忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[522] [521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [513] [514] [511]
 今週大変ピンチだったのでものすごく時間かかってしまいました。このあと絶望放送とうらGおが待ってます。

 あと、今回も密林購入だったんですが、やっぱり「値段下がったよ!3296円でいいよ!」って言うメールが来まして、前回同様せっかくの語呂合わせが台無しに。密林のネタつぶしも念入りですね。

外箱
相変わらず岩波文庫っぽかったです。おかげで捨てられません。

表紙
薬缶とストーブ。冬ですな。藤色グラデの背景も美麗です。

表紙カバー下
お風呂でまで引きこもらなくても…。

前巻までのあらすじ
「アンポ!ハンタイ!」に大爆笑。さすがです久米田先生。「穴」の兜は誰かかぶってなかった調べてみましたがさすがに誰もいませんでした。

表3
寒さに強いマ太郎と、寒さに弱いうろペン。おまえらどっちもどこの生まれだ。

目次
うっかりスルーしそうになりましたが、テレビ画面…。芸細か!


第百五十一話 尾州鎮撫隊

表紙 実体験をお持ちだからか、棺内の絵が大変緻密。

P7 霧ちゃん暑そう。脱げばいいとはいわないけど、夏場はタオルケットにしたらいいのに。あと、テレビ画面内にさのすけが。
P8 元のネタがなにげにアジアつながり。ほっそいけど。
P9 本能井駿→ほんの一瞬。念のため。
P10 『ポロロッカ現象とは違うんですよ』気を使っている。
P10 島田洋質店とか細かい方にばかり目が言ってすいません。
P11 「逮捕されて初めてそれが犯罪だと知りました!」愛が重い。重すぎる。
P11 「決闘が罪になるって知らなかった」しかもこの法律は当事者だけでなく、立会人や場所を貸した人まで罰します。
P12 「あの人あの宗教」やばいところじゃなく日本古来のものでも、例えば真言宗とかは一目で分かるくらい他のと違います。まぁここではS(ry
P13 『日本に戻ってきてから大使が怒って祖国に帰っていた事を知る』まぁ、日常生活にはいっさい必要ない情報ですから。
P13 ここの可符香力入ってるなあ。
P14 「卒業した後で両想いだったと判明したり!」これはいい事だとは思えないんですが。
P14 「なんで教師なんてやってるのだろうとか」「歳はいくつなのかとか」わざわざこうやって俎上にあげる情報に限って明かす気がないと見た。 
P14 『地球はかいばくだん』対ネズミ用最終兵器。
P15 「今回喪主を務めさせていただきます」「糸色望の妻でございます」娘々に
見えてしまう。
P15 「どーでもいいけど私にも遺産入るんだろうね」「今度は誰!?」「前妻です」前妻って遺産入らないと思うけど…。慰謝料払いきってなければまた話は違ってくるでしょうけど。
P17 「私以外!」まといがどんどん面白くなってる。
P17 「バツ15」どこの多重債務者だ。
P18 「当番みたいなものだから」ついに当番制に。

P19 ああ、ちゃんと顔の設定あったんだ本能井くん。あと出席番号(譲渡)に爆笑。


第百五十二話 黙人の行方は、誰も知らない

表紙 うろペンに入ったら親の葬取りですか?

P21 奈美の本気が見える。
P22 大草さんも本領を発揮している。
P22 「言わないでいいから!」優れた防衛本能。
P23 「なんの権限もないのに」「勝手に認可しているだけじゃないんですか!?」国家管理にする場合監督官庁はどこだろう。日本にもその他省((C)竹本泉)があるといいんですが。
P24 ゼントくん、首から下がってるマフラーが中尾彬仕様。
P26 あびるいい笑顔。
P26 「上級純愛カウンセラー」カウンセラーなんだ。相談される側なんだ。
P28 千里のスカート丈。
P28 「認めな印」新グッズにどうですかアニメイトさん。
P30 『名菓やすお』さすが蔵井沢。
P30 「色々認めなかった私も、」「先生のご両親には認められたい!」「糸色家には認められたいのです!!」乙女だよなあ千里。いつか、いつか千里で二次創作を…。
P30 認定堂。DSとか売ってそう。
P31 「お兄様こーゆう時だけ」ああいう義姉が欲しいかい倫?
P31 可符香のスカート丈。もしかして夏だからか?
P32 「しーっ」いかん、千里がどんどんかわいく見える。

P33 「そーだよ。」認めるのか。


第百五十三話 ああサプライズだよ、と私はうつろに呟くのであった

表紙 箱から覗く目が怖いんですけど。すごく。

P35 ちらっ、はカエレが一番えろかったです。
P36 「HAPPY BIRTHDAY!!」「先生誕生日おめでとー!」ここのウィンク可符香は貴重。
P37 「誕生日に誕生日パーティやることの」「どこがサプライズですか!?」社会人になったら十分サプライズだと思う。
P38 「全員かよ!!」=世間の声。以て瞑すべし。
P39 「うしろの2つ」「少々ひねりすぎです」さじ加減が難しいなぁ。
P40 「さぁ、サプライズパーティを始めましょう。」誰も、何も、突っ込もない。
「共産主義バザーとか、利き生肉とか、いろいろな趣向で先生を驚かせちゃいますよ。」これ読んで思い出しましたが、利き生肉はやった事あります。鶏肉の刺身頼んだら、産地の違うの並んでてどれがどこのかって。やった時はそんな名前があるとは知りませんでしたが。
P41 「まぁ‥‥千里ちゃんだから」「何をやってもたいていの事はびっくりしないと思う」人徳と言うか治外法権と言うか。
P41 「ど‥‥どうしよう!」「心の準備が‥‥!!」たまにはこういうド直球な漫画も描いてほしいなあ。
P42 『第−2回さのすけを探せ!!実施中』字が小さかったのでうっかり見逃すところでした。
P43 電話のシーン、壁にさのすけのイラストが。智恵先生にリスナー疑惑発生。
P44 「無地の白T!」加賀ちゃん、いつも視界に木野くん入ってるね。やっぱりお似合い?
P45 「むしろ何もなかった事が」「サプライズです!!」愛されてるね先生。
P45〜46 「日本人はわかってナイナ」「この国の何もない平和な日常が」「サプライズなんだヨ」それを守るために日夜努力して参ります。
P46 「覚えていてくれたんだ」いいお父さんだよね。つーか、仲良いよなこの親娘。

P47 「安心した?」このシャツ、スキマ?


第百五十四話 持つ女

表紙 野球だけ元ネタ分からなかったよ!逆サプライズ!

P50 「もしかしたら野球の才能があったゆえに」「モデルとしての輝かしい人生を棒に振ってしまったのではないかと!」モデルっていくらくらい稼げるもんなんでしょうか?
P50 「ダルビッシュ」褒めるネタだから実名あり?
P51 「真鍋もおっぱいさえ大きくなければ」「女子アナとして活躍していたかもな」「大人になりましたね交」叔父の後継者の道をひた走ってないかな?
P52 「野球の出来ない身体にしてやろうか!?」勘弁してください。パリーグの宝なんです。
P53 「イチローがオールスターでピッチャーやろうとして失礼だって叩かれましたもんね」「でも150キロ近く出るんですよ」オールスターでなきゃあそこまでは言われなかったと思いますけど。あと、ピッチャーは球が速ければいいというものでもありません。
P54 「色々やってようやく1つ」『アイドル+毒舌+窃盗』最後のはプラス要素じゃないと思う。
P55 「あなたすっかり世にも奇妙のタモリの立ち位置ですね」先に言われた!
P57 「政治家にさえなっていなければあんな風に」「我々は金メダルを獲るプーチンを見る事が出来たはずなんです!」閣下はその気になりさえすれば今からでも遅くないと思う。
P57 「ケタ外れのキッス力さえなければ」キッス力って初めて聞いたよ。
P57~58 「あの方は超一流の女王様ですが!」「超一流のM奴隷の素質もあるのです」真顔で何言ってやがる。これをアサ姉が声あてるかと思うと。あと、こういう人は既におられたりします。
P59 「晴美!」この藤吉さんいいなあ。黒藤吉×白藤吉とかいける?
P60 「ガチャピンかよ!」そこで例えとして出てくるのがガチャピンだからなあ。
P60 「漫画も面白いんだよ」読んでみたいようなみたくないような。あと、肛痔炎ってやな辞書使ってますね。

P61 「重っ!」頑丈な鼻骨してますね藤吉さん。


第百五十五話 うもれすく

表紙 純粋に怖いよ。

P63 「って」「どーゆうことですかこれは!?」元総理までいるし。
P65 「すいませんすいません」「私のような者がこのような人気の授業に着席などして」遅刻すると迷惑になるからって早く来たんだろうなあ。
P66 「ウィンブルドン現象」まぁ、そっちの方がカッコいいけど、例えとしてなら日本の大相撲でもいいよね。
P67 「何か たいそう偏った趣向の書籍ばかりになってしまわれたような!」すいません。私もその昔バイトしてた本屋でえろすな漫画を増やしてしまいました。
P68 「女子向けガンダムしか作られなくしたり!」これは一概に腐女子ばかりを責める訳にも…。
P69 「お色気店舗ばかりに!」まぁ、お金にはなるしねぇ。
P69 「いらっしゃいって言ってくれるし」言ってくれない人、増えてるみたいですね。
P70 「一度でもちくびを描くことを許したら全作家がちくびを描くことになる」もうしまも?
P70 「最近オクも業者ばっかで」まぁそれで希望のモノが容易く入手できたりするし。
P71 「別に公園にこだわらなくても」「喫茶店じゃお金がかかりますから!」先生におごらせようとはしない良い生徒。
P71 「今度は私が入れない公園に!!!」ここはむしろ先生を入れるな。
P72 「先生お一人でどーぞ!!」どーぞ、じゃないっての。
P72 「「平民の入学を認めたばかりに」「平民ばかりの学校に」って」私立はどんな選抜基準でもいいと思いますよ。ええ。
P73 「落合記念館の展示物が」「ふくし君が作ったガンプラばかりになってしまったり!」まぁ、本人もガノタだし。しかもファーストの頃から。その上最近はマクロスにも手を出したとか…。
P73 「民主党が元自民党ばかりに」大丈夫。ちゃんと元社会党も元社民連も幹部にいますよ。
P74 「日本人優しすギると軒先貸して母屋取られるゾ」以て瞑すべし。

P75 新キャラ登場ですかそうですか。CVは小林さんか井上麻里奈さんでぜひ。


第百五十六話 君よ知るや隣の国

表紙 旗が何のマークかと思ったら…。ちょっと欲しい。

P77 『某国の工作員だけでも二万人いると言われている』最近ちょっと減ってるらしいですよ。外貨不足で。
P78 「ああ‥‥もうレジでそんなに懸命に小銭を探さなくても」こういうの見ると電子マネーって偉大だなって思います。
P79 「何をまた、バカなことを。」押さえつけてるのは誰の頭?まといでいいのかな?
P81 『さのすけをさがせ!加盟店』ここが連載当時でのさのすけのスタートライン。さのすけもこれでめでたく久米田ファミリーの一員に。
P82 『都心からやたら遠い空港』一番遠いのはどこでしょう。広島かな?近いのは間違いなく福岡でしょうけど。
P83 『タラバガニ 直送』加賀ちゃんのカニネタっていつから原作にまで進出してましたっけ?
P83 『やきそば 山田』懐かしいネタが。
P85 「工作員の、破壊活動って何!?」「壊すのか作るのか、はっきりしなさいよ。イライラする!」ここ、伏線。
P86 「あららー」最近可符香が表情豊かですね。嬉しい限りです。
P86 「日本人お人ヨシスギなのナ」「日本の技術てんこもりノ」「ミサイルこっちにむいてるヨ」守ってる方のミサイルも日本の技術てんこもりなのでおあいこだよ!
P88 このページの千里からものすごいエロスを感じる私はたぶんM。
P88 「普通に授業中」「工作活動する先生っていますものね」いました。んでまたそういうのに限って出世するんですよ。

P89 「満点。」大爆笑。こういうのに弱い私。


第百五十七話 夜の多角形

表紙 スコップ、ケータイ、キノコ、しっぽはすぐ分かりましたが、歯車で=バイトする大草さんにたどりつくのにちょっとかかりました。一番悩んだのが謎の円錐ですが、これはおそらく中の人ネタでアポロだと思います。

P92 「健康第一」説得力あるな、おい。
P92 「はーい」「いいですよ」「どーぞお」誰の声があいますかね大浦さん。
P93 「キャッ党」懐かしさのあまり涙腺が緩む。
P94 「珍宗教」ナイス表現。
P95 「実際お隣の国では人を罵倒する言葉が日本語の何倍もあって」「挨拶のように罵倒されるのでいちいち気にしてられないそうです」恨は溜め込むみたいですけどね。
P96 「ええーっ相当バリエーションに富んだつもりなんですけど!」「世間から見たら一つの角です」こういうことは得てしてあるもの。他山の石。
P96 「世界恐慌でどこも総崩れで!」「投資は投資 一つの角だったんですよ!!」いつ終わるかなあ、今回の恐慌。 
P97 「私はバランスよく取るのを心がけてます」甘いものネタはどうしても中の人を連想させる。ドーナツが半見えになっていたりするから余計に。
P97 『起源』あれ?サンタもだっけ?あと、イギリス人の起源も主張してましたね。
P97 「三角だからカドが立つ」キラッ。
P98 『イタダキマンボで』「ウッ」懐かしすぎて昭和汁が出ます。これ、往年のアニメ、イタダキマンの主題歌ネタです念のため。
P98 「す、すいません!」加賀ちゃんかわいいなあ。
P99 「もっともっと角を!」加賀ちゃんの次くらいには位置づけられてるんだ奈美。
P99 『14角』さりげなく入ってる隣の校舎の1年生。
P99 「ホラ いつになく朗らか」この千里はよいデレだ。
P100 「なわけないだろ。」短い夢だった。
P100 「女の数が増えたら、角が取れるだぁ?オマエ、どこの石田純一だぁ?」あの人もさすがにそんなことまでは言ってないとは思いますが。
P100 『フリーハグ』これ、話題では聞くんですが、まだ遭遇したことないなあ。
P101 「こんな多角形だっ!」そしてこれはよいヤンだ。
P102 「借りるね」「私も」皆さんお怒りのご様子。

P103 今更ですが、「おおら」で出席番号16番ってずいぶんア行の多いクラスですね。


第百五十八話 アンドロイドは機械の花嫁の夢を見るか

表紙 紛失原稿売約済って。あと、ツボから蛇が出ているのはレッドスネークカモン!で良いんでしょうか。

P105 「大浦さん!」「もう、次の回だから!」「前回からずっといたの」「本当おおらかな娘」おおらか、で済ませていいモノかどうか。
P106〜107 「おひとついかがですか?」「いかがですか?」大浦さんの時もそうでしたが、新キャラを見るたびにCVばかり考えてしまいます。夢、見過ぎですね…。
P108 「急に強烈な日光が!?」臼井くんの思わぬ活用法。
P108 「大変だマグロが腐ってしまうどうしよう!?」先生、それマグロじゃなくてマグロ風赤身。あと、少し傷んだ程度なら火を通して食べれば大丈夫。もともとネギまってそういう食べ物だったし。
P109 「もおっ!」「なんでこんなバカな買い物したのよ!」もちろん谷井ボイスで聞こえてますが何か?
P110 「例えばプリンター」「今 本体すごく安いじゃないですか」一回これでやられました。予備インク10本で本体が買えました。
P111 「リゾートマンションがタダ同然のお買い得も」「管理費月10万でローン払ってるのと一緒だったり!」ローンには終わりがあるけど管理費には終わりがありません。気をつけましょう。
P112 「2週で旅立てますが‥‥」「じゃあ結構良心的ですね」ツボった。
P113 「おおー」「これは」珍しくテンションあがった霧ちゃん。
P113 『こもり‥』駄洒落ですね。わかります。
P115 『人工知能キット別売り!100万円』ずいぶんとイイ商売してるじゃないですか。
P116 「チューしなさい」さぁ、3期!3期!
P116 「で‥‥これは?」「だから創刊号で挫折したと‥‥」普通だ。

P117 2人で1人扱いですかそうですか。


第百五十九話 学者アゲアシトリの見た着物

表紙 やな認定証ですね。まぁ、すべてはその前で足あげてる大草さんの前に霞む訳ですが。

P119 奈美と大草さんは分かりましたが、その後が…。一番奥、まとい?
P119 「アカ倒せ!」「アカ倒せ!」どうしてもどうしても別の意味を連想してしまいます。
P120 「アカ粉砕!」ありがたやありがたや。
P120 「見えてもいいパンツだからあえて足を揚げてるに決まってるでしょ」すいません。見えてもいいパンツっていう概念が理解できません。
P120 「センセ‥‥」「無視かよ!」これは良いらぶこめ素材。
P122 『麻生』『石破』『桜井』『桜井』豪華な来賓だな。
P122 「ありえないだろ!」「あーあ取っちゃった」あえて分かっていても取らざるを得ない足がある!
P123 あびるは見せないんですね。
P125 「むやみに取って甘やかしちゃダメだよね」どうしても、どうしても絵に目が行ってしまい内容が頭に入らない。
P127 「同じアホなら揚げなきゃそんそん♪」同じコスなのにキャラごとにそれぞれエロス度合いが違うのはなんでなんでしょうね。
P128 加賀ちゃんが新谷さん並のおパンツ様ガードを!あと、敢えて触れますが、マ太郎がはいてます。
P129〜132 これはもう嬉しいとか嬉しくないとかのレベルを超えてます。

P133 これ、マガジン掲載時は休載のお知らせでしたね。当時は見事な2弾オチだったのに、絵だけだとなんだか分かんなくなってますね。


第百六十話 最後の、そして始まりのエノデン

表紙 おお、満鉄のあじあ号にも使われたというパシナ型。こういう資料ってどっから持ってくるんですかね。まさかこのためだけに写真集とか買ったのかなあ。

P136 「行き先不明なんてわけないじゃないですか」「他の列車のダイヤとの兼ね合いもあるんですから」全く以てそのとおりですが、なら乗らなきゃいいのにって言われちゃいますよ。
P137 「あなたの中で」「結論出ているんじゃないですか」かっこいい、つか渋い先生。
P138 『結論の出ている質問をする人がいます』自戒します。
P139 「結論」「出てるじゃない」言いたい事はよく分かりますが、智恵先生カウンセラーなんだから、もうちょっと、こう…。ああ、プライベートは別ですかそうですか。よく分かります。
P141 「死ねば」「死んでみなさいよ!」智恵先生怖い。
P143 「枠がないのに一応やる」「採用試験とか!」往復するのにも交通費かかるんだから、そんなんだったら書類選考で落とす方が思いやりだ。と、マジレス。
P145 「先生もそろそろどの女性を選ぶか」「結論を出してみてはどうですか」「そう‥‥ですね」「誰がいいでしょうか」「結論」「出ちゃってるんじゃないですか?」「‥‥はい」いい雰囲気でした。最終回にしてもおかしくないくらいに。
P146「先送りするという結論に到りました」「結論じゃないからそれは」智恵先生このツッコミのためだけに乗っていたのかと思うほどに見事な役回り。

P147 人気より売り上げが緩やかな右下がりなのはやっぱり惰性で買う人がいるからなんでしょうか。


紙ブログ

P155 「ブラックマンデーならぬブラックサンデー」いつもながらうまい事言うなあ。
P156 「うろおぼえアシ」よく覚えてらっしゃるじゃないですか。
P156 「SZBH→TKHS」爆笑。さすがヘビーリスナー。
P156 「もう絶対出ない」先生すねちゃった。まぁそうおっしゃらずに…。

凹乱高校ネガティ部(仮)
P156〜158 なんだろう。全体からすっごい昭和臭がする。まさかこれが獄・下の隠し球だったとは…。びっくりです。

絶望文学集
おおむね原作もこんな感じの話でしたね、そういえば。ネギま!?とかテニプリDVDとかブロードウェイ(中野)とかに細かく反応してしまう私は久米田先生掌中の虫。

裏表紙
花柄が=お花畑に見えてしまいます。

裏表紙カバー下
おおらか通り越してる気がします。ひしひしと。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
[03/04 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード