忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[299] [301] [297] [298] [296] [295] [294] [292] [290] [293] [291]
 先日の旅行で台湾版少年マガジンこと新少年快報を入手してきました。同じ内容のマガジンが手元にあれば比較して色々書けるんですが、残念ながら所有しておりませんのでさよなら絶望先生に関しての扱いを中心に見て行きたいと思います。

 本編が頑張って翻訳されているのはもちろんのこと、本編の後に「糸色望之絶望講座」という見開き2ページの特集があります。
絶望講座
 ここではまず絶望先生今週の使える一言(絶句教學〜毎週一句超有用)という名前で日本語と繁体字文章の対比をやってます。この号では「世の中そんなのばかりです!」が例題でした。ちゃんとローマ字で発音も書いてあります。
世の中そんなのばかりです
 そして。この特集で一番スペースを割いているのは羅列ネタの解説です。結構本格的にやってます。

 今回一番ツボだったのは「動画と独裁国家(原文「動畫與獨裁國家」)で、フィリピンマルコス政権下でテレビアニメ「ボルテスV」が視聴率90%を超える大人気番組だったのですが、最終回が独裁政権を倒す話だったので放送中止しちゃったというネタを解説してます。この話、よく調べたなあ…。日本人でもそんなに知ってる人多くないと思うんですが。

 そう言えば、これ読んで思い出しましたが、息子が日本のアニメにハマって大学受験に失敗したのを逆恨みして日本アニメ禁止令出しちゃった大統領もどっかの国にいるそうですね。

 また、「ACTION!絶望偵探團(原文ママ)」というコーナーでは毎週毎週所謂義務の中からある特定のキャラを選んでどこにいるかをクイズにしています。ちなみにこのクイズ、34号の出題はきよ彦(台湾名:清彦)でした。
絶望探偵団
 なんというか全体的によく分かっている人が編集部にいて、しかも愛情を注いで作っているのがひしひしと伝わってくる2ページでした。次号予告でも大きく取り上げられてますし、なんかむしろ日本より扱い良くないですか?
次回予告
 一大イベントに久米田先生が招かれる(しかも大河原大先生と同格で)のも当然なのかも知れません。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[09/01 Sarah Carlson]
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード