忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51]
 本日やっと手元に届きました。いやぁ、面白かった。あっという間の小一時間でした。当たり前ですがBGMが絶望放送と同じなので、番組で使われているものが流れると色々空耳しました。「そろそろ放送も人生もおしまいです」とか。

 あと、帯裏が凄く怖かったです。霧だと思っていたのに…。

 これでした。

 というわけで早速いつもの奴を参りたいと思います。


ゼロの特典
「すっかり戦争時」て聞こえました最初。もちろんただしくは「浅草寺」です。
「拍手は神社、寺院の場合は合掌です」そうなんですよね。神仏習合の習わしのおかげですっかり混ざってしまいましたが。
「ズルしましたね」ずるって言う発想がない。
「四万六千日」この風習、思いついた人が凄いと思う。
「九万九千日とか」「ご利益なんと来世分まで」来世分って言う発想はこのマンガならではだよなぁ。
「トメおばあちゃん」おばあちゃんカワイソス。
「プロ野球のプレーオフでは首位から20ゲーム離されていても最後の5試合が調子良ければ優勝」これが原作に掲載された頃はまだ旧制度でしたね。すいません。首位から4.5ゲーム差離されていたくせに優勝してすいません。
「ここぞというタイミングしか頑張らない人間だらけに」ここぞというタイミングにだけでも頑張る方がまだマシかも。
「ご神木にすがって」寺じゃないのかここは。
「もうどうにでもして」小林ゆう!小林ゆう!
「やれれば誰でも」いるいる。
「効果的にむかつかれます」効果的って言うのかこういうの。
「悲しまれる死に方」悲しまれても死んじゃったら分からないのではないかと。
「最近そんな本ばっかり」最近の本は読まないから分からないなぁ。
「気丈にふるまう恋人」「女子大生…」「最も効果的に呪うには!」この流れでこの反応とはさすがヤンデレ大戦に載るほどの実力者。
「素敵なタイミング!」素敵って言うなー。
「ナディア」ナディア懐かしいよナディア。まだ「ツンデレ」っていう言葉がなかった頃のお話。
「これで高感度2倍」「らしくないなぁ」こと恋愛に関してはらしくなくなるのが千里の魅力だと思うので素直に萌えておきます。藤吉さんのアシスタントやってた気がしましたが,それはベタどまりなのか。


惜しみなくチョコは返す
「教壇の上、チョコの山ができてますね」送り主が全て男性という設定で二次創作を書く藤吉な方々はどれほどおられるのだろうか…。
「意外と人気者なんですね」「あちこちで手ぇつけたみたいね」ヒドい言われよう。
「屋上へとおびき出し!」おびき出すって言うな。
「先生の一人芝居」萌える腐女子は何人いるのか。というかこの女子声だったらティエリアが実は女性でも声優そのままで行ける!
「愛、取り消しの日」「有効需要の創出」それは本当に「有効」なのかどうか。
「愛、なかったことに」リアルでされたことあります。「もっといいのが見つかったから」って言われて。
「お釈迦様の生まれ変わりですか、とは良く聞かれますが」おぼっちゃん育ちしか共通点がないじゃないですか。
「夜中に書いて声優のラジオに送った恥ずかしいハガキ」これは私セーフ。
「それは自己破産というんですよ」ギャンブルで作った借金って自己破産できましたっけ?いや、まぁ細かいことですが。
「何でも撤回できる日」徳政令か。
「歴史を遡れば日ソ中立条約をクーリングオフされたのです!」「北方領土返還!」シマカエセヨー。
「初めから3分以内なら」先生、既に5分過ぎてます。
「考えもなく安易にクーリングオフしないでください」きっちり道の実践者としては許しがたいのでしょうなぁ。
「物事どの時点までだったら引き返せるんでしょうか!」たいがい気がついたときには手遅れなことが多いですね。
「あの日の出来事は何だったんですか?」なんだったのか、今頑張って書いてます。
「やりにげ?」この辺膨らませて現在文章書くと楽しいですね。
「先生」「呼んだだけですね」こういうの大好き。
「お帰りくださいませご主人様」このCD買った甲斐が!買った甲斐があったよ!この部分だけでも!しょっぱなのでじこ風が最高。
「ぱとらーっしゅ」細かいよ先生。あどりぶ?
「それが初七日」誰がうまいことを言えと。
「なに、そのスコップ」まさに万能兵器。


蟹優先
「万世橋くんの妹がまだ中に」加賀ちゃんに出番が。
「たすけてぇ」原作だとあの顔なのにCDだとあの声か。
「お前って子は、妹よりフィギュアの方が大切なのかい」これが漢の生きる道。
「おいしそうな動物」マ太郎はかわいいなぁ。
「ジャップだの、あるいはジャップだの、と」メキシコなのに英語かよ。
「それで真っ昼間からフリチンでしたか」ここのフリチンだけ加工する職人がいるとみた。
「いたんですか」「ずっと」聞くと安心するこのやり取り。
「漢なので会社やめてワールドカップ」「でもレッズサポーターなら当たり前」レッズサポーターはすっかりそういう社会的認知を受けましたね。マリーンズもそのくらいになれると良いなぁ。
「流行っているんですか、痛い車」増えましたよね痛車。近所のスーパー銭湯で見た時にはどうしてくれようかと。
「音声だけでもそう言い切れますか?」「妄想に垣根はありません!」カエレかっこいいよカエレ。
「あたしもあるよー」マ太郎が「あたし」って。
「通学路、安くて速い地下鉄よりも」芽留の声だれだろう。
「基準が分からん」こういう声好きなので何度もリピートさせて聞きます。
「ダメよ、顔を見られた」反応がどう見てもテロリストです。本当に(ry)


今の武蔵野は闇である
「墨汁も瓶ごと入っています」びん?
「心の闇鍋」当然私にも大鍋で作れるくらいありますとも。
「当然闇米」あんのか今時。
「北欧の美少女」痛いなぁ。
「全部一人で描いてたジアンプ」これ聴いた瞬間,原作読んで知ってるのに吹きました。
「普段おとなしい藤吉さんが」「今描いている方がよっぽど闇だと」「カップリングものはお金になりますよ」こないだ久々に即売会行ったためか、この辺がスマッシュヒットしました。
「犯罪の片棒担ぐのはごめんです」「チッ」チッじゃねぇ。リアル痛チョコとかおねぇちゃんにジュース注射とか、普通なら闇になって然るべきところですが、千里はもっと深いんだろうなぁ。
「私は人を埋めたりしてません」いいなこの切り返し。千里は埋めてること前提だからなぁ。
「鶏肉」「ぴよちゃん。尾の立派な鶏。猫とどっちが強いかな」子供のすることですから…、むしろあびるのすることですから大目に見ましょう。
「昔のゲームみたい」あった気はするが正確なものが思い出せない私は年寄り。
「有名人の心の闇」例えばヤマタク先生には闇だと自覚してない闇が。
「下山事件」鉄ヲタとしてはあえてスルーでお願いします。
「今まで散々踏み込んだくせに」普通なのにいいツッコミだな。
「あれは、密入国者たちのお風呂ですよ」密入国を放置する警察官。
「いい湯加減、だよ!」大変貴重なマ太郎の入浴シーン。アニメでやれ!アニメで!(無理)


世界の中心で愛を避ける
「避けるのは、暑、だけですか?」この「何々だけですか?」は久米田マンガの定番。
「音声だけだとつらいですねぇ」掛詞ネタは本来CDドラマには向かないよなぁ。
「ニートかよ!」働いたら負け、としみじみ思う昨今。
「例によって普通ですけど」普通だけど。
「より二次元に積極的」「現実のボーイズラブ」闇だ。深い闇だ。
「何するの、離しなさいよ」「私の生徒さんに」おお、なんかいい構図。
「私が避けられてるって言うの」ここから後の流れが大好き。
「かくなる上は他人のふりを!」「最低!」千里かわいいよ千里。
「出た!ヒショッカー」こういう小ネタがうまいなぁ。


ツルムの小心
「集団下校」「小学生並みの扱い」この面々の小学生編も見てみたいなぁ。絶チルみたいなノリになるのかなぁ。
「集団的自衛権の発動」「またわけのわからないことを」訳分からないも何も集団下校は集団的自衛権の行使だと思うんですが。とかいうとネタ潰しになっちゃいますが。
「先生が自閉していく」まさにトラウマ。
「オンリーイベント」絶望先生もありましたね。
「集まっているものを見るだけで恐ろしいのです」「とうもろこし」「蜂の巣」「イクラ」「エアクッション」先生をいじめることにかけては見事な腕前とコンビネーションを発揮します。
「凄い風」ここ、アニメならきっとパンチラがあって、肝心なところには前田くんが…CDで良かったかも。
「また、だいぶ寂しくなったね」とどめを刺すあびるは良い。
「集団的自衛権ですよ」黒い黒い。
「地獄へ堕ちるぞコールと無限ファックスが」無限ファックスは既に生徒から受けているので無問題です。
「いやぁ、この人達本気なんだもん」先生は自殺よりも自殺未遂がお好みですから。
「木村さんの集団訴訟」小林ゆう凄いよ小林ゆう。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
[03/04 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード