忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1877] [1878] [1876] [1875] [1874] [1873] [1872] [1871] [1870] [1869] [1868]
・あーるってなんだ?究極超人か?セーラームーンか?と思ったらなんとRPGのRでございました。
・しかもテーブルトーク!なおかつ自作!色々生々しいところが過去を蘇らせてくれたりしますわ。
・私がこれまでオタ方面で買い集め続けつつ、拙ブログでご紹介してこなかったのがテーブルトークRPGのリプレイシリーズだったりするんですが、どうにも感想が書きにくいってのと、ネタバレすると台無しなのとで書いておりません。ご紹介したい楽しいネタがたくさんあるんですけどねぇ。
・という訳で今回も書きづらいです。実に。
・これまでの3冊に出てきた面々が、部長の作ったオリジナルのテーブルトークRPGに挑むのが、今回のお話です。私はテーブルトークは剣と魔法な『ロードス島戦記』や『ソードワールド』に学園物の『放課後奇譚』くらいしかプレイ経験が無いので、こういうガンアクションのテーブルトークは新鮮でした。
・なかなか部長らしいというか、きつめのルール&世界設定してました。
・他のプレイヤーも、なかなかどうして演じている中で地が出たり。ゲームだからって油断しているとほうぼうで人間性が垣間見えますよね、うん。
・カップル2組とゲームマスターっていう状況は色々やりづらそう。
・デスシナリオを回避しちゃうのは感嘆する。というか、初プレイなのにデスシナリオ組むのって…。さすが部長。
・基本プレイ経験者にはあるあるになっておりますが、こんならぶらぶカップルプレイとかはやった事ありません。女性とやった事があるのも2回だけです。
・基本、こんなブログをやっているくらいなので『感想戦』と言うものが大好きなんですが、プレイ後の部長の反省の弁とそれに対するツッコミが楽しかったですね。ええ、ニヤニヤ出来ます。
・その後の2度目集合回、あまあま過ぎて砂を吐くかと思いましたよ。そりゃ「何これ新手のイヤガラセ?」言われますがな。
・…すいません。この辺が限界です。本編は面白いんですけど、やっぱりテーブルトークRPGは感想書くの難しいです。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード