忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[986] [985] [984] [981] [982] [980] [979] [978] [977] [976] [975]
 路地恋花
・ついに京友禅ネタ来ましたね。しかも一番地味な作業ののり置きですか。その上おっさん萌えと通り越した枯れ萌えですか。ホントにこの漫画は油断ならん。
・京都の伝統工芸も後継者難なのは他の地域とそんなに変わらんそうで。そういう現状は
・「ちょっとずつでも目ぇ肥えたら」「師匠が言わはること分かるようになるかと思て」身に覚えのある人の挙手を求めたいですなぁ。もちろん私もありますとも。前を走る人間に追いつきたくて、でも具体的に何をしたらいいか分からなくて、とりあえず色々やってみた時期が。
・その人から何かを学ぼう学ぼうと思っていると、発せられる言葉の「言外の言」とでも言いましょうか、隠された意味がなんとなく分かってくることがあります。その辺の描写もさすがだと思いました。
・「海外行き海外」で、「行ってきた。」の流れが最高です。「円高ブラボー」には禿げ上がるほど同意。今年の夏休みも台湾行けるかなぁ。
・故宮入り浸りとか、逐一行動パターンが一緒です。
・師匠の眼がいいですね。眼で芝居するタイプの役者さんに演じて欲しくなります。
・「材料から無くなる」という話は大変身近に感じているところです。結局職人の数が減るということは、使う道具の生産が維持できないということで。
・真面目な人ほど弟子は取らない、取るのが怖い、という…。
・60過ぎての酒は危ない。今度実家帰ったらオヤジにも言っておかないと…。
・脳梗塞はうちのおふくろがかかりました。奇跡的にほぼ全快して寝たきりにはならずにすみましたが。
・「全部あげんのは私のほうです」きょうび、めった聞けん、ええ愛の告白聞かしてもらいました。
・10年分を受け継いで、この先を歩いていく。


 蹴球少女
・アイツ、影武者だったのか…。
・リフォームって言うのか、こういうのも。ビフォーとアフターの変化が激しいってのは合ってるけど、アフターがどう見ても惨殺体。
・そして女装のままフィールドへ。
・精神的弱さの特効薬が女装。さすが21世紀。
・まぁ、追いつめられて真価を発揮するというのは王道っちゃ王道なんですが。追いつめるのが味方って言うのと追いつめられ方とが。


 こはるの日々
・無駄に緊張感が高いラブコメってちょっと新しいかも、と最近思い始めました。
・「喜べねぇ」「急に何するか分かんねーんだぞ!!」パルプンテこはるとでも呼びましょうか。
・「私も先輩にぶたれたいです」こんな伏線ありですか。
・『ドキドキしちゃって→笛舐め』この超展開っぷりはなかなか。
・「やっぱりよく分からない…」分かったときが終わりなのか始まりなのか。
・眼鏡に嫉妬したことは無いですが、煙草に嫉妬したことはあります。
・「私が先輩のいちばんになりますから」これだけなら可愛いのに…。パルプンテだもんなぁ。


 夏の前日
・「あらやだ!」晶がどんどん壊れていく気がする。
・「出来たら見せて」こういう表情が出来るのが、いいですね。
・画家は生き方ってのは、いいお言葉をいただきました。私もプロとかアマとかにこだわらず『文字屋』として一生やっていくつもりですが、文字屋ってのも生き方の一種として捉えてみようと思います。
・売れるっていうことは、出来る幅が広がることでもある。リスクももちろんあるけれども、売れないよりは確実に状況が良くなる。だから、やはり売れるべき、なんですよね。
・安らぐ存在は、創作の妨げになるかどうか。まぁ、これは答えの出ない設問でしょうね。妨げになることもあるし、逆にプラスになることもある。この設問に絶対の正解は無いと思ってます。
・「大学4年間なにやってたんだろーな」耳に激痛。私は院という逃げ場がありましたので、もうちょっとヌルかったですが、4年かけてもちゃんとした作品を仕上げられなかったことは今でも悔いが残ります。
・「画材屋で絵の具に囲まれてんのも結構幸せ」どうして今回の話は自分の過去と逐一かぶるのかなぁ…。私は本屋のバイトで本に囲まれて生きておりました。で、似たような感想を抱きつつも漠然とした不安にさいなまれたりしました。
・手で描くひまわり、凄く良かった。インスパイアさせる存在なんだなぁ。


 ハルシオン・ランチ
・今回、話がグングン進んだ気がします。
・「川」から「欝」へ。沙村センス。
・メガネメタ子、なかなか良いですな。
・「選んでないからな」現実を突きつける一言。
・『ラ・フレスク』が実在するかどうか調べちゃったじゃないですか。
・「ついに私も捨てセリフを吐かれる存在になったか」「あと一歩ね」こういう思考回路の持ち主でした。私も。というか、こういう姉は欲しかった。
・「バカな大人と警察がよってたかって子供天国にしてくれたのよ」「もしも私が銃で人を撃ち殺しても罪に問われやしないわよ」この辺のタカの括り方がリアル子供ですな。
・ヤンデレの眼と、それに惹かれる弟の図。
・弟もなにげにキモウト。ダメだこの家族。
・そして唐突に訪れる終末。人生って怖いなぁ。
・「同じ間違いを何べんすれば覚えるんだ」「ドラクエ4のクリフトかお前は!?」こういうネタは拾わずにはいられない。
・困らせてゾクゾクする娘。こいつぁいいヤンデレ。
・嘔吐で股間を固くする弟。一生引きずるぞ、これ。
・「アンタ一生姉に護られて生きたいわけ?」この冷たい眼でゾクゾクするほどには病んでなかった模様。
・八戸に続いて八王子壊滅。次は八幡とか八千代とか八街とかか?…いや、千葉県出身なもんで思いつく地名に偏りがあるだけです。故郷の壊滅を願っている訳ではありません。
・次号休載かぁ…。

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード