忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[829] [826] [825] [824] [823] [822] [820] [821] [819] [818] [817]
 事前情報ほぼゼロで手にしたんですが、大当たりでした。私もけっこう色々なものの感想を書いて参りましたが、これに関してはきちんと表現する自信が全くないです。羅列で書くにも拾うところが多すぎますし、それこそ全部について書いていたらキリが無いのですが、抜粋してまとめても大事なところを取りこぼしているような感がいつまでもついて回ります。

 それでも書かずにはおれないので書かせていただきます。

 とりあえず内容の紹介からさせていただきますと、舞台は19世紀中央アジアコーカサス地域。20歳の花嫁アミルと12歳の花婿カルルクの結婚物語です。

 いやぁ。いいです。非常に良いです。森先生の作品を読むときは、環境音楽を聞くかのように、紡ぎだされ描かれる世界に身を浸して楽しむようにしているのですが、本作はその読み方が特にピタリとハマりました。二次元に入ってしまう感覚と言うか何と言うか。じい様が彫刻掘るシーンなんか動いているように見えましたからねぇ。丁寧かつ緻密な作画の力だと思います。

 ぜひ読んでいただきたいのであまり内容には触れませんが、大家族の中で育まれていくアミルとカルルクの愛情が時に和み、時にかゆくなり、時にうらやましくなり。うちは嫁さん年下なんですが、こういう話を読むと「姉さん女房もよさそうだな」とか思ってしまいますね。どうしても。
 何せアミルは森先生曰く「明日死んでも悔いのないキャラ作り」でして、「野生」「天然」「強い」「でも乙女」「でもお嬢様」「弓が上手」「姉さん女房」「なんでもさばける(鶏とか兎とか)」と各種要素取り揃えております。いずれかの要素にピンと来た方はぜひご一読を。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード