忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 なにやら「タメ口問題」が話題になっているようなので、前々から気になっていた「才能と人格」について書かせていただきます。

 私の愛読する漫画の1つに『寄席芸人伝』というのがあるんですが、その中にこんなセリフがありました。

   「芸人の優劣を決めるのは…芸でしかねえんだよ」
   「好人物だが腕の悪い医者に…てめえの身体まかせるか!?」
   「人柄ァいいがノコの使い方も分からねえ大工に…普請を頼むかよ?」
   「その厳しさ、それが職業ってもんよ」
   (『寄席芸人伝4巻』「第50話横紙破りの橘丸」P135〜6より)

 もうなんかこれでこの話結論でちゃってるんじゃないか、終わっていいんじゃないかという気がしてきましたが、もうちょっと書かせてください。

 もちろん業種によって人格が重視される仕事もたくさんあります。というか、一般的には人格的に問題がある人は職業人としてもうまくいかないものですが、才能が最重視される世界においてはそうではありません。締め切りをどれほど破ろうとも、本当に面白くてたくさん売れる作家のところには依頼が来ます。

 才能がないのに揉み手や枕で仕事を取ってきて、その挙句に叩かれてしまうより、たとえタメ口きこうとも仕事はしっかりやってくれる人、代わりのきかないものを持っている人のほうがよっぽど良いと思います。少なくとも私は支持します。

 それよりも。「誰々がタメ口を聞いてくる」とかそういうみっともない内幕を自ら媒体を駆使して明らかにしてしまう事自体、社会人としてどうなんですかね?少なくともうちの業界なら一発でアウトですがね。

 まぁ要は、「王様は裸だ」と言う場合、言った人は言う前に自分も裸でないかどうか確認したほうが良いですよ、という事です。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード