忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[166] [172] [171] [170] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159]
 中身より先におまけとブックレットが気になってしまうのはアニオタの悪いところなんですが、この作品の場合はご勘弁ください。

 エンドカードは安彦良和先生のものでした。これを手にしてアニメで見た時の衝撃が蘇ってきました。臼井君がカエレのパンツをのぞきながらあびるに掴まれていると言う大変おいしいポジションだとか一番小さいけどちゃんと誰だか分かる奈美とか、さすが安彦先生よく分かっておいでです。

 また、カルタはマ行でした。
「ま」は「前田君に作詞印税が入る」
漫画の印税より先に作詞印税って珍しいパターンですよね。
「み」は「実らぬのを前提に恋をしてきました」
実らない前提だと無理目の人にでも思い切れるのがいいですよね。実らないですけど。
「む」は「無安打製造機」
久米田先生は送りバントの名手に例えられてましたな。
「め」は「免罪符は少年ジ●ンプ」
イラストが手に「超大手少年誌」を抱えて走る万世橋君だったんですが、ジャンプも読んでるからっていうのは言い訳になるんでしょうか。
「も」は「萌えブームだなんて言い日陰に光を当てないで」
むしろ絶望先生は新たな萌えを切り開いたと思うんですが。

 で、ブックレットですが声優インタビューは子安・寺島両氏でした。
 子安さんはあの出番の少なさで質問に困っているのがアリアリと分かりました。「メインの話を」とおっしゃってましたが、原作では活躍も増えているので三期があれば期待できると思いますよ。あれば、ですが。
 寺島さんはもともと久米田先生のファンだったとの事で、インタビューの最後を「スーツの上にシャツを着るのって、逆にアリじゃね?」で締めてくれました。その上好きなキャラが加賀ちゃんだったり絶望ファイトがツボだったり大変この作品との親和性が高いと思われますので、ぜひ絶望放送のゲストに呼んでいただきたいと思います。

 あと、解説のツッコミはそれぞれ面白かったりちょっと外していたり波がある中で、今回一番私のツボだったのは【余り物のカレー】の「カレーで腹痛って結構デリケートなネタですね。笑えません」でした。
 また、ツボというのとはちょっと違いますが、【アイドル声優】の解説で画像が新谷さんのCD「Wonderful World」だったのはナイスチョイスでした。これ仕組んだ人はまず間違いなく絶望放送リスナーだと思われます。

 


 野球オタでもあるので野球ネタには人一倍食いつきますが、かえって気持ちが入りすぎてうるさくなるので本文からは外して書きます。

 【中村紀●】バッティングセンターでの出番を取り上げられてます。この時は中日のユニなので綺麗なノリさんで描かれてますが、あとあと野良野球選手として出てくるときは黒ノリさんなので、見比べてみると結構面白いと思います。人間って短期間でこうも変わるものかと。

 【お化け屋敷】の解説で赤鬼がホーナーになってましたが、個人的には元祖赤鬼のスペンサーかチャーリー・マニエルを推します。というか、画像見ると赤鬼は柔道着らしきものを着ているのでそもそも野球がらみじゃない可能性すらありますね。その場合誰がモデルなのかがさっぱり分からないんですが。

 【オ●ックス・バファローズ】の残り物発言はアブナイと書いてありましたが、実際残り物扱いでしたしねぇ。その残り物軍団が今や上位につけているのは大変痛快ですが。特に山崎選手の大活躍にはもう拍手喝采ものです。加えて私がマリーンズファンですんで、イーグルスには元うちの選手が多くて親近感がわくというのもあります。

 【●監督】の夢だったり悪夢だったりの部分はニヤリとしました。元巨人ファンの私ですが、世代的にストライクのはずなのに実はこの人が当時からあまり好きではありませんでした。チャンスでポップフライを打ち上げてへらへらしている選手をどうして好きになれましょうか。

 あと、事のついでに野球ネタをもう1つ書きますが、先週の原作で「消去法の4番」としてうちのサブローが取りあげていただけたそうですが、久米田先生、サブロー本人が一軍から消去されちゃったという思わぬオチがついてしまいました。

拍手[0回]

PR

コメント
俗・第二集
毎度!知識の恩着せ屋です(ぉ

>画像見ると赤鬼は柔道着らしきものを着ているのでそもそも野球がらみじゃない可能性すらありますね。その場合誰がモデルなのかがさっぱり分からないんですが。

柔道ということで限定しますと
オランダの赤鬼と言われたアントン・ヘーシンク選手、同じくオランダ人の赤鬼ルスカことウィレム・ルスカ選手の二人が思い浮かびます。後者はアントニオ猪木と戦ったことで有名な選手です。

>先週の原作で「消去法の4番」
先生が必死でフォローしてましたが、まさかそんなことになるとは。

>今週の絶望先生
かなりタイムリーでかなりギリギリネタでした。

二集三回ほど繰り返してみました。DVD修正も確認。ことにEDの画伯の暴れっぷりがなんともたまりませんでしたw
【2008/04/25 00:30】 NAME[神楽坂隼人] WEBLINK[] EDIT[]
毎度!
>神楽坂隼人さん
いつもいつもありがとうございます。特に格闘技方面は大変弱いので助かります。
>柔道の赤鬼
やっぱりいるんですね。ほんとうにホーナーならあの柔道着はおかしいと思っていたので、まさに我が意を得たりです。
>サブロー
そんなわけで現在は別の選手が消去法で4番やっております。でもまだサブローは五輪予選で名前と顔を売ったからネタになりますが、大松やオーティズでは…。そう言う意味でもサブローはうちの4番様でありスターであります。
>今週
最近、単行本での楽しみを減らさないために本誌を追っかけないようにしているんですが、久米田先生絶好調のようでなによりです。
>二集
実はまだ見ておりません。寝台の車中で見るにも電源が確保できないとキツいですからねぇ。帰宅後にでもじっくり楽しみたいと思います。
【2008/04/25 07:58】 NAME[ふさ千明@管理人] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[09/01 Sarah Carlson]
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード