忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [81]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 地元の本屋で売ってなかったので新京極まで行って買ってきました。



 事前にどんな本なのかという情報が一切なかったので「アニメのファンブックだからきっと薄くフルカラーで大きなサイズの本だろう」という先入観だったので探して見つけ出した時にちょっと違和感が。
 これから買われる方のために書いておきますが、新書判サイズです。

 にしても、表紙がなぁ。これ、つかいまわしじゃないですか。値段が1,155円なのに安い作りという印象を与えてしまいませんかね。

 個人需要としては「スタッフインタビュー」「声優インタビュー」「イベントリポート」が主で、あとは面白かったらラッキー程度の心づもりで買いましたので基本的に損はしてません。
カエレの設定でちゃんと7つの人格全部の設定があったのには大笑いしました。

 それぞれ順不同で思ったところをだらだら書いていきます。

 絶望放送の記事があるのは知ってましたが、それが「イベントリポート」っていう名前になっているのを見て「もしかしてこれ、早稲田のイベントの差し替え記事?」とか勘ぐってしまいました。下衆ですいません。
 あと、この記事内容だと何が面白くてこのラジオがウケてるのか全く伝わらないだろうなぁ、とか思ってしまうのですがどうでしょうか。

 登場人物1でレギュラーメンバーが、2で準レギュラーやゲストキャラなどが紹介されてましたが、とりあえず智恵先生と加賀ちゃんが2で紹介されていたためカラーで載っていなかったのは残念。
 2のほうでキャストの謎がおおむね解けたのは良かったですけどね。水島・上田・中村の絶望三巨頭の役割配分も判明しましたし、ことのんが沢城さんだったり最高の女が谷井さんだったりも分かりましたから。

 オープニング&エンディングの解析画像とかは便利ですけど2ページで納められちゃうのは全体のバランスから仕方ないのかも知れないけどもうちょっと欲しかった。
 1期のページには声優さんのコメントが入っていたのは良かったですけど、これも工夫してコンパクトになっちゃってるのが凄いんだけど寂しいと言うか。制作費を安く抑えようみたいな意図が透けて見えるところはおおむね私が寂しく感じるところです。ファンブックなんだからむしろページ数を無駄遣いしろよ、と。ファンブックはファンの人に作って欲しいと思うのは私が素人だから何でしょうけども、絶望先生が好きで好きでしょうがないから作りました!というオーラがこの本にはあるのかなぁ。インタビュー記事とか読んでると、聞かれている側からそのオーラが匂い立つのでその点ではだいぶ救われていると思います。
 絶望パロディ劇場とかも目のつけどころは悪くないんですけどね。

 スタッフインタビューはペリーさんの話の謎が解けたので良かったです。やっぱり歴史上の人物をネタにするのは危険なんですか。子孫の残ってない人とかなら大丈夫なんでしょうかね。それともそういう問題じゃないのかなぁ。こういう話を読んで「誰なら怒られないのか」とか考えちゃう発想自体がアウトですかそうですか。つまんない世の中だなぁ。
 あと、上田陽司さんの芝居がうますぎて臼井君の出番を削れないとかファンブック定番の「いいのかそれは暴露しちゃって」みたいな話も載ってました。

 声優インタビューは小林ゆうさんの独り舞台でした。ええ。やっぱりゆうさんは凄いですね。いきなりカエレが降臨するところなどは絶品です。ゆうさんのおかげでこの本のコストパフォーマンスはかなり向上してます。

 とりあえずこんなところで。
 「買い?」と聞かれたら「オレは買ったこと全然後悔してないけど、価値をどこに認めるかでだいぶ変わってくるからなぁ」と回答になってない回答をしてしまいそうです。

拍手[0回]

PR

コメント
えてして
ファンブックの作りはファンが望むものの斜め上を行くのが定義と私は位置付けています。
あまりそういう類のものを買わない私ですが、今回はしっかり買いました。地元の本屋で1冊だけしかないのをw
まぁ値段は少々高いかなとは思いますがw
いろいろとアニメ製作の向こうが見えたので私的に大満足。
DVDがますます楽しみになりました。
【2008/02/17 20:50】 NAME[神楽坂隼人] WEBLINK[] EDIT[]
ファンブック
>神楽坂隼人さん
>まぁ値段は少々高いかな
価格について何か参考になるものがないかと思って探してみたら似たような版型の「G−tasteフェチの快楽」が見つかりました。こっちはカラーページがグッと少なくて、でも独自の分析記事が満載で税込み980円でした。カラーは少なくても読み応えはありましたので、内容は負けてなかったかと。
そうやって考えるとつくづく微妙ですな今回のは。
ポジティブに考えれば、死亡フラグにならなければ御の字とも言えるのですが。
【2008/02/18 00:07】 NAME[ふさ千明@管理人] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新CM
[12/15 Heidi Reynolds]
[12/09 Virginia Williams]
[11/30 Virginia Williams]
[11/23 apps]
[11/22 Best Apps for Android Mobile Phone]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
四十路オタです。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード