忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1929] [1924] [1927] [1926] [1925] [1923] [1922] [1921] [1920] [1919] [1915]
アバン
八九寺真宵(以下真宵)「はい、というわけで全国100ミリオンのロリかっけぇみなさまコンバトラー!八九寺真宵です!!」
忍野忍(以下忍)「忍野忍じゃ」
真宵「今回は書き手が恐れ多くも二次創作でキャラクターコメンタリーに挑戦!という無謀な企画に我々が駆り出されてしまいました!」
忍「そういうわけじゃから、引き返すが吉じゃと儂は思うぞ」
真宵「正直私もあんまりお勧めできませんねぇ~。ま、時間があまってあまってしょうがない人向けでしょうか。あとですね。書き手からメッセージを預かっております。『セリフと画面の尺があちこち合わないと思いますが、その点はあらかじめご了承ください』だそうです」
忍「ずいぶんとなめくさっておる発言ではあるまいか?にしても、大体なんで儂らなんじゃ?もっと無難な組み合わせがあったじゃろうに」
真宵「そりゃもう、書き手の趣味100%ということで」
忍「…我があるじ様に優るとも劣らぬ真性の変態じゃのう」
真宵「ロリ怪異コンビなら頑張ったら何とか書ける、書けるように頑張れる、などと不遜極まりない事を考えていたようです。とか言っている間に画面のほう、随分進んじゃいましたねぇ」
忍「我があるじ様が戦場ヶ原ひたぎとやらに拉致監禁されて楽しく遊んでおるのう」
真宵「そう見えますか」
忍「随分楽しそうじゃとも。儂が影の中に潜んでおることをすっかり忘れておるかのようじゃ」
真宵「忍さんって結構変わってますよね」
忍「ほれ、『阿良々木くんは私が守るから』何ぞと言うておるし、これが睦みあいでなくてなんじゃ」
真宵「まぁ、そう言えなくもないですけど、何重にも手錠でくくられているのを見てすっぱりそう言いきれる人はさすがに少ないと思いますよ。だってホラ『愚かで虫のような阿良々木くん』とか言ってますし」
忍「これはほれ、アレじゃ。照れ隠しとかいうヤツじゃろう」
真宵「隠し方が伝説の秘宝級ですね~」
忍「めんどくさいことこの上ないのう」
真宵「忍さんはこのとき、阿良々木さんの影の中にいらっしゃったんですよね」
忍「そうじゃ。ちなみに感覚も共有しておるからあるじ様が殴られた時の痛みもしっかり味わっておる」
真宵「じゃあこのベロチューの時もですか!?」
忍「そうじゃ」
真宵「どんな気持ちなんですか?そういう時って」
忍「お主、それを聞いて一体どうするんじゃ?」
真宵「やだなぁ、好奇心ですよファンサービスですよ個人的な趣味ですよ」
忍「どれなんじゃ一体」
真宵「まぁ、なんだか法律とか条例とかが気になるのでその辺はスルーしときましょうか。で、忍さん。このとき阿良々木さんを助けなかったのは和解する前だったからですか?」
忍「そもそも儂は我があるじ様の手下でも便利な道具でもなんでもない。吸血鬼の絆というものはあるが、じゃからと言って相手の意を汲み取ったり先回りしたりして行動するような義理は何もないのじゃ」
真宵「そういうものですかー。なんだか複雑ですね。私のようなお子様にはさっぱりです。あ。ここ、手錠が肘に食い込んでますね。阿良々木さん我慢強いなー」
忍「やせ我慢の達人、じゃな」
真宵「それって褒め言葉なのかどうなのか微妙過ぎて判断が難しいですよね。ああでもそのせいでたまったストレスは全部私に向けられるんですよね。全部」
忍「全部ではない。そうじゃな、せいぜいがおおむね9割7分くらいじゃ」
真宵「それってほとんど全部じゃないですか!…で、聞くのがちょっと怖い気もするんですけどちなみにあとの3分はどこへ?」
忍「どこにもいかず、我があるじ様の心の奥底深くで澱のようにヘドロのようにたまり続けて行くのじゃ、そしていずれ…」
真宵「わー!わー!阿良々木さん!その残り3分も私にぶつけていいですから!!むしろぶつけてください!!この八九寺真宵に!!」
忍「ここでそんなことをわめいても伝わらんぞ」
真宵「冷静ですね忍さん。やっぱり600年生きてきた余裕ですか?阿良々木さんがどうにかなっちゃったら忍さんも困るんじゃないんですか?」
忍「さすがに困るようなことになる前にはどうにかするじゃろうが…」
真宵「あ、忍さん忍さん」
忍「なんじゃ?」
真宵「ここでアバン終了です!」


オープニングテーマ
真宵「さぁ、わたしの『帰り道』に優るとも劣らない名曲と言われる『二言目』ですね。歌うはヒロインの戦場ヶ原ひたぎさんです!そう言えば物語シリーズも全てがアニメ化決定しましたけど、忍さんもいずれ主題歌を歌われるんですかね?」
忍「さぁのう。儂の出番があるとすれば映画の『傷物語』あたりかのう」
真宵「どんな歌になるんでしょうね?」
忍「まぁ、見てのとおり儂はもともと日本人ではないので、英語で歌うというのもありかも知れんの」
真宵「自分で自分のハードルを上げてますけど、大丈夫ですか?」
忍「もっとハードルの高いものがあるぞ」
真宵「もっとですか?」
忍「そうじゃ」
真宵「どんなのです?」
忍「Mr.ドーナツとのコラボソングじゃ」
真宵「あー、それは確かに難しそうですねー」
忍「このあとの第十話でMr.ドーナツに行く話があるんじゃが、そこであれだけ堂々と実名を出してやっておるからのう。あっさりやってしまう可能性もあるが」
真宵「その場合やっぱりポケモンソングみたいにドーナツの名前を連呼したり!」
忍「もしくはひたすらドーナツの素晴らしさを滔々と説いてみたり」
真宵「…それをあの傷物語の主題歌に?それはさすがにいかがなものでしょうか」
忍「そもそも傷物語で儂が歌うと決まった訳でもないんだがの」
真宵「それはそうなんですけどね」
忍「と、いうところで歌が終わってしもうたの」
真宵「気がつけばまったく『二言目』の内容に触れませんでした!」
忍「む、やりなおすか?」
真宵「いえいえ、このままいきましょう。副音声でもほとんど触れてませんし」


Aパート
真宵「というわけでAパート開始です」
忍「太陽の出ている時間は儂は寝ておるからな。この辺で起きておることはほとんど知らんぞ」
真宵「まぁ、副音声のほうでもほとんど出番のないお二方がしゃべってますからいいんじゃないでしょうか」
忍「お主、副音声副音声とさっきから言っておるが、儂らは儂らで好きにやればよいであろうに」
真宵「いや、もう既にだいぶ好き勝手やっているような気が。というか、わたしが進行してますねさっきから」
忍「ん?儂が進行役だったのか?」
真宵「いえいえいえ。そういうことではなく。以前わたしが副音声をやらせていただいた時には羽川さんに進行役を丸投げしてしまっていたので」
忍「羽川と言うと、あの元委員長か」
真宵「元ではなく、今も委員長のようですよ…って、お話している間に、その羽川さんのこの巻唯一の出番をスルーしちゃいましたけど。もう画面には阿良々木さんの年下のほうの妹さん、月火さんが出てますね」
忍「おお、極小のほうの妹御か」
真宵「ご存知なんですよね」
忍「無論じゃ。我があるじ様と風呂に入っているところに踏み込まれたこともあるぞ」
真宵「お風呂に?お風呂ってあれですよね。浴槽があって、そこにお湯をためて全裸になってつかるお風呂ですよね?」
忍「そうじゃ」
真宵「阿良々木さんと一緒に入ったんですか?」
忍「そうじゃ。うらやましいか?」
真宵「いえいえいえ。そういう意味ではなくてですね。ブルーレイ・オア・DVDでは湯気が薄くなってたりするのかなーとか、色々考えてしまいました」
忍「なるかならんかは買って見てみんことには分からんのう」
真宵「さりげなく『買って』って入れましたね。そうですね。買ってください。なんだったら1枚と言わず2枚でも3枚でも」
忍「今、Amazonではブルーレイ版は再入荷の見込み無しということで注文すらできんがな」
真宵「お詳しいですね」
忍「台本に書いてあるんじゃ」
真宵「あったんですね、台本。ではそろそろまた画面に戻りましょうか」
忍「妹御が我があるじ様にリモコンを投げつけとるのう」
真宵「過激ですねー」
忍「まぁ、儂が我があるじ様と風呂に入っているのを見た時は包丁を持ち出したくらいじゃからのう。このくらいでは驚かぬが」
真宵「なんかもう、知らない人が読んだらどんなアニメなんだよってつっこまれること請け合いですね」
忍「どんなもなにもそのままの事が起きておるだけじゃ」
真宵「そうなんですよねー。お、そして今度は千石撫子さんのご登場ですね」
忍「我があるじ様には遠回しな表現というものが通用せんからのう。この女子も大変じゃ」
真宵「余裕ですね忍さん」
忍「まぁ、の。600年も生きておるとさすがにのう」
真宵「阿良々木さん、千石さんの家に妹さん連れて行こうとしてますね」
忍「悪意も何もなくこういう行動に出るところが、なんというか、天然じゃ」
真宵「月火さんが『友達の恋の邪魔はしたくない』って言っているのに『恋』を『来い』と聞き違える、なんてのも天然でなかったら許されない行為ですよね」
忍「天然でも許されんかも知れんぞ」
真宵「妹さんが、阿良々木さんの最近の行動の変化についてたずねてますが、これってあれですよね。吸血鬼の力が云々って奴ですよね」
忍「この直後にモノローグで考えとるのじゃが、こうやって考えていることがそのまま儂に伝わるということを、ここでは完全に忘れておるようじゃのう」
真宵「わたしには兄も妹も姉も弟もいないのでよく分からないんですが、ここで月火さんは、お兄ちゃんである阿良々木さんが遠くへ行ってしまうようでさみしい、ということが言いたいんでしょうか?」
忍「最後の『さみしい』には解釈が色々あっていいとは思うが、概ねその通りじゃろう」
真宵「大変ですね。阿良々木さんも、月火さんも」
忍「実際、弾みで殺してしまうことがあるかどうか、というのは儂にも分からん。不幸な事故というのは、吸血鬼であろうが人間であろうが起こりうるものじゃからな。お。儂の姿が映ったの。一瞬じゃったがな」
真宵「あ。続いて私です。逃げてー私逃げてー」
忍「Aパート終了じゃ」


Bパート
真宵「私を見つけた時の阿良々木さん、悪い顔してましたねぇ」
忍「獲物を見つけた時のケモノのような表情じゃのう」
真宵「まぁ、阿良々木さんにとってはそうなのかも知れませんけど。その割には言い訳し始めましたよ。しかも最低の部類の」
忍「こういうのもツンデレと言うのかのう」
真宵「ツンデレと言うよりも自己欺瞞のような気もしますけれども。やっぱりご自身でも欺瞞の必要な行為であるという自覚がおありなんでしょうか。にしてもこれは準備運動念入り過ぎませんか。これから競技会でも出る気ですか。何処まで乱暴狼藉の限りを尽くす気ですか。ああ、始まっちゃいました」
忍「この次の機会では儂がちょっとした機転を利かせてみたりもするんじゃがな」
真宵「もしかすると、この時の惨状を見るに見かねてのご配慮だったんでしょうか」
忍「それにしても『こら、暴れるな。パンツが脱がせにくいだろ』とはのう。世迷い言というか、正気では口にして欲しくない言葉じゃのう。これはなんというか、乱暴狼藉ここに極まれり、じゃ」
真宵「極まられてますね。まぁ、私も黙ってやられっぱなしじゃない訳ですけれども。3回ほど噛み付かせていただきました」
忍「そうされるだけのことをしておるからのう、我があるじ様は」
真宵「思わず私も電信柱に上って威嚇してしまいました」
忍「それでも、『よく見ろ僕だ』と言われれば爪と牙をおさめておるの」
真宵「まぁ、阿良々木さんがああいうことをなさる場合はごあいさつの一環ですから」
忍「いいのかのう、それで」
真宵「出来上がった関係性というのは、往々にして他者から見れば理解しがたいこともあるのです。たとえば」
忍「たとえば?」
真宵「そうですね。全くもって思いつきませんけど」
忍「思いつかんのかい!」
真宵「我ながらせっかくの前振りが台無しでしたね。まぁ、わたしが阿良々木さんの名前を毎回毎回間違えたりするのも同じくごあいさつの一環だったりするわけですけれども」
忍「儂がことあるごとにドーナツをねだるのと似たようなものかの」
真宵「それはちょっと違う気もしないではないですが、まぁいいです。おっと。世の中で一番大事なものの話になりましたよ!」
忍「金、のう」
真宵「おや、高貴なる吸血鬼にして闇の王たる忍さんはお金の話はお嫌いですか?お金には価値を見出せませんか?」
忍「いやいや、そんなことはない。ない、が。」
真宵「が、なんでしょう」
忍「ほれ、歌にもあるじゃろ」
真宵「歌、ですか?」
忍「うむ。♪おばけにゃ会社も〜仕事もなんにも無い、というやつじゃ。儂は金というものを稼いだ事も無いし、稼ごうと思った事も無い。そして、別になくても存在し続ける事が出来る。じゃから、お主が言っておる内容が、頭では理解出来るんじゃが、今イチよく分からん」
真宵「はぁ。随分古い歌をご存知ですね。まぁ、お金がなくても存在出来る、という意味では私も同じなのですが」
忍「我があるじ様は『お前には話してもいいのか』じゃと。お主、随分信頼されておるのう」
真宵「まぁ、この内容は誰にでもお話し出来るものではないでしょうし、浮遊霊の私が一番聞き役としては適していた、というだけなのでは」
忍「吸血鬼関連の話は儂自身に聞くのが一番簡単なんじゃが、まだこのころは儂と和解しておらんかったからの」
真宵「普通だったら年下の、というか年端もいかない私のような少女に相談ようなことではないと思われる内容ですが、この時は私も思うところを述べさせていただきました」
忍「『今!阿良々木さんに必要なのは、秘密を持ち続ける勇気!です』とは、良いことを言う」
真宵「これがのちのちの伏線になる、らしいんですけど、どうやらアニメではカットされてしまったみたいで…」
忍「それでも、我があるじ様の行動指針にはなっとるから、完全に無意味という事ではなかろう」
真宵「まぁ、アニメと小説ではどうしてもまったく同じには出来ないですからね」
忍「そこまでならいい話だったんじゃが、なんじゃ、ここからの流れは」
真宵「まぁ、真面目な話ばかりでは面白くないので、こういうお遊びもありませんと」
忍「『僕がいいというまで、お前の子供パンツを衆目にさらしてもらうぜ!』。真顔で何を言っておるのか、我があるじ様は」
真宵「まぁ、阿良々木さんなのでしょうがない、ということで。私、1人でふらふらしていると、こういう思考実験というか、言葉のお遊びをついつい普段から考えてしまうんですね」
忍「そして、こんなふうに活用する訳じゃな。儂もこの時期はずっとひとりでおる時間が長かった訳じゃが、そういう発想は無かったのう」
真宵「忍さんは普段どんな風に過ごしておられたんですか?」
忍「まぁ、そうじゃな。概ねドーナツの事でも考えていれば楽しく時は過ぎていくし、そもそも我があるじ様の影に潜んでおれば、いやでもあれこれと情報が入ってくる。退屈はせんよ」
真宵「そうか。忍さんは阿良々木さんの影に潜んでいて、情報も共有出来るんですよね」
忍「そうじゃ」
真宵「ちょっと面白そうですね」
忍「やってみたいかの?拉致監禁されたりするところとかも共有することになるが」
真宵「…遠慮します」
忍「遠慮深いやつじゃ」
真宵「遠慮深いのが取り柄の怪異、八九寺真宵です」
忍「む。我があるじ様が負けを認めたのう」
真宵「私、大勝利です。実際はこの後大逆転されてしまうんですが…。まさかこの時はあんなことになろうとは。というか、ここで私のパンツは結局阿良々木さんの目にさらされただけで、アニメをご覧の皆様には黒い影としてしか映らなかったんですね。ブルーレイならクッキリ出ると思ったのに!という皆様のお嘆きの声が聞こえてきそうです」
忍「あんまり聞きたくない声じゃ」
真宵「実際、第2話ではとある方の全裸が本に隠されていたテレビ版とは違ってハッキリ出たそうなんですけれども」
忍「『阿良々木さん、あなたは変態です!』これはいかな儂も否定できん。しかしこのあと、お主『カッコイイ!パンツくらいいくらでも見せてあげようというくらいカッコイイです!』じゃと。いくらなんでも簡単過ぎじゃろう」
真宵「いやでもこの時の阿良々木さんはそう言わせるだけの何かがあったんです」
忍「だまされておる」
真宵「だまされてますねぇ、私」
忍「逆立ちして勝ち誇る姿を見て我にかえっても良さそうなもんじゃが…まだだまされ続けておるの」
真宵「だまされつづけてますねぇ、私」
忍「というわけで、ようやく見るにたえない場面がようやく終わったわけじゃが」
真宵「お見せするのに忍びないシーンがやっと終わって、ちょっといいお話です」
忍「軽薄なあの小僧が居なくなってしまってから、この手の相談事を出来る相手がお主しかおらぬからのう」
真宵「お役に立てて光栄です」
忍「そして、我があるじ様が自分の都合を押し付ける相手は、自分か儂くらい、とはよく分かっておるではないか」
真宵「まぁ、先程も申しましたとおり私は時間だけはたっぷりありますので、与えられた情報を色々考えてしまうんですね。だから、他の皆さんよりちょっとだけ色々穿った言い方が出来るんだと思いますよ。本当にただそれだけです」
忍「我があるじ様が『他のやつにお前を助けるヒマなんて与えない』と言っておるが、お主、他に助けを求める相手はおるのか?」
真宵「居ませんね。強いて言うなら羽川さんくらいですけど」
忍「なのにこんなことを聞くのか」
真宵「ええ、まぁ。言葉にしたい事、言葉で聞きたい事ってありますから。というところで、私のチャーミングな笑顔で第1話無事終了です」


エンディングテーマ
忍「長かったような短かったような25分じゃったのう」
真宵「あとはClariSさんの歌うエンディングテーマ、『ナイショの話』をお楽しみください!」
忍「お楽しみください、ということはもう儂らはしゃべらんでいいのか?」
真宵「いえいえいえ、そういう意味ではなくてですね。さて。あとはこの歌と次回予告で終了な訳ですが、いかがでしたか忍さん」
忍「まぁ、何と言うか、よく最後までたどりつけたのう」
真宵「それは忍さんではなく書き手の感想なのでは?まぁ、私も同じ気持ちですけれども」
忍「まぁ、本物には遠く及ばぬ偽物、という点では間違いないところじゃ」
真宵「この大人気シリーズ作品の周辺に勝手に咲いてしまった徒花ということでお許しいただけると、いいですね。本当に」
忍「ま、心配せんでもこういうものは人目にも触れずこっそりと沈んでいくだけじゃ」
真宵「電子の海は広大ですからねぇ。一応、何らかの対策を考えているようではありますが」
忍「無駄じゃと思うが」
真宵「無駄でしょうねぇ。そもそも『アニメ偽物語 感想』で検索かけてもたどりつけない程度の存在ですからね。まぁ、書き手の自己満足で終わる事は間違いないかと」
忍「分かっていても書くあたり、業が深いのう」
真宵「書き手曰く『二次創作と言うのはそういうもの』だそうです」


次回予告
忍「それにしても、この予告編はコメントしづらいのう。本編と一切関係ない訳じゃし。ま、儂のときも本編の話は一切せずにドーナツの話をしたわけじゃが」
真宵「私は第九話の予告を担当させていただきましたが、その時はじゃんけんに物申させていただきました」
忍「伝統は引き継がんとな」
真宵「というわけで、まもなく映像も終了しますが、偽物語かれんビー(上)其ノ壹コメンタリー闇音声いかがでしたでしょうか。無謀な二次創作ということでお腹立ちになられる点も多々ございましたでしょうが、それにも関わらずここまでお読みいただきまして本当にありがとうございました」
忍「もうやらん、と言っておるようじゃが」
真宵「書き手は無節操ですから評判が良かったらやるかもしれませんねぇ。それではっ!お相手は」
忍「何かいいことあったらドーナツ!忍野忍と」
真宵「八九寺真宵でした!」



 というわけでゴールデンウィークを利用してなんとか第1話書きあがりました。きっかけはほんの思いつきで、ごくごく気軽に書き始めてしまったんですが、途中からようやく大変さに気付き、ひぃひぃ言いながらの作業になりましたが、それでも書き上げる事が出来たのでホッとしております。また終わらずに書きかけたちの墓場に放り込むようなことになったら目も当てられませんから。

 内容に関しましてはもう全方位に土下座するしかないものと自負しておりますが、それでも少しでもお楽しみいただけましたら幸いです。

 また、本文にもちょっと書きましたが、ブログという性質上ここにアップしても次第に後へ後へと流れていってしまいますので、pixivなりなんなりにもアップする事を計画中です。


 最後になりましたが、このようにつたない文章に励ましのお言葉を下さった皆様に感謝を捧げさせていただきます。本作が仕上がったのは何よりもそのお言葉の力のおかげでございます。ありがとうございました。

 ではでは。お目汚し、大変失礼致しました。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード