忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249]
 「バラエティも〜にん2巻」(竹本泉著 芳文社刊)
 「複葉の馭者」(笹本祐一著 朝日新聞社)

 「バラエティも〜にん」は、竹本先生をご存知の方には「いつものあんな感じだった」ですむんですが、知らない方に説明しようとすると大いに骨が折れる上になかなか伝わりにくいと言うなんとも感想ブロガー泣かせの作品です。

 それでもなんとか頑張ってみますと。
 主人公丘崎やすみの家の居間は、居心地がいいのでいろんな生き物(に限らず様々な物体)が集まってきてくつろいでいる。
 というお話です。

 だめだ。やっぱりだめだorz

 まぁそんな感じでいつもの竹本節炸裂なのですが、他のと違うのは前書きでも竹本先生ご本人が文章で書かれていますが、この作品ではペットを飼っていないんですね。いつもなら猫とか犬とか出てくるところなんですが。それにちょっとだけ違和感があるかも知れません。あとはいつもどおりです。マンホールのあうの人も出てきましたし。

 で。もう一冊の「複葉の馭者」は17年前にソノラマ文庫から「大西洋の亡霊」として発行されたものが加筆修正されて復活したものです。昨年既に出ていたのに気がつかずスルーしていたのですが、昨日たまたま棚を見て気がつきまして即購入しました。
 ソノラマ文庫は買い逃すと探すのに往生するレーベルの1つでして、17年前は高校生だった私の資金力で追いきれなかった「大西洋の亡霊」にこうして巡り合えたのも何かの縁かと思います。

 内容は第一次世界大戦後の世界で、腕利きの失業パイロットが戦災孤児(小生意気な金髪美少女)と2人で払い下げの飛行機を使って運び屋をやるというお話です。思ったとおりの面白さで、一気に読み終えてしまうのが勿体なくなってしまいました。
 こちらも笹本節と言うべきセリフ回しと展開が嬉しい逸品でした。歴史的にはマイナーな、所謂狭間の時代のお話であまり馴染みがないとは思いますが、1回入ってしまえばその空白は愉快な色で染まり、埋まっていきます。

 1050円とちょっと高いのが難点ですが、私のように17年かけて再会する羽目にならないためにも、興味を持たれた方はぜひ目を通してみてください。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
[03/04 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード