忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 時間かかったぁ…。ほとんど半日がかりです。面白かったんであれもこれもとネタを拾っているうちにとんでもない分量に。また携帯から見られなくなりそうです。

 ではどうぞ。


表紙
先生なんで傘2本?勘ぐっていい?勘ぐって勝手な話拵えてもいい?


ここにまで「売れたら3期」ですか。もう一セット買っちゃおうかなぁDVD。給料下がったけど。置き場に困ったら実家にでも送りつけましょうか。

カバー下
吉例開けないでよですが、開けてるのは絶命先生かな?なにげに後ろの視力検査機の文字が「しやふとさんにありがとう」とはさすが久米田先生。芸が細かい。

前巻までのあらすじ
余命62年ってのがリアルですな。昔あったゲーセンの余命当てゲームで出てきそうな数字です。
あれ。おかしいな。最初は「ナース服の可符香が云々」とか普通の感想書くはずだったのに…。

表3
突風が吹いてのサービスシーンですか?露になっているのは主に傘ですが。

目次
下の2人の構図、腐女子受けしそうっていったら怒られますかね。

第百二十一話 渡しの個人主義
・扉 藤沢と大磯の間は中塚になってますが、正しくは平塚。こういうのは手書きならではのミスですねぇ。次の版では直ってますかね。
・P7 こたつのなかではどんな壮絶なオフエアバトルが、とか勘ぐっちゃうのはナシですか。
・P8  「三万」達成に向けて何かできる事はないかなぁ。
・P10 「あけましておめでとうございます」あでやか絶望少女達。
・P11 「つべこべ言わずに、行きますよ。」千里の立ち位置が世話女房からおかんになりつつあるような。
・P11 「ほうらやっぱり出くわした」後ろの人ごみにきよ彦が。
・P12 「満塁たすきです!」野球ネタありがとうございます。
・P12 「四球を連発してから渡されるたすきです」「渡されるほうはたまったもんじゃありません」見てるほうもな!いや、マジで。
・P13 「役伝です!」昔、液出んだかマラ損だかいうようなネタをどこかで眼にしたような…いや、すいません。忘れます。
・P14 「ジル&ジール」なにこの結婚式の引出物。
・P14 「うまく線を修正しておいて」正月になんつー格好ですか藤吉さん。彼女はナチュラルにえろい気がする。
・P15 「これを、どう、きっちり修正しろって言うのよ!」なにげにどんどん千里の漫画スキルが上がってませんか?これで将来千里が漫画家になっちゃったら落語のあくび指南ですな。
・P16 「そこでたすきを渡すなよって感じです」つながれるほうもどうかと思うが。
・P17 「お役所とかもつなぐつなぐ」私は末端なのでたらいまわしの行きつく先でした。回されてきた方にはお気の毒ですが。
・P18 「2代目絶望先生」パッと見、千里と先生の要素が入っていたので未来から連れてきた2人の子供かと思いました。
・P19 なんでも先生の真似をする千里。

第百二十二話 断崖の比較
・扉 マ太郎やらかいな。
・P21 「成人式」もう暦が一回り前の話になってしまいました。すいません。こんな歳なのに少年漫画のブログとかやっててすいません。
・P23 「よくやってますよ2代目」「どーしても初代と比べられてしまいますからね」それはマリーンズファンがジョニーと清水直行を比べてしまったのと同様に。まぁ、逆に先代がふがいない場合はかえって何やっても高評価、みたいなところもありますけどね。
・P24 「人としては初代と比べてマシなんだけどね」そんなにひどかったっけ初代。
・P24 「ぜひ我々で2代目を盛り上げていこうかと思ってな」「初代に対する、嫌がらせね。」倫様…。
・P25 「ホイッスルに比べてまだまだだな」こういうときの藤吉さんの表情はサディスティンでステキなのですが、対人には発揮されないんですよね。
・P26 「ジャンルも対象も規模も違うのに比べられる不思議!」プロ野球とJリーグの観客動員ですか。
・P26 「特定アニメ物差し!」絶望先生が物差しになってしまったのでもやしもんDVD4巻おまけの暴走がぬるく感じました。
・P28 「埼玉の人の使う千葉と比べて物差し」チバタマネタですか。「海がないくせに」っていうと大概の埼玉県民は口をつぐみます。しかし、かなり深く傷つける事もあるのでよっぽどの事がない限り言わないようにして下さい。
・P28 「昭和30年代物差し」言ってしまえば無い物ねだりと年寄りのノスタルジーだけど、少なくとも資料映像見る限りテレビ番組は今より面白かった気がします。
・P28 「巨人V9の時と比べて物差し」野球ネタありがとうございます。5番末次はV9の後半ですね。
・P29 「これは、昔の彼女と比べて物差し!」「うわああっ最低ー!」歳食ってくると「あいつよりはマシか」という使い方をするようになりますよ。
・P30 「我々には良い物差しがあるじゃないですか」「なるほど、普通だものね」藤子F先生の短編集にそんな漫画がありましたな。ちょうど日本人の平均をナチュラルに実践する一家の話。
・P30 「奈美ちゃんと比べて可符香ちゃん声カワイイよね」「奈美ちゃんと比べて、マ太郎歌上手よね。」新谷さんがご立腹したこの部分。
・P30 「なんでも私と比べるな!」ごめん、便利だからつい。
・P31 「もう少し前のほうがより良かったですよ2代目」いつもの流れなら、千里が「どれもこれも偏った物差しで、間違っている!」って言っていた部分が本来は「絶望した!」が来る流れかな。
・P31 「ふっ」先生嬉しそう。
・P32 「おっぱいに絶望した!」服の上からシャツ着ちゃうし、我慢しない独自路線を貫くタイプか。たしかに3代目っぽい。
・P32 「物差し1本しか持ってない人の起源認定って痛いですよね」まとい、実は毒舌キャラ。
・P33 4代目は一旧さん、5代目は北欧、6代目は久藤君、7・8・9と例のトリオ、10代目が万世橋君、11代目は…誰?そして12代目が時田に回ってきて、先生に帰る、と。

第百二十三話 ガマンネスク
・扉 愛が…重い!重すぎる。もはやコレクターっつーよりも考古学の域に。
・P35 「我慢比べかぁ。」「すごいなぁ。」千里はどっちかってーと我慢させるほうだからね。
・P36 「13代目絶望先生」おかえり先生。
・P37 「我慢しないカッコ」ベクトルこそ違えどメインユースがユニクロな私もやってる事は一緒ですかそうですか。
・P37〜8 「ことのんのブログが炎上してます!」「我慢しないで思った事書くから!」うち、特に我慢してないけど炎上しないなぁ。
・P39 「あるイミ忘年会とか我慢しない大会」でも部下後輩にとっては我慢大会。
・P40 「我慢しないで出した時のリスクを考えたらフツー出せません!」「きよ彦の事かああ!」何と言う切ない自白。
・P41 「抱き枕まで我慢しないのは無理だぁああ!」「オレが買えるのはキャラ入りのシーツまでだよ!」差が分かりません。まぁ、あびるも「それは買えるんだ」って突っ込んでますが。
・P41 「痛車」ぜひどなたか佐之助痛車つくって新谷さんを乗せてあげて下さい。さのすけ痛車でもいいですが、その場合は私を乗せて下さい。
・P42 「チケット欲しいのを我慢しないくらべです!」昔トワイライトエクスプレスという寝台特急のきっぷをこうやって落札しました。でも後悔してません。
・P43 「我慢しない恋で」それでもだいぶ我慢を強いてる気がする。
・P43 「我慢しないで侵入したり!」これで短いのが1本書けないかと思案中。
・P44 「あの国とあの国とあの国の日本への我慢しない要求ダネ」最近は日本も我慢しないでノーと言えるようになってきた気もしますが、まだまだですね。
・P45 「先生にはぜひ我慢しない人気取りをやっていただきたいのです」一番効果的なのってなんだろう。やっぱり久藤君と絡む事ですか?
・P46 「チキンチキン」このマ太郎下さい。
・P46 「あなたたちもせっかく数いるんだから我慢しないキャラ設定にしたらどうですか!幼なじみとか」「そう言われても」この作品はだいぶ我慢しないキャラ設定だと思うけどなぁ。
・P47 「ライオン おはようからおやすみまで暮らしを見つめる習性をもつ。」あびるの無邪気な表情をスルーしてこっちに突っ込む私も我慢してません。

第百二十四話 尼になった急場
・扉 先生のために夜なべをする千里。やっぱりおかんきゃらな気がする…。
・P49 「急場しのぎじゃあ、学も身につかないでしょうに。」だからと言って7年も大学にいるのもどうかと思うが。
・P50 「急場しのぎ力」どなたかお客様の中でリリーフができる方はいらっしゃいませんか?になっているマリーンズにはないものですね。
・P51 「実は今日私の誕生日なんだ」おめでとう奈美。お祝いに新谷さんのCDでも買ってこようかな。
・P51 「何かお祝いしないとね」「ちょっと待ってて」なんだかんだ言っていいヤツぞろいだよこのクラス。
・P52 「こ‥‥これ」このポーズのフィギュアが欲しいです。
・P52 「ずらっ」マ太郎の机の上のほうが豪華な気がするのは気のせいですか。 
・P53 「そうだ私には歌があるじゃないか!」そろそろ奈美は可符香の歌そのものがトラウマに。
・P53 「私的にはしのげてないと思います」しのぐ必要がないと思われてないだけマシだと思う。
・P54 「このコピー本で来週のオンリーイベントなんとかしのげるわ!」自宅コピーでないのは資金切れかな?
・P54 「それは急場しのぎになってませんから!」大草さんならお金貸してあげたい。返ってくる当てないけど。
・P55 「すいませんすいません!しっとりして皆さんに御迷惑をおかけして!」大サービス。お母さんGJ!
・P56 「先生 どんどん女の人を愛せなくなりそうです」前にも書きましたが、こういう事言うと喜んじゃう方々が。
・P57 「教育委員会の方が視察に?大変‥‥、きちんとフルメイクしないと。」「むしろフルメイクなんてしたらマズイのでは」普通の言う通り。というか、きちんとフルメイクしないとなんて言う感覚が既に28歳。すっぴんでもじゅうぶんだよ。
 あと、うちのことえり、「刺殺」って出してくれました。
・P57 「おっしくらまんじゅう!おっされてなっくなあ!」先生の置かれた現状を端的に現したコマですね。周りからよってたかってな割には自分からは何もできない。
・P58 なにげに先生の血の痕が日本地図。
・P60 「2のへ人形」どれか1つもらえるとしたら加賀ちゃんかなぁ。当然教室にいない霧のはないわけですが、ちょっと見てみたかったですね。
・P61 逃げただけなのか悪い子だから置き換えられたのか。

第百二十五話 東方節分録
・扉 右上から「ニコス」「アマゾン」「イオ」「アニメイト」「コスモ」「エネオ」「図書」「iTMS」「ふみ」「CR」「テレカ」「パスモ」「スイカ」「エディ」「ハイウェイ」「クオカ」「ラガール」「オレンジ」「キタカ」「P・J」「wiiポイント」「スゴカ」「スルッと関西」「イコカ」「トイカ」
・P63 「鬼は外ー」元外相や前首相のとなりとはいいポジションだな先生。
・P64 「厄祓いなんてしてしまったら元々少ないネタがさらになくなり来週からこんなぬるい話になって存在意義がなくなりますよ」ネコを拾う話とパンを焼く話を読んでみたいです。ネコのほうはアニメ化も希望。ネコの声も神谷さんでぜひ。
・P65 「実際役者さんとかも役を祓ってしまうからと厄祓いをしないらしいね」雀士もね。
・P65 「むしろ先生に厄を!」「先生にネタを!」「痛っ!」今更だけどヒドいなお前ら。
・P66 「前ばらいのプリペイド厄除けカードだ」要は神社仏閣のお札オマモリと一緒ですよね。
・P67 「厄が来てからでは遅いではないですか」間違ってない、間違ってないけど。
・P67 「買います!」「そのカードください!」兄妹でも売り買いするのか。この辺はちゃんとしてますな糸色家。
・P68 「危ないところでしたお兄様!」「今度は地割れに飲み込まれるところでしたわ!」「前払いしておいて良かったぁあ!」仲良いなお前ら。というか、ここまで来ると先生がサクラにしか見えない。
・P69 「それって、単行本126巻まで出ますので、52920円前ばらいしろって言ってるようなものよね!」出るんなら出してもいいけどね。
・P69 「また私を騙しましたね倫!」「気づくの遅いよ」その上気づき方が倫様の笑いだからなぁ。甘い兄だ。
・P70 「巷に溢れるシャドーボクシングの数々」真田さん大喜びの大ゴマ。
・P72 「あれデマだったんでしょう」うちにも関西方面が山口方面に書き変わっただけであとは全く同じものが来ました。なんだったんでしょうね、アレ。
・P75 「バカには見えない服だぜ」バカだから見えませんでした。もっとバカな人にはぱんつも見えていないに違いない。

第百二十六話 あまい姫
・扉 キューティーカエレ。そしてなんでかアメコミ風。
・P77 「糸色製菓 今年も工場へ招待中」また今年も童貞限定ですかそうですか。
・P78 「4年に一度だったら相当盛り上がると思うんですよね」まぁ確かに。でもそのうち製菓会社は毎年やった上で「今年は4年に一度の当たり年」とか言い出しかねないと思うんですがどうでしょうか。
・P79 「はいっ先生」「4年に一度と言わずどーぞ」奈美かわいいぞ奈美。
・P79 「千里ちゃんのハートチョコきっちりしてそう」「もちろん、正確無比よ。」ハートチョコであってハートマークチョコではないところがミソですな。
・P81 「今年はいっぱいもらえて良かったですね」「これはハニートラップじゃあないんですか?」そういう事言うとまた来年もらえなくてすんすん泣く羽目になりますよ。
・P82 「恥ずかしい姿の決定的瞬間を写真におさめ」むしろこれが主目的だったりするぞこいつら。
・P85 「キョーミねーよ駄立体に」まぁ、フィギュアが16億円で落札されるご時世だからなぁ。
・P86 「ねえ ボク お姉さんとイイ事しない?」日本語お上手ですね。でも教材が古いからか、ちょっと古典に過ぎるかな。
・P87 「チベット弾圧」「文化大革命」一応拾っておきます。以前も書きましたがこのブログは戦前からの友好国チベットを応援しています。
・P87 「二次元ハニートラップ」「兄さんハ●ヒのレアグッズあるよ」アキバやポンバシには実際にいるからなぁこういう人。
・P88 「涼官ハヒル」以前も書きましたが、漢字発祥の国のくせに漢字間違えんな。
・P89 「本国より最新のアイテムが届きました」てかさ。そっちの工場でグッズ作ってるんだからちょろまかしてきなさいな。

第百二十七話 落園への道
・扉 映画篇のポスターみたい。で、中央を占める奈美の手にはめられたグローブに「平凡」の文字。平凡パンチって言いたいんですかそうですか。
・P92 「合格グッズ」ダジャレGメンに摘発してもらいたいものばかりですな。
・P94 「伸びすぎでしょう!」でも似合ってる。
・P95 「今日のラッキーカラーは黒だからな。ゲン担ぎだよ」赤や黄色や黒や白はいいけど青や緑はどうする気だ。
・P95 「イチローの試合が観れない(サブロー・シローはもっとダメ)」連載時にも書きましたがもう一回拾わせて下さい。サブローシローは大村三郎と寺本四郎に見えて仕方ありません。あと、調べたところ寺本は現在故郷でスポーツバーを経営しているとか。ガンガレ俺たちの四郎。
・P97 「やっかいな生徒さんたちから逃れて少し1人で静かに余生を送りたいと思ってたんですよ」「なにやせ我慢言ってるんだ!さみしいぞ独房は!」今は独房を希望する被収容者が増えてます。おかげでどこの施設も個室が足りません。
・P98 「私がいますから」真田さんに気を使った中ゴマ?
・P98 「この厳重な警備をかいくぐりついて来たと言うのか!?」「ただのディープラブですよ」謙遜じゃなくて単なる事実なのがなぁ。
・P98 「はてこれは?」先生じゃなくてまといに巻いてあるのが意味深。2人っきりにはさせないぞ、って言う事ですかね。
・P99 「私じゃムリ」「行けっ。」「ええーっ!?」仲良いなお前ら。
・P100〜101 単行本書き下ろしの大サービスページ。マガジンでは遠慮して映ってなかった加賀ちゃんまで出ておりました。実は石頭なんですね。
・P102 「カギが勝手に開きました!」今回一番ヒドいセリフ。
・P102 「せんせ逃げましょう!邪魔女たちが来る前に!」邪魔女なんだよなやっぱり。
・P104 「受験生よお買い求めください!」「縁起いいですよ!」「オチないです!」そうかなぁ。
・P104 「すべっているのはナイショなのナ」黒マ太郎。
・P105 「一通中一人の方が合格して現在のところ合格率100%です」突っ込み待ちだなここ。

第百二十八話 マディソン郡のはしか
・扉 絶望角散だ。あと、なにげに橋龍ポマードの広告が。
・P107 「はしか流行か」アニメを見ての影響かも知れませんが、霧がどんどんえろすに感じるように。
・P108 「3丁目のみよちゃん(5)がはしかにかかってるそうよ」「今夜そのお家にお泊まりして伝染されてらっしゃい」トンデモ発言だよなぁ。
・P108 「作らず 連れ込ませず 宿直室」伏線。
・P109 「大人になってからかかるはしかはたちが悪いのです」
・P110 「はしかやっとけ!」かかる必要のないはしかなのでは?というかこの手のものに抗体ってできないと思う。
・P110 「どうしたんですかアレ」「万世橋くんにお借りしました」あいつ、いいやつだよな。
・P111 「要するに抗体をつけておけと」「マイナスの情操教育です」決して褒めてない。勧めてない。
・P112 「売れちゃうと全てのクリエーターがやる気を失うものってありますよね」その手の、毎年いくつか出てきてる。というか最近その割合が増してないですかね。
・P113 「今のうちにボインタッチしておかないと交くん大人になってからだと捕まるよ」「死刑になるのか!?」子供って捕まる=死刑っていう図式があるよね。てか、ボインタッチって単語、20年ぶりくらいに眼にしましたよ。
・P113 「初心者は小さい胸から触るといいよ」「これか」これかじゃねーっての。てか可符香のでも(ry
・P114 「ヨクナイノデス」「オパイヲサワルノワヨクナイノデス」何をしたんだ千里。何をされたんだ交。
・P115 「子供のうちに軽い悪徳商法に引っ掛かっておくといいですよ」「大人になってからかかるとそれはもう‥‥」その洗剤一個買おうか?
・P116 「隣の校舎の一年生です」先生だますためなら何でもします。
・P116 「まとい、あびる、千里」三者三様でおもしろいなぁ(棒)。
・P117 「はしか♡」「はしか♡」ハートマークちゃんと出てるかな。みんな嬉しそう。
・P118 「ぷんすか」伏線回収。
・P119 「肉人形遊び」天日で3日干す時点で遊びじゃない気がします。

第百二十九話 おろしや国タイム譚
・扉 上の5つは千里がモデルかな?元外相ときよ彦もいますね。
・P121 「ぜーぜー」ごめん。こんな時までえろく見える。
・P121 「薬効かないのか!?」すっかり家族だね。
・P123 「食べてから満腹感抱くまでの時間とか」なので腹八分が大事なのです。八分でやめておくと、ちょうど満腹になるそうです。私は守ってませんが。
・P124 「ニヤマリ」藤吉さん怖いよ藤吉さん。
・P125 「アレとか」長いよ!
・P127 「新製品ですお一ついかがですかー」大草さん‥‥。
・P128 「その時気づきましょうよヘンな大人は」無事で良かったよね。
・P128 「いつ?」「6か月前です!」加賀ちゃん記憶力いいよね。
・P129 「その時きっちり申し訳ないと思いなさいよ!」スコップと山火事の相関関係についてkwsk。
・P129 「7年殺しとかもナ」マ太郎が言うとちょっとドキッとする。手つきが手つきだけに余計。
・P130 「7年笑いです」その時40です私。40なって思い出し笑いはちょっとなぁ。
・P130 「Uボートだ!」何を見ている何を。
・P131 「逆タイムラグってのもありますから」発表前から受賞者が分かってたりとかですね。わかります。
・P132 「7年前(2001年)からオチきたヨ」生きてて良かった。
・P133 「学生証」田中陽子って適当に付けたんですか。いや、まぁ。アイドル天使かなにかから引っ張って来たのかなと邪推した私が悪いんですが。にしても美人ですね。好みです。だから羽美に狙われちゃったのかな。

第百三十話 負けたの草子
この回からマガジン断ちをしているので大変新鮮です。
・扉  なんという近江兄弟社。大草さん、いくらなんでも戦場でまでバイトですか…。
・P137 「ありがとうございますご主人さま とても嬉しいです」これ、可符香ですよね。隣の校舎の一年生バージョンの。変装しているのはこっちのほうがウケがいいからか、それとも以前先生に見つかって指導されたからか。
・P138 「どっちも負けです!」油断するとすぐに勝者なき戦いになってしまいますよ。
・P138 「千葉と埼玉の都会比べ」またチバタマねたです。そりゃあどっちも神奈川県にはかないませんとも。ええ。でもウォーカーがあるのは埼玉じゃなくて千葉のほうだからな!
・P140 「2軍の通算ホームラン王争い」大爆笑。野球ネタありがとうございます。この件に興味がおありの方は斉藤浩行とか大森剛とかの名前でググってみるといい事ありますよ、きっと。
・P140 「女スパイ」埴寅さん(仮名)仕事してるね。
・P141 「どっちのカップリングが優れているか、の論争です」腐女子の方々には死活問題なんでしょうけど。
・P142 「勝者なき論争が繰り広げられているのです!」10年くらい前までは私も似たような事をしょっちゅうやってました。さすがにアイドルとどうこうとかいう話題じゃなかったですがしょーもない事ではご同様。
・P143〜4 「あと同じ日に発売するライバル誌とかも‥‥」「どちらも勝ちですよ」「ですよねえ」「でたチキン」週刊誌って言ってないからセーフ。あと、なにげにずーっとついてきて、このセリフが最後の奈美。
・P146 「なんというズブズブ」ズブズブって谷井さんの声で聴くとたまりませんかそうですか。
・P146 「メシ食ってく?」生々しいな。
・P147 「オマエどっちにも負けなのナ」「どっちにもとはどちら様とどちら様の事でしょうか?」小学館のほうと講談社のほうでいいのかな?いいんだよね?
・P147 「義務一覧」チェックリストあるんだ。

絶望学級通信
不思議の国のきっちりちゃん特集良かったです。あと、今集のキャスバル、たいへんよくできました。素直に拍手。

紙ブログ
フグは竹田さんのおごりでしたか。正確には講談社の経費なんでしょうけども。ロス疑惑からのポロロッカはネタだとしても事実だとしても秀逸です。あと、元々今年は台湾に行く予定を立てていたので、サイン会がほんとうにあるなら日程をあわせます。ここにもレポート上げます。

おまけまんが
貴重なゆるい千里とかまといや霧の制服姿とかなにげにサービスが多かったですよね。
・P159 「クロスレビュー」よく研究されててお見事でした。あと、この奈美なら結構勝負できる気がする。
・P160 「ドラマ化ネタのリアル風にした絵」これは誰がモデルなんでしょうか。私あまり詳しくないんですが、今のドラマはたいがいいけめんがやるというのが相場と聞いておりますが。
・P160 「ラッピングバス」あずまんが大王のアレが嚆矢かな。衝撃的でしたねぇ。
・P160 「水道局のポスター」ナコルルが元祖。あのときは三鷹市に納税したくなりました。
・P160 「橋になる」これはコナンですね。鬼太郎もあるのかな。やってるのが島根と鳥取というところになにかを感じてしまいます。
・P160 「そら、テンション下がるわぁあ!」ここの千里、耳が目に見えた。絶対今夜の夢に出てくる。

ー絶望児童文学集ー
「トムソーヤの暴言」アニメニモマケズじゃない!なぜ?
「レベッカ・サッチャー」フォークランドでアルゼンチンともやり合うぜ!みたいな?
「とりあえず二億」円?ドル?ルピア?

裏表紙
加害届けって。加賀ちゃんよりも手に持った紙に目がいくとは…。
しかも「単行本13巻って書いてあるけど、十三集だろ!」とか分けのわからないところに突っ込み入れたりしてすいません。

カバー下裏
お約束。というか久米田先生頑張りすぎ。やっぱりもう一冊買おうかな、という気持ちにさせられたので私の負けです。

拍手[0回]

PR

コメント
さよなら絶望先生第十三集
読後レビューお疲れ様です。
絶望大殺界より先にこちらへレス。

まずコミックスで追う派の方には残念なお知らせ。
第十三集は本誌連載時の第百二十九話「花係の森(はなががりのもり)」が未収録となっています。
よって以降の話が一話ずつ繰り上がり第百二十九話が「おろしや国タイム譚」(雑誌掲載時第百三十話)第百三十話が「負けたの草子」(雑誌掲載時第百三十一話)となっています。
未収録の理由は定かでは有りませんが、ネタ的にまずかったのだろうか?
第十二集の「きよ彦」未収録問題とは、次元が違うことは確か。第十四集の巻頭に来るのでは?という憶測も流れている模様。

第百二十二話 断崖の比較
>「物差し1本しか持ってない人の起源認定って痛いですよね」まとい、実は毒舌キャラ。
批評家とか評論家と名のつく輩に得てして多いですね。

第百二十三話 ガマンネスク
>「13代目絶望先生」おかえり先生。
十三集で十三代目。狙ったのだろうか?

>「ことのんのブログが炎上してます!」「我慢しないで思った事書くから!」うち、特に我慢してないけど炎上しないなぁ。
あまりに常軌を逸した発言、行動のアップがブログ炎上の元となります。

>「我慢しないで侵入したり!」これで短いのが1本書けないかと思案中。
ネタかぶりの予感が。。。

第百二十四話 尼になった急場
>「2のへ人形」どれか1つもらえるとしたら加賀ちゃんかなぁ
私はあびるを。

第百二十六話 あまい姫
>「二次元ハニートラップ」「兄さんハ●ヒのレアグッズあるよ」アキバやポンバシには実際にいるからなぁこういう人。
残念ながら大須にはいません(ry


第百二十八話 マディソン郡のはしか
>「はしか流行か」アニメを見ての影響かも知れませんが、霧がどんどんえろすに感じるように。
原作読みながら脳内でダメ音感が台詞をボイス変換してくれているようです自分。アニメ繰り返し見た影響ですかねぇ?

>「どうしたんですかアレ」「万世橋くんにお借りしました」あいつ、いいやつだよな。
硬派なオタク万世橋君。妹の件は水に流してあげようかw

>「子供のうちに軽い悪徳商法に引っ掛かっておくといいですよ」
駄菓子屋のアタリを抜かれたクジ箱とか、縁日のカラーひよことか、型抜きでしょうかね?
最近ではUFOキャッチャーのアームの爪の弱さとかね。

>「はしか?」「はしか?」
もう先生のぶっとい注射で(以下略。ああ、こんな思考しか浮かばないのはもう末期。

第百二十九話 おろしや国タイム譚
>現在この話とあと数話をミックスして漫画もどきを制作中。オンリーイベントに行けない(出せない内容)なので冬コミあたりになんとかなれば。ああ、それ前にアレも早く発刊しないと。

>「新製品ですお一ついかがですかー」大草さん‥‥。
このページの右下のコマ。本誌掲載時になかった「おもひだしむらむら」「ぱーん」の追加。
は、さておき、この先も大草さんのアルバイトコスシリーズなんぞやってくれませんかねぇ?

>「7年殺しとかもナ」マ太郎が言うとちょっとドキッとする。手つきが手つきだけに余計。
とりいかずよしですねぇ。トイレット博士ですねぇ。

第百三十話 負けたの草子

>「どっちのカップリングが優れているか、の論争です」腐女子の方々には死活問題なんでしょうけど。
その昔、知り合いにデビデビの腐向けイラストなど描いてその方面のブースにお邪魔したことがあるのですが、島(ブースの机の並び)は完全にカップリング分けがなされてましたね。同じ題材なのにカップリングの受け攻めが違うだけで寄りつこうともしてなかったのを思い出しました。ちなみに私はイオソー(イオスxソード)を寄稿しました。

>おまけまんが
楽屋モノの系統ですね。まとわないまといや引き籠もってない霧ちゃんや。ふたりの制服姿はかえって新鮮でしたねぇ。なにやら沸々とわき上がっています(ぇ
どうやら本誌掲載百三十八話とかすかにリンクしてる模様です。

アニメ終わっても続く連載
ストーリーモノで連載中の作品がアニメになると原作はろくな方向に進まない&終わり方をしないことが多いように思います。もう犬○叉も終わって良いでしょうに。

>「三鷹水道局のポスター」
ご多分に漏れず私は綾波レイで三鷹市に(以下略
【2008/05/18 21:13】 NAME[神楽坂隼人] WEBLINK[] EDIT[]
無題
>神楽坂隼人さん
いつもありがとうございます。

>花係の森
そう言えば載ってませんでしたね。
一説には今回落園への道で2ページ増やしたから、もともと2ページ増だった花係の森を次巻に回したとか。事実かどうかは第十四集が出てみるまで分かりませんが。

>批評家評論家
複数持っている場合は得てしてダブルスタンダードです。どっちに転んでもそんなのしかいないのか…。

>あまりに常軌を逸した発言、行動のアップがブログ炎上の元となります。
…常軌を逸した行動は取ってる気がするんですが。主にもう1つのブログのほうですけど。「徳島県に行った事がないから」というだけの理由でふらっと出かけてみるとか。

>ネタかぶりの予感が。。。
かぶったらかぶったでその差異を楽しむのがいいのではないかと。
以前T.Nさんと同じネタで競作しましたが、ああいうのも面白かったですし。

>残念ながら大須にはいません(ry
不逞外国人が少ないのは治安的には良い事なんですが、ちょっと物足りなさを感じるのは何故でしょう。

>妹の件
ああ。ありましたねぇ。水に流しても彼の事だから「また同じ場面に遭遇したら同じ事をする」って断言しそうな気がしますが。

>UFOキャッチャーのアーム
大人になってからもいまだに引っ掛かります。先日も嫁がどうしても欲しがる巨大オリゼーぬいぐるみを大金はたいて捕獲する羽目に。

>先生のぶっとい注射で
はしかが悪化しそうな気がするんですが気のせいですかそうですか。

>オンリーイベント
リンクをはらせていただいたあれですな。記念誌に投稿しようかどうしようか迷い中です。で、そちらに出せない内容という事はアレですな。

>アルバイトコスシリーズ
倫様がヒロインの声やっていたロボットアニメ(ウィングじゃないほうです)を思い出しました。

>カップリング
これはうちの嫁が同人女なので大変よく分かります。

>ストーリーモノで連載中の作品がアニメになると原作はろくな方向に進まない&終わり方しない
概ね同意です。ハガレンはその法則を破れるかが注目されます。
【2008/05/19 22:17】 NAME[ふさ千明@管理人] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード