忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1020] [1023] [1022] [1021] [1019]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・国産み神話の新たな姿がここにあります。もっと長く続けて欲しい漫画でありましたが、こうやって1冊にまとまっただけでも良しとせねばなりませんか…。
・「プロローグ」と「やまとものがたりの世界」という大量の加筆がなされています。これは連載では描ききれなかった部分を埋めるもので、そのおかげで大ボリュームになっております。
・この漫画の扱い方が何度読んでも計りかねております。萌え漫画としても十分いけるんですが、個人的には我が国の神話から歴史へとつなぐ時代を見事に描いた名作だと思っております。今につながる日本の根っこの部分をリアルに感じる事ができるのがいいですね。我が国が何を大事にしてきたのか、どうやって国としてまとまっていったのかということもよく分かります。
・その一方でミニスカ仕様の巫女服、ミソギシーンの全裸等々、そっちの魅力も豊富です。それだけを目当てにして読んでも十分満足できるレベルかと(ちょっとだけどショタもあるよ!)。
・本作の主人公『みを』は日神に仕える巫女です。彼女が仕えた日神の祀りは今も続いております。様々な宗教が入って来てもなお2000年以上絶える事が無かったのは、光を求め太陽を畏まる心が時代を越えてもなお日本人の心に根付き受け継がれているからだと思います。
・「民がひとつになりて」「ヤマトの国が八千代まで栄えあらんと願う!」という言葉が、こんな時代だからこそ立ち返るべき原点に思えてなりません。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
アーカイブ
最新CM
[02/16 Rebecca Sutton]
[01/29 Website Traffic]
[01/19 Heidi Reynolds]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード