忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1700] [1698] [1697] [1696] [1695] [1694] [1693] [1692] [1691] [1690] [1689]
表紙
・目が笑ってない笑顔ってのはよくありますけど、目が少しだけ笑ってる表情って珍しい。
・「あなたの声で、とろける幸せ。」というフレーズと合わせて見ると、またニヤニヤ度が上がります。隠しきれない内心が、目にこぼれて溢れる。


青い珊瑚礁2011
・毎度お馴染み、どこをどうやったらそんな物思いつくのか漫画でございました。
・お盆後の海はシャレにならない。
・「選抜前に告白してきやがって」あ。ちゃんとらぶこめなんだ。
・「貝の煮つけ食べる?」食べるものの選択肢がちょっとストレンジ。
・「アサシン・クリードみたいで格好いいよ」「……いやパーカーの話じゃなく」パーカーだけでも褒めてもらえて良かったね。
・「ついに俺にも水の切れ目が見えるようになったぞォ!!」クラゲ以外の毒も回ってるっぽいな。
・痛がる先輩がなかなかそそるな…とか思ってたら「…人がアナフィラキシーで苦しんでるのに…変態かお前は…」とお叱りをいただいてしまいました。
・オチがいつもどおりのヒドさで安心。この先輩の年頃には珍しくも男の生理を把握しつつ、それに対する措置があんまりです。


ほっとする女
・「じゃ」「僕がして欲しいことがわかるの?」「うちに来るのとあなたの部屋に行くのと」「どっちがいい?」飲み会でこれを言い当てられるのは超能力じゃない気がする。
・「おはよう」「朝ごはんあるよ」一度でいいからこんな起こされ方をしてみたかったものです。
・一見気の強そうなタイプに尽くされるのはたまらんなぁ。
・「あなたを失ったとき」「ただ悲しいだけだとやりきれないでしょ」「だから」「ほっとしたいのよ」出会いと別れを繰り返してきてると自然とそんな風に考えてしまうのかな。
・自分の知らん間に家に上がり込まれた上に「床だけ拭きそうじしといたから」かぁ。確かに「この女」「重い」と思ってしまう、カナ?
・「ほかに好きなひとができたの」「さよなら」勝手に去っていったのか、それとも自分が望んだから、向こうから別れを切り出してくれたのか。この別れ言葉は私のトラウマワードの1つだったんですが、この展開、当時の自分がどうだったのかを振り返るいいきっかけになりました。慮ってもらったのかな……?
・ほっとした、ってのは相手に依存しつつ、その依存から抜けられなくなる恐怖から解放されたから、なのか。それとも…。


ひたひた
・この漫画に関しては全裸に慣れてしまったので、贅沢なことにあまり有難味を感じなくなってしまいました罰当たりな私でございます。
・「塔の上の私」「半分開かない窓」「猫が一匹」「暗闇に続く下り階段」「水はたくさん」「お酒もたくさん」「食料も山いっぱい…」「毎日毎日…」「食べて…」「飲んで…」「そして寝る」堕落製造装置ですか。
・永遠に続くかと思われた安穏は、2匹めの猫によって破られる。
・闇を転げ落ちていく描写が手塚漫画みたいなコマ割りになってて思わずほっこりしました。
・塔の外、しかし、そこから先に進む術もなく。「しゃーないまた登るか…」という選択に。


14歳の恋
8話
・声変わりってのは男女差の明確な第一歩ですからな。互いにその違いを楽しむのもこの時期ならではな…くそう、このリア充どもめ。
・面白がる彼方と、戸惑う和樹と。大人っぽい2人の、無邪気なじゃれあい。
9話
・自分から「日野原先生好きだなー」って話を振っておいて、それに和樹が乗っかるとヤキモチ妬く彼方の厄介なこと。「えーっ」だよな和樹。お前は悪くない。ここで相手が望むような言葉をさらりと口にできるような天然ジゴロはちょっと。
・荒ぶる長井。こりゃあ「私だって怖いものは怖い!!」だわな。
・長井には彼方の大人スマイルも通用せず。まぁ、通用しない理由は後で判明するんですけど。
・理科室に和樹を見つけ、ほっとする彼方がかわいい。「やきもち?」「若干」とかは両方がかわいらしい。
・「あいつ」「鍵」「かけやがった」「日野原ぁあああ!!!」荒ぶってる荒ぶってる。
・携帯で呼び出されて王子様登場!まぁ、呼び出したのは長井ですけど。
・「彼方、行こ」「!?」「なっなまえで今」説明してないから、そりゃビックリするわな。
・日野原先生悪い女だなぁ。
・「あいつもこういう」「隠れてって同士で」そう。だから大人スマイルも通用せず。


あまあま
・また事後ですか。
・毎度おっさんな感想で申し訳ないですが、「内申を稼ぐ」っていう発想が懐かしい。にしても、文化祭実行委員って内申上がるのか。
・で、祐司も美咲を追っかけて文化祭実行委員に。「校内では会わないようにって言ってたのに」と突っ込むも、「まあいいじゃん」「美咲がやるなら俺も協力したいし」って返されて喜色を隠しきれない美咲がかわいい。
・名字で呼び合うのもスムーズなのな。
・隠していても、色に出りけり我が恋は、ですな。そんなことで?っていうことでギクシャクするのが何とも。
・うむ。この先輩とやらはダメだ。いきなり手握って「俺と付き合わない?」だもんな。美咲もイライラするわな。
・で。イライラを引きずったまま祐司の家へ。でも、押し倒した挙句「…こうじゃない」って。なにがなにやらだろう祐司。
・「祐司に隠しごとするのこんなしんどいとは…」「格好付けないで素直に相談しとけばよかった…」そう。何事もぶっちゃけた方が楽。
・「もうとっくにしたんだけどね」まだしも祐司の方が腹芸はうまいのかな。
・絡んでくる先輩に困る美咲。もうこの時点でダメなの分かれ、先輩とやら。
・そこを救い出す祐司。そして、美咲はようやく告白されたことを明かせる。「美咲は1人で頑張っちゃうからね」「二人のことなんだから今度からは二人で解決しよう」「ね」うむ。いい彼氏っぷりじゃのう。
・「宮本ガンバ」アホだけど良いヤツだな高梨。アホだけど。
・そして、大胆なラストシーン。お前ら…。


マイディア
第3話
・この手の話を3本続けて感想書くと『いじめか?いじめなのか?』と勝手に思い込んだり。すいません。ひがみっぽくって。しかも今回、出だしが出だしだし。
・「誕生日…過ぎちゃったけどお祝いしてもいいですか?」この会話って、付き合いだしたその年にしかできないんだよなぁ。我が妻はこういうしおらしいことは言ってくれなかった…あ、違う。付き合ってないのに誕生日プレゼントくれたんだった。
・「ならどこか出掛けようか」「次の日曜日空いてる?」「はい…」「どこ行きたい?」「先輩の誕生日だから」「先輩の好きな所がいいです」これ困るんだ。困るんだよ、そういう事言われると。センス問われるだろ。初デートの場所の選定がダメだからって理由でフラれたら一生その場所には行けなくなる。
・「私服で来る?」テンパってるのか、それとも素なのか。
・「見るのが楽しみだと思って」仕返しか。
・「てゆうか誕生日ならプレゼントもいるよね?」しかも友人が追い打ち。
・「何で誘おうとした事わかったんだろ」気が合うがゆえの偶然か、観察力の勝利か。
・「しびーな」いきなり温泉はちょっと。社会人じゃねーんだから。
・「ちゃんと考えろよ」「最初で最後かもしんねーぜ…」この友人もヒドいな。
・「好きなものとか好きな場所とか元々あんまりなかったし…」「つまんねェ奴…」「俺もそう思う…」「でもひとつだけできたからじゅうぶんだ」こいつ、言いよるわ。
・電話の会話を文字起こししようとしたらあまりの甘さに砂を吐きました。でろでろと。このやろう。
・「知らなかったけど」「電話越しの声は近くてあまい」ええ。ええ。さぞあまかろうや。
第4話
・「日頃の行いが……」「悪いのかな…」「悪いんだろうな…」突然の豪雨に、水も滴るイイオトコ状態。これは流石に気の毒。
・「ごめん」「携帯置いて出ちゃったから連絡できなくて…」お前、デートに携帯置いてくってどういう心構えだ。浮かれてたのか。
・急遽おうちデートに変更。人間万事塞翁が馬。「今日家に誰もいないから気を遣わなくていいですよ」だと?そりゃまぁドキドキするわな。もっとしておけ。
・「び」「び」「びっくりしたあ~~~」互いにな。
・「誰か帰ってるのー?」お母さん、ナチュラルな奇襲。
・「…わがままかもしれないけど」「顔あわせた時に一緒にいたら困る奴だって思われたくないんだ」「できるだけ真面目にしたいんだよ」「睦子にも睦子の家族にも」「…な?」うむ。その姿勢は大事だぞ。貫け。
・「せ…」「先輩は…」「私の彼氏なの…」ここの、ここの表情が絶品。ニヤニヤしながら眺めてしまう。見てて飽きない。
・「携帯わざと置いてきたんだ」「今日は二人だから」「家から電話があったら嫌だなって思って」この野郎。そういうことか!
・「ちゃんと…」「白い服着たんですけど…」「か…」「かわいいです…」全面降伏。もしくは全面幸福。
・「途方に暮れるほど」「好きだと思う人ができたんだ」存分に途方に暮れるがいい。


Spotted Flower
・祖母登場。そして、子供の命名権を委任。
・で、上がった名前がことごとく…。「まどか」「さやか」「マミ」「杏子」「ほむら」ばーさんの背景に浮かぶキャラたち。シュールな絵面だな、オイ。
・「愛花」「凛子」「寧々」アウト!ばーさんアウト!
・「千鶴」「梓」「楓」「初音」と思ったらもっとアウトなものが…。我がトラウマゲーじゃないか。
・「あんた本当はつけたい名前があるのに」「あの子に遠慮して言えないんじゃないかと思って…」「あんたの好みそうなのを調べてきたのだけど」本当に調べたのか?元々知ってたんじゃないのか?
・「…でもその…アニメから取るとか僕もするつもりないですし」「もホント普通で…奇をてらってなくていいですし」「お願いします」割とそんなもんだったりします。
・「有明 晴海はどうかしら」ダメです。


彼女
・「速報―」「先輩カノジョと別れたらしいよーッ」「うっそ」「やーりィ」二宮先生は女子のこういう面を綺麗なまでにすっぱり描きますな。
・軽薄な先輩の軽佻な言葉。それに乗っかれなかったけーこと、乗っかったよーこと。
・で、当然のように女子トイレで吊るし上げ開始。
・で、結局つきあってない、と。「なあんだ」「たいした男じゃないや」おっしゃるとおり。
・「時が経って」「先輩の顔ももう思い出せはしませんが」「彼女とは今も仲良しです」この先輩は1つだけいい事をしたね。


おわりのことば
・倉田さん三部作(勝手に命名)、完結編。
・してる時とそれ以外のギャップが大きい女性っていいですよね?異論は認める。
・「な?俺生かしといて正解だったろ?」「あとお前バスローブの下何か着とけ」「アレどこやったお前の色気の足らない挙句上下揃ってない下着」「すみません今命の恩人に私なぜか殺意が」私ゃこの殺伐としたピロートークが大好きです。
・居るよね、他人の小さいミスをいつまでも覚えててほじくり返す人。まぁ、この場合、決して小さくないミスだけど。データ入力する場合、コマメに保存しましょう。
・「…この人は」「私の内側に不意に素手で触れてくるから」「…そこがイヤだ。」こういう人に捕まると大変だよ。
・「…聞こえない様に言ったんだから」「いいんだよ、」悪い男。
・「…怖い、」「怖い」「怖い怖い怖い、」「怖い、」「…嫌だ、」これ以上のめり込んで、今の危ういギリギリのバランスを壊す事が、かな?
・笹原、札幌へ。家庭の事情がのしかかっての、自らの選択。
・「俺は、何もかも全部ぶっ壊してでも」「お前と、…とか考えなかった訳じゃねぇ」「…けどお前は」「周囲の奴を裏切った記憶に一生苦しむ性質だろう」こういう男だから、怖くて嫌だったんだろう。
・「誰も 代わりにならないと」「他の 誰でもなく」「あなたが必要なのだ、と」「あなたじゃなきゃだめなのだと思い知らされる、から」「わかっていた」「わかっていたから こうなってしまったのだ」関係の終わりに起きる走馬灯。
・「…信じて くれなくて構わねぇけど」「…俺は、」「…お前が大事だよ」「…泣かしたくないし、苦しい思いも させたいとは思わない」笹原の心の流血が見えるようだ。少しずつ、しかし確実に傷から滴る様が。
・「さよなら……」「……」重くて苦い、でも必要な言葉。
・「何で、」かかってくる、取るべきではない相手からの電話。
・「俺は、お前はどうか知らねェが」「俺はちゃんと一生忘れねぇ」「後悔もしねぇ」「俺がお前を—」「…に、なった事を」「…すみません あの 言いづらいんですけども」「肝心なとこ 風の音で全くもって聞こえませんで」今まで言わなかったことは、ちゃんと伝わらないようにできているのかもしれない。
・「あなたに」「かなしいことがないように」「くるしいことがないように」「私のものでなくても」「どこか遠く 決して抱きしめることのできない所に居ても」この祈りは言葉にされぬまま、心の奥底に秘められたまま。ひそやかに、祈り続けられていくのだろう。
・「忘れたくて 忘れたくて 心が軋む」「だけど」「想った記憶は ずっと 多分、」「たとえ一生」「その何かに微かに胸が疼くとしても。」消えない傷も、宝物にして。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[09/01 Sarah Carlson]
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード