忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
 去る10月10日は台湾の建国記念日にあたる双十節でございました。しかも今年は100周年という事で、各方面祝賀行事が盛り上がっております。まずはお祝い申し上げます。

 そんな中、台湾のゲームメーカーがやっちゃいました。

 中華萌国傳というゲームだそうです。要は日本が恋姫無双とか一騎当千でやってきた女体化を台湾もやっちゃいました、なのですが、元ネタがヤバすぎます。

 これ、辛亥革命後の内戦が舞台なのです。主人公はどう見ても蒋介石が元ネタの蒋中政になって女体化した軍人達をアレコレしていくゲームらしいんですが…。今イチヤバさがピンとこない方の為に日本で例えますと、吉田茂や鳩山一郎、いや、学生運動期の左右思想家達の女体化の方が近いでしょうか、とにかく戦国武将とかそういう遠い昔の事ではなく、まだ当時を生まれていた方々がご存命な頃のネタ、ということでかなり高いハードルなことがおわかりいただけたでしょうか。

 しかも、未登場人物のところを見ると毛さんとか周さんとかの有名どころを出す気満々なんですよね。「両岸友好」とかで済むんなら笑い話なんですが、いささか心配です。

拍手[0回]

PR
 それは何かと申しますと、広島東洋カープ応援漫画「球場ラヴァーズ」です。通じるのか?分かるのか?という疑問はさて置いて。

 

 
 アニメイトにも台湾最大手の書店である誠品書店にも置いてなかったんですが、諦めずに捜索を続行したところ、光華商場の近くのオタ向け書店(日本で言うと「とらのあな」や「メロンブックス」等が類似かも)で発見しました。何の証拠もなく「あるはずだ!」と言い張り続け、「あるはずないでしょう」と妻に言われ続けたのですが、ありました。台湾版の球場ラヴァーズです。




 こうやって比べて見ると、日本版のよりも一回りくらい大きめなのはやはりひらがなカタカナが使えないためでしょうか。ちなみに台湾はラノベも文庫ではなく所謂新書判サイズで販売しております。台湾のオタク趣味な方々は本棚のスペースも日本より広くとらないといけないのだとしたら大変ですね。

 中身の方はと言えば、ほぼ完璧に翻訳してあります。ニュアンス的なものまできっちり訳されているのかどうかまでは判断する語学力が私にはありませんが、とりあえず極限まで頑張ったことはよく分かります。






 カープが得点した時に歌う「♪宮島さんの神主がおみくじ引いて申すには〜」という歌まで訳しているのには敬服します。

 本作自体がそもそも日本でも野球観戦入門書的な部分がありますので、これを読んで日本まで野球観戦に来てくれる台湾の漫画&野球好きな諸氏がいたら嬉しいですね。

拍手[0回]

 これという画像もないのでご報告のみで。台湾は涼しくて過ごしやすかったので、帰国後が憂鬱です。

拍手[0回]

 今まで行ったことのある西門駅付近のほうではなく、2店舗めのほうです。台湾の秋葉原と言われる八徳路電気街にありました。知らずに来てビックリしてます。こっちは『らしんばん』との共同店舗になっております。妻は今東方の同人CD探しに余念がありません。店内にはミクの曲がかかっております。

 もうなにがなんだか。






拍手[0回]

大変濃厚な時間でした。これから一旦ホテルに戻り、荷物を置いてから昼食にします。



拍手[0回]

どんなことになるやら、楽しみです。



拍手[0回]

 

 正確には、ホビージャパン2冊は妻の収穫物です。
 その他はムダヅモ無き改革台湾版の「小泉麻將傳説」3巻、「絶望先生」二十四集、台湾版週刊少年マガジン「新少年快報」32号、台湾のオタ向け情報誌「Frontier」7月号、そしておまけの、ドラゴンボールオンラインの広告が入ったリプトンミルクティーです。

 この他、放課後プレイ2の台湾版も発見したんですが、これはもうちょっと悩ませて下さい。明日以降、球場ラヴァーズの台湾版を捜索します。

拍手[0回]

前回来た時と微妙に色々変わってます。



拍手[1回]

機内でひとネタ拾うとは思いもよりませんでした。
J―POPのくくりで曲が流れていた声優さんは神谷さんと水樹奈々さんだけでした。











拍手[0回]

 毎年のことながら、今年も夏の旅行先は台湾である。少々トラブルがあったり、同僚に無理なお願いをしたりしたものの、無事に航空券も宿も休みも手配できた。

 例年、あれこれとやりたいことばかり積み上がってしまって強行軍なスケジュールになって頓挫するパターンなので今年はそれをやめ、1日2件までに絞り体調を整えて楽しむことにした。

 そのため手塚治虫展とかミュシャ展とか台南行きとか色々なものを断念することとなったが、その代わりにとても魅力的な遠征計画も立てられたので良しとした。

 また、今回も出国前日にホテル日航関空に泊まり、トラブル回避(電車の遅れなど)に万全を期すということになったのだが、そこにたどりつくまでにトラブルが満載になろうとは思いもよらなかった。

 まず。前日は通常勤務だったので当然17時まで仕事をしていたのだが、職場を離れてから1件やり残しがあった事を思い出し、慌てて戻る。忘れていた件自体は5分とかからない簡単な事だったのだが、なんにしてもバツの悪い話である。
 しかし、これすら序章に過ぎなかった。

 地元の駅から京都駅に向かう電車の中に携帯電話を置き忘れ、慌てて取りに戻るという何とも間の抜けた事をしでかしてしまう。これとて見つかったからよかったものの、あと5分気付くのが遅かったら折り返しで電車が発車してしまい、どうにもならないところだった。

 また、その後乗った京都発関西空港行きの特急はるかの車内に帽子を置き忘れてしまう。これなど、気付いたのがホテルの部屋に入ってから。慌てて駅に行ってみると届いていて事なきを得たが、こうも立て続けに忘れ物をするというのはうっかり者の私とは言え、いくらなんでもおかしい。

 ともあれ、無事にどちらも戻ってきた事であるし、ウェルカムドリンク代わりに、ドリンクチケットをもらったというのもあって、旅の始まりを祝して最上階のラウンジで乾杯という我ながらあまり似合わないことをしてみた。

 眼下に広がる夜景を見ながらビールを傾けていると、今こうしているのが現実なのかどうなのか自信がなくなってくる。つまみのソーセージが絶品だったため追加でもう1杯、という話になったが、私はどうにも酒に弱い上、この日はトラブル続きだったこともあっておかわりはソフトドリンクにしておいた。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[07/21 Ann Weaver]
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード