忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1344] [1343] [1342] [1341] [1340] [1339] [1338] [1337] [1336] [1335] [1332]
 手元には現在台湾版週刊少年マガジンである『新少年快報』の3号と4号があります。基本、日本のマガジンを翻訳したものなので本来だったら取り立てて語ることも無いはずなのですが、日本のマガジンとは明らかに違うところがありますので、それについていくつか触れたいと思います。以前もとりあげたことがありますが、地味にマイナーチェンジもしているので、その辺りも含めて(画像はサムネイルなので、大きく表示したい方はクリックしてみて下さい。多少マシになると思います)。

 まず目立つところから。台湾旅行記では3号で表紙を飾っていた件に触れましたが、4号では、表紙ではなかったものの次号予告の半分を占めておりました。



 優遇されてますねぇ。人気ありますねぇ。

 続きまして。これは絶望先生のみではないので優遇とは言えないのですが、紹介文付きで単行本最新巻がアピールされております。



 大雑把に訳した感じでは、「小さなテーマを大きく取り上げます」「笑わないと、絶望先生が理解できないんだと思われてしまいます」みたいな事が書いてあるんではないかと思います。ホントに大雑把なので全く自信はありませんが。


 さらには、以前から地道に台湾での人気の下支えになっていると思われる絶望講座というコーナーがあります。要は、紙面で元ネタwikiをやっているようなものですが、取り上げる箇所がなかなかツボを心得ていて、思わずニヤリとさせられました。



 今回の個人的ヒットはエルシャダイネタですかねぇ。



 そして。以前から台湾のみで続いていた、読者が考えた神シール募集のコーナーですが、近々リニューアルするようで、糸色望武功密傳書というネタの募集が掛かっていました。



 要は絶望先生っぽい拳法の技を考えて送って下さい、という企画のようですが、お国柄的にも明らかにこちらのほうがウケそうですね。

 こうして取り上げてみて、つくづく人気があるんだなって思いました。しかし、こうなるとショップでアニメのDVDを見かけなかったのだけが気になります。やっぱりあの膨大なネタの翻訳が大変なんでしょうか。原作がただでさえ小ネタの宝庫だというのに、アニメは1期からして、これでもかこれでもかとネタが詰め込まれましたしねぇ。

 ともあれ、日本でも台湾でも久米田先生の人気が続く事を願ってやみません。

拍手[3回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[10/18 Sandra]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード