忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1521] [1522] [1520] [1519] [1518] [1516] [1515] [1514] [1513] [1512] [1511]
・広島東洋カープ応援漫画もついに3巻に到達しました。
・今回は話数ごとに区切って感想を書いていきたいと思います。


第16話
・「弱気は」「最大の敵」「投げられる球があるうちは投げろ」「今投げられる球を」「直球で投げろ!」もう、初手から泣ける展開は勘弁してくださいよう…。嗚呼、炎のストッパー。
・何事かと思ったらアニメの企画書でしたか。「まんがの原作ばっかやってられっかー」というセリフが切ないですねぇ。
・「12球団全部にそれぞれひとりヒーロー作っちまえ」「12球団ヒーローズでどうだ」ぜひお願いしたい。DVDでもブルーレイでも買いますぜ。引退した選手から選ぶんだったらマリーンズはジョニーで決まり。津田とキャラがかぶる、というのであればコミさんが…いやいや、是非ジョニーで。バッターなら初芝で。
・「企画はボツでも仲間ゲットだぜ!」うらやましい。


第17話
・上井草と池袋と三鷹って、微妙な三角形。
・今回はドラフトネタ。ドラフト制度は、四半世紀見続けてきた者の印象としては、結局ベストってのが無いんですよね。誰かにとって都合がいいことは、誰かにとっての不都合なので。最大公約数になるべく近い形を模索するしかないという。
・「嫌ってるトコ行けるの!?」「巨人だよ!?」隔世の感があるなぁ。巨人が嫌われ役前提って。
・「そんなに割り切れるもんかなぁ…?」「他人が全部決めてんじゃん?」これは世界の特殊性と思っていただくしかないですねぇ。
・ああ、まだ続いてるんだ、この陰惨な仕打ち。
・「味方がいたら負けてもよかったのに」
・「彼らはおおもとの」「野球をやれるって当たりクジひいてるんだから」「自分で運命をつくってるよ」「実力がなきゃ成り立たない運命のクジだよ」ドラフト1位になれる人数は1年で12人しかいない。最高のエリートですよ。どこの球団とか関係なく、プロという世界へ進んでください。
・「入団するみなさん頼む」「カープ」「いっぱい好きになってね」「優勝みせてください」「応援に行きます」いいメッセージだなぁ、これ。私だともうちょっと控えめに『入ってくれてありがとう』ですかね。


第18話
・日本シリーズネタが来ました。冒頭「日本シリーズってTVでやってたんだ」ですけど。
・「応援してないチーム同士の野球ってどう観ればいいんだろ」これはもう、人それぞれですね。自分が応援するチームのリーグ側を応援する人、純粋にプレーを楽しむ人、応援しているチームにいたことがある選手を応援する人。
・ドアラ有名だなドアラ。マーくんも頑張ろう。
・「7戦までいってくれぃ」早く終わっちゃうとなんかがっかりですよね。
・「なんかいい試合だね 地味なカードと思ったけどとんでもない」「どっちも負けないぜってかんじだねぇ」今振り返るとハードな戦いでしたが、本当にいい勝負でした。
・「慣れた球場だし応援の熱も違うからねぇ」ついに、ついに18話にして触れていただけましたな、ウチの応援。
・監督論については難しい話になります。生え抜きがいいのかどうかは、一概に言えることでもないですし。
・「敵を知れば」「試合はもっとおもしろい?」それはもう、間違いなく。
・基町ねーさんが何か不可思議なのに絡まれてる。
・「シャチョーナナヒカリキィーック」で思わず笑っちゃった私。
・「昨日マリンスタジアム行ったのかー」「ビール飲みに…」日本シリーズだというのに贅沢な理由で観戦してるなぁ。


第19話
・この話は出だしが怖かった。ほのぼのブラックの面目躍如。
・「カープの敵はやきゅうじゃないよ?」よく言ってくれました!さすが基町ねーさん!
・「10時過ぎてるよ!?」「まだ野球やってるの!?ウソ!」やってたんですよ、これが。ええ、当日現地におりましたとも。自宅に帰る終電はとっくに出てしまい、カプセルホテルで寝る羽目になりましたとも。一片も悔いは無いですけどね!
・津田と盛田の話を絡めてくるのはいいつなぎ方ですね。
・そして、実央の血が出るような告白。「助けて」の一言がどれほど重いだろうか。
・「うそ!?」「今日も延長!?」ええ、でしたともさ。さすがにこの日は球場には行けませんでしたが、名古屋の友人(マリーンズファン)は見に行ってました。
・「日本シリーズっていつまで延長するの?」「決まるまで?」延長は15回ですが、7戦終えても決着しなかったら8戦以降はエンドレスです。
・「私は野球を観ていた」「敵のいない試合だった」「2010年日本シリーズ」「私は初めてどちらにもよらず」「野球を観た」「ひいてみた野球はただの野球で」「そのただの野球が熱くておもしろかった」「2010年日本シリーズ 中日×ロッテ 4勝2敗1分 ロッテ優勝」この場面には、もう、言葉がありません。


第20話
・黒田残留にへこむ基町ねーさんがかわいい。
・「仕事だけやらせろー」切ない叫び。
・「終わっても終わらないよねー」そうなんですよ。その後FAとかトレードとかあるし。
・スタッフよりバッティングピッチャー。それがひとつの選択。投げるというお仕事の、延長戦。
・「望まれて」「投げる場所にいられて」「それを手放さずにいられるのは」「幸せなこと」ええ。ええ。そうですとも。
・「おめでたくないよ もう26だもん」「なに?」ねーさん怖いっす。
・「私達にあなたの野球を見せてくれてありがとう」すべての選手にこの言葉を贈りたい。


第21話
・キャンプネタでございます。
・誰もが一度は通る道あるあるネタ。
・「ああ三十代のうちにカープ優勝で騒ぎたいのぅ」「今年はいけるわ信じてる」信じることからスタートです。
・自分の誕生日に応援してるチームが勝つとものすごく嬉しいというのは激しく同意します。
・「シーズンオフは妄想のときなのね!?」妄想の中にちょっと切ないネタが入っていたのは内緒。
・「自主トレ中ってファンはなにをしていればいいの?」人それぞれですが、マリーンズファンには応援の自主トレする人というが多い気がします。
・というわけで、オフシーズンにバイト開始。
・おお、れもん屋とCapitalだ。在京カープファン御用達の2つがついに登場。
・「こういう人達が正しいファンなんだ」ファンに正しい形なんて無いよ。
・不人気チームのファンを長く続けますと、新たにファンになってくれる人の存在が実にありがたく感じます。
・カープの同人誌かぁ。濃そう。あ、ちなみに私も本にはしてませんが、観戦記とか球場訪問記とか妄想ネタとか色々書いてます。まぁ、同病相哀れむということで。


第22話
・焼酎の『カープびいき』、売ってたなぁそう言えば。買っとけばよかったかも知れない。あんまりお酒飲めないのにストックだけ増やすのもどうかと思ってやめたんですが。
・ああ、眼精疲労はキツイっすよね。
・「優勝のツボがあったら私もピアスあけますよ」いいなぁ。欲しいなぁ優勝のツボ。
・「カープなんかのファンか」『なんか』とか言う人は、その程度の人。ま、私もたまーに言われます。
・シーズン前に「今年は優勝」と言えるかどうか。『今年はまあ、最下位じゃなかったら』とか言っちゃうのはよくあるんですが、本音はもちろん『優勝!』です。
・「始まりの鐘は笑って鳴らそうよ」これは、忘れがちな初心です。今後は忘れずにいこうと思います。


第23話
・ホントに重い話から逃げないよなぁ、この漫画。というわけで、東日本大震災のお話。
・3人とも、とりあえず命にかかわるようなことにならずに何よりでした。
・神戸のときと今回とは、しばしば対比されますね。神戸の時は被害を受けた地域がここまで広範囲ではなく、規模もここまでではなかったので、やはり状況が違いすぎるとしか。
・「いらないって言われてんのぉ」「いらないんだよぉっ」確かにそう言ってる人はいましたけど、4月2日のチャリティー試合見に行って、『やっぱり野球は必要だよ』と痛感しました。
・「食べるもの 住むところ 順番のずっとあとに もし」「望んでくれるなら」「野球も 音楽も まんがも アニメも 小説も そこにありますように」「普通にありますように」人はパンのみにて生きるにあらず。野球があるから頑張れる人だっている。どうかこれからも、良きプロ野球でありますように。

拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[09/01 Sarah Carlson]
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード