直で非常に微笑ましかったんですが、今回も秀逸でした。というか、ロリ母という存在がこんなに刺さるとは自分でもビックリです。
・これだけだとさすがになんですので、ちゃんと主要素についても言及しておきますと、キャラのセリフ回し、アングル、動きを感じさせる描写に絶頂時の表情と、どれを取っても私好みでした。特に、最初は余裕綽々なのに、途中から主導権取られた初名の溺れっぷりが良かったですね。やはり堕ちる、落とす、というところに男のロマンを感じます。
・その他、隣の奥さんとの仲を取り持ってもらおうと悪魔を召還したら当の本人が悪魔として召還されてしまった「だってだっての悪魔さん」、ドS妹とドM兄の幸せな日常を描いた「ネジレバネ」、既婚女性と近所に住む少年とが祭りの夜に交わる「祭りの夜が終わるまで」の3作に、エロスで愉快という路線をきっちり維持した描きおろし16ページの「さくらデモクラシー!その後」が収録されております。という訳でボリューム的にも大満足でした。
・あと、読んだ方にだけ分かる話で申し訳ありませんが、「お義母様の莫迦はどこへ行かれましたかッ!」はこち亀の部長のパロですよね。こういう漫画でこういう事やってくるのが大好きです。
・好評であればマーク付き漫画の感想も増やしていきたいと思いますので、コメントや拍手等でご意見たまわれましたら幸いに存じます。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新CM
[12/15 Heidi Reynolds]
[12/09 Virginia Williams]
[11/30 Virginia Williams]
[11/23 apps]
[11/22 Best Apps for Android Mobile Phone]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード