忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ずらっとならんだ急場しのぎの誕生日プレゼントと、マリアちゃんのクラス内ODAを見比べて、ちょっとため息。
そしたら
「まぁ、こういうのは気持ちが大事ですから」
と、先生がフォローをいれてくれた。
「で、先生はなにをくれるんですか?」
「?」
「まさか、用意してなかった、なんて言いませんよね?」
ちょっと意地悪な気持ちになって、にやにやする。
「それとも急場しのぎ力を見せてくれるんですか?」
ほんとうになにも用意されてなかったら絶対へこむくせに、そんな事ないって分かってるから、にやにやできる。
「何が欲しいですか?」
「え?もしかしてほんとうに用意してないんですか?」
「いえいえ。用意していたものとは別に、希望の物をもう1つプレゼントしますよ」
「いいんですか?」
「もちろんです。今日の出来事はあんまりですからね」
やっぱり先生優しいな。
「じゃあ、先生と大人のデートがしてみたいです」
「いいですよ。そのかわり、顔見知りに見つからないように遠出をしないといけませんが、ご両親にうまくごまかせますか?」
「うちは大丈夫ですよ。それこそ、外泊してもなんにも言われません」
「今時の普通のご家庭ってそんな物なんですかね」
「普通のご家庭って言うなあ」
「いえ、うちが厳しかったものですから」
そういえば先生のところは旧家だっけ。にしても、結構勇気を出して外泊OKって言ったのに、さらっと流されたぁ。
「では、来週の土曜日でいいですか」
「はい!」
やったー。先生のエスコートでデートだ。どんなかな。……変なところに連れて行かれてもへこまない心づもりだけはしとかないと。
「では、今日のお祝いをお渡ししておきましょうか」
リボンのついた小箱を渡してくれた。
「日塔さん、誕生日おめでとうございます。箱は家に帰ってから開けて下さいね。こないだのブランドものバッグみたいな事があると危険なので」
あれは怖かった。
「ああ、そうそう。ちゃんと親御さんには、外泊の件OKもらっておいて下さいね」
最後にそんな事言われたから、この日は寝るまで顔が赤いままだった。

(第十三集第百二十四話「尼になった急場」P51〜53より)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード