忍者ブログ
現在更新は不定期になっております。ご承知置きください。あと、ツイッター始めました。https://twitter.com/Husachiaki
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オープニングコント
「えー、今日は数学の授業です。プラスとプラスを足すとプラスになります」「そしてマイナスとマイナスをかけてもプラスになる」「しかし、果たしてそうでしょうか?」「今回の前振り短っ!」ん?なんか違和感が。
「マイナスをかけるとプラスになるのに、プラスを足すとむしろマイナスになることがあります。正しいものを2つ合成したのに、結果間違っていること。それが合成の誤謬なのです」数学じゃなくてどっちかと言うと経済学ですな。
「1つ1つは正しいことなのに全体で見れば間違っていることです」「あぁ、1人1人が貯金をするのは正しいけれど、みんなが一度に行えば、消費が低迷して景気が悪くなってしまう」まさにそのとおりです。マクロとミクロは違うのです。国家予算と家計とかまさにそうです。敢えて混同させて不安を煽ったりする人間、いますけどね。紙幣発行権を持っている国の国内向けの債務が増えることと、そのような権限の一切無い家計の借金が増えることは同じではないのに…。
「プラスとプラスを足したのに、残念な結果になってしまうこと」「二大スターが共演した映画は両方に気をつかいすぎて脚本が残念な結果に」あんまり映画見ないのでどれがどれやら…。ま、両雄並び立たずという言葉のとおりなのでしょうね。
「女性アイドル育成ゲームに男性ユニットをプラスしたらネットで大荒れ」えーと。もうソフトは製造終了にして、課金で稼ぐんでしたっけ?
「あれとあれが劇場アニメ化決定と告知されるも同時上映と決まったら両方のファンがなんだかがっかり!」客層は似てるんでしょうけどね。きっと。
「それなら私にも1つ経験があります」やっぱり違和感。私のダメ絶対音感がなんか脳内で言ってる気がします。
「お風呂洗いの時に某洗剤と某洗剤を合成すると」「それはただの『混ぜるな危険!』です!」塩素と塩酸の化合は中学校でやるよね?『学校の勉強』も役に立つんですよ、ホントは。


オープニングトーク
「日塔奈美役をやっていた新谷良子です」過去形?
「お前誰だ!」「誰だろう」「誰で笑、これ」「見た目は良子ちゃんにそっくりなんだが」「自分の口から出てきているのが別人」ああ、喉にダメージが残ってるんですね。最初何事かと思ってしまいました。
「イヤホンをしてるんですよ」「しゃべってる声が自分でも聞こえてきてるんですよ」「オカマちゃんみたい」「なんか気持ち悪い」「ニセ新谷良子ちゃんかな?」「身体がでかくなったように聞こえる」「太ってないよ」「声は太ったの?」「声帯が若干腫れているからね」中学校の時の同級生で、風邪引くとオカマのモノマネをする女子居たなぁ。
「ごめんなさーい」「奈美ちゃんに申し訳ない」新谷さんのこういう姿勢って良いですよね。
「我々起こりうるんで」お仕事柄、致し方ないかと。
「神谷浩史と新谷良子風でお送り致します」若干の違和感すら楽しんで聞きたいと思います。

「193回を聞き、手持ちのさのすけの素体、すのすけをお風呂に入れてあげたところ、確かにパンパンにはなりましたが、破裂はしませんでした」実験心豊かな方がおられる。破裂しないのは何より。
「ということでさのすけ、さっちゃんと一緒にお風呂入っても大丈夫だよ」「水に浮くけどね」浮くのはしょうがない。物理的にしょうがない。
「それを聞きつけてあいつ入ってきたぞ」「嬉しそう」さのすけは表情豊かだなぁ。
「シータク飛ばしてやってきたんだけど」24分ラジオを思い出します。シータク。
「ていうかおめぇ誰だ!」「えっとね。新谷良子風の人」「見た目は良子だけどよ」見た目も違ってたら流石に別人ではないかと。
「俺もたまにそういうことある」そもそもからして、初期と現在で若干違いますな。
「寄る年並にはかなわねぇ」年並とか言うな。
「お風呂入って平気だって」「で、なんでお風呂の話になったんだ?」「なんでだっけ」「破裂するかもって話をしてたから」してましたねぇ。割とすぐ前の回に。

「MOGUを洗濯機で洗ったことがあります。さのすけサイズは破裂しなかったことを報告しておきます。が、そのあとビーズがもれてくるようになりました。股間の縫い目から」洗濯機は危険です。私も枕で同様の経験があります。
「さのすけより大きいサイズは破裂しました」想像しちゃった。
「見てる。すげぇ見てる」「ここから?ここからなの?」「恥ずかしいな、オイ」「縦長」「白いの出ちゃうんだろ?!」「それも男の証だからしょうがねぇんだよ」セクハラなのに全力でスルーの新谷さんにむしろツッコみたい。
「今日暑い」「だからその顔細長いの?」「すっごい細長い」「気持ち悪いよ」写真だとちゃんと丸いんですけどね。
「さのすけ大丈夫?」「大丈夫だよ」新谷さんがいつもの放置プレイ気味ツンツンから、いたわりモードに。デレ期ですか?
「でも浮くんだって」「一緒にだっこして入れてもらえたら」「俺結構泡立ちいいんだぜ!」「またさっちゃんとこ連れてってくれよな!」「さのすけいい加減にしろよな」まったくだ。お風呂だと動画配信できないだろ!いや、そういう問題じゃないのは分かってますが。


今週の標語
「ふざけるな!たかが打ち切りフラグ1つ、絶望メールで押し出してやる!絶望リスナーは伊達じゃない!」わぁ~。似てる~。ちゃんと逆シャアのアムロ声だ。もう、泣きそうになるほど懐かしいネタ。愚弟を連れて映画館で見たのがもう24年前です。後藤(弱)ことさおりんが生まれた頃かぁ。オッサンになるわけだ。



ポジティブですね~!
「ぽ、ぽぽぽぽぽぽ」「ビックリした」ミートゥ。

「僕ですね、普通のコーナーをやらしていただくのは初めて」ぴろしがやると普通のコーナーじゃなくなる予感。
「何で居るんですか?」予告無しはキツかった。
「小生のコーナーが無いという事で」「構成Tが気をつかってくれまして」リスナーにも気をつかって欲しかった。

「井上まりなんは」「この前僕は雑誌でお見かけしたんですけど、本当に」エアコンを買って本当によかった。無かったらこの暑苦しさは堪え難い。
「井上まりなんは、左向きに寝るのが好きなのかー。じゃあおれは右向きに寝なきゃなー」幸せな夢がみられそうですね。
「全ページを熟読してるんですけど」「麻里奈さんのグラビアがあるとですね、ついついずっとずっと見ちゃうんですよね」「街なかで会った時に、すれ違っても」「気付けるように、脳裏に焼きつけておくっていうのが僕のお仕事なので」羨ましい仕事内容だ。
「街なかで声優さんがいるって信じてる」いるのはいるでしょうけど…。
「右とか左とか関係なくて、上とか下とか」今日はセクハラ解放日なのかな?上とか下とかは完全にアウトだと思うんですが。

「絶望ネーム:真ん中におへそさん」「僕も大体真ん中におへそがあるほうです」大体と言うことは、たまに位置が変わったりするんですね。分かります。
「ぽっちゃりクラスメイトに『あなたの顔を見ると食欲なくなる』と言われました。胸いっぱいになるほど好きっていう意味ですよね」暑苦しいので冬場に助かる顔だと言われたことはあります。
「一緒にご飯を食べていても」「一緒に?」「想像ですよ」自分で言いきっちゃうところが清々しいなぴろし。ぴろしを褒める日がこようとは。
「好物のカレーライスを出されても」「ココイチのカレーライスを出されても」夏場にカウンターで隣り合いたくないのう。
「あたしまだそういう対象なんだ」あまりの冷静さに噴きました。

「室内ロッククライミングの岩が、全部オッパイだったら、一つ残らず触れてみせますよ!」無理なところまで触りに行ってケガなどしないようにご注意を。
「室内ロッククライミングというのは僕は非常に興味がありまして」「外に繰り出していくにあたってボディラインっていうのを気にしていかなきゃいけない」「体力をつけなきゃいけない」体力は大事だね。というか、今日は思ったよりぴろしに同意するところが多くてびっくりだ。
「基礎体力をつけなきゃいけないので、Wii fitで」あれは集合住宅でも大丈夫なんでしょうか?ファミリートレーナーのトラウマが。
「DVDの、可愛い女の子とトレーニングできるタイプのがあるんです」ぴろし持ってるのか。まぁ、持ってて違和感は無いんですけども。
「素晴らしいボディラインを手に入れて」このあとがしばらく聞き取れませんでした。
「あたしマッチョ嫌いだな」散々自由に泳がせておいて、最後にばっさりやる手腕。


新谷良子の聞いたら☆そん♪song
「神谷さんどうしたの?」「分かんない」「神谷さんも神谷さん風になってきた」どこまで仲がいいんですかこの2人は。

「番外編聞きました。良子ちゃんで初めて色々妄想してしまいました。おいしかったです」「打ち合わせのときからですね。佐藤Dと一緒に『何やったっけ何やったっけ』」「ほとんど覚えてない」忘れた方が良いですよ。
「ちなみにですね、こんなメールもいただいてる」「新谷さん、良い弁護士紹介しますよ」「訴える場合に、って事?」「られるような事したのかな」「あたしね、都合悪い事から忘れていくから」心の健康を保つためには必要な事です。
「断片的な情報として、ディレクター佐藤がほぼ初めて」「リテイクを出された」
「チンコを立てすぎだ、と」…これは私も心当たりが無いんですが。
「『ホントデス』じゃねーだろ」いや、マジで覚えてない。
「誰のチンコが?」「神谷さん?まさか神谷さん?」「僕のチンコを立てた」「そんな状況になるような事を良子ちゃんが?」「神谷さんを訴えればいいの?」ついに龍虎相撃つ時が来るのか…。
「神谷さんのチンコを立てました」これ書き終わったら聞き直してみるとしましょうか。
「『もう番外編やらない』って」「『今までたくさんの苦情メールありがとうございました』」「ようやっと『やらないほうがいいんだ』って事に気付いたらしいです」「この前のが最後の番外編です」実に残念です。アイディアと力と技の結晶であり、絶望放送の名物のひとつだったと私は思っておりますので。

「6月25日に開催された良子ちゃんのベストライブに参加してきました」「ちょっとしたトラブルもありましたが無事にライブを終える事ができて本当によかったです」「国民に愛されている良子姫を改めて応援し続けようと思いました」「6月25日に、ライブを開催された、と」「25、26と」「2日で3回」「若干なごってますね」「3回とは言え、リハで1回やってるので」「4回」ああ、今回の声はそういう事でしたか。納得。

「ビルの電源が落ちちゃってね」「あのね。全館そのビルだけちょっと停電になってしまって」「照明の系統だけ生きてて」「音声のラインが」「いっちゃったみたいで」…
なんか、ネタとして取り上げるのも忍びないアクシデントですなぁ。
「10分ぐらいずっとしゃべってたんですけど」「『10分休憩にしようか』って」「10分MC、生声でやったって事?」「そりゃ大変だわ」慌てず騒がず、ピンチを乗り切る姿にプロを見ました。
「構成Tは行ったんでしょ?」「奥様と来て下さって」やはり。
「さっきから絶賛の嵐ですよ」「こんな声で本来だったらしゃべらせちゃいけないのに、ですよ」「Tは良子ちゃんに対して延々語りかけるという」…えーと。奥様からあとで鉄槌ですか、これは。
「良子ちゃんがこんなになるまで頑張ったライブですから、そら楽しいに決まってますよ」おっしゃるとおりです。

「6月22日発売のマガジンを読みました。ついに奈美ちゃんに雨女属性がつきましたね」おお。ついに。今度、また台湾に行くのですが、タイミング的にはちょうどその号の台湾版のが買えるかも知れないので楽しみです。その辺、またアップします。
「久米田先生は完全に新谷さんから奈美のネタを考えていますね」もともと『普通』というだけのキャラだったのに、随分個性的になりましたもんねぇ。
「雨女属性でも加賀ちゃんに負けてましたね」…ああ。
「これヒドくないですか?」心底気の毒だと思います。
「元々奈美雨女属性なんかなかったのに」完全に打出の小槌ですな、新谷さん。
「ビックリするぐらいのうざい人っていう」「今回うざかった」「奈美ちゃんは『あたしです』って言ってた」「出だしから『この中に雨女が居ます!』って言うところから始まります」「ひどいでしょ?」「うざいでしょ?」「本当に最悪ですね」「うざいでしょ、この奈美ちゃんも」ついに新谷さんが奈美をかばわなくなってしまった。今まで、我が子を見守る母のようだったのに。
「ちょいちょいコマに割り込んできてますからね」「最高ですね、これ」「ぶった切り感が最高ですね」ぶったぎるのは、千里とあびる」未読ですが、目に浮かぶようです。
「あびるが超冷たいの」「奈美の事に対するとあびる、超冷たい」「悪意がありますよね。いつも以上に目が死んでる」あびるはドSだからしょうがない。
「あたし雨女じゃないもん」「でもね、25日雨降ったんですよ。お客さんが外に整列するぐらいに降った」「一番迷惑かかりそう」「本番中ならまだしも、みんなが外に居る時に降っちゃうっていうのが」「そういう印象が強くついちゃう」「若干、みんなが外に居る割合が高い時に降っちゃうと」「そういう印象ってついてしまう」惨開の時も確か…。
「哀しいからあたし『違う』って言い続けてきたのに、奈美ちゃん自分から言った挙句に、加賀ちゃんに負けたの」「雨女レベルも普通だった」キレイにオチてる。
「完全に久米田先生はこの番組からネタを拾って下さってる」「MAEDAXがチクってるとしか思えない」「『最近の新谷さんはこうですよ』みたいに近況を報告されてるんでしょうか」あらゆる事が久米田先生のネタ元ですからなぁ。絶望放送も例外では無いという事でしょう。
「未だにMAEDAXはこの番組に対して好意的なんですよね」ありがたいことですな。


こもり上手と呼ばないで
「今回はここにきて、驚異の新人特集です」「男性なので萌えはありません」「絶望ネーム:ハーレムニートさん」プレッシャーのかかる紹介のされ方、御愁傷様です。
「引きこもりだからこそ、できる事があると思った。…たくさん寝る事しかできなかった」「そんなことないんじゃない?」「まだ可能性を模索してないだけだと思いますよ」「探せばいっぱいあります」引きこもりをやめる方向じゃなくて、有意義に引きこもる方向でアドバイスするのって、いかにも絶望放送だなぁ。
「まとまったお金が必要かも知れませんけど」「デイトレーダーとか」ううむ。それはちょっと。うまくいけば良いんですけども…失敗した時のダメージが大きくなりすぎませんかね。
「知識も必要でしょうけれども」「この番組を聞いていると言う事は、ネット環境も整っているでしょうから」「情報を収集して」収集できる情報は同じでも、生かせるかどうかは本人次第なので。
「ある人なんか、ネットで収集した情報だけで大学に受かった」この例に出ているのはまっとうな『収集』ですが、今年の受験で不正収集して捕まっちゃった人を思い出してしまいました。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「近所の人が母に尋ねていた。『2階の部屋はいつも締め切っているけど、物置かしら』」「お母さんなんて答えたんだろうね」「これを聞いてハーレムニートくんは何を思ってるんだろうね」むしろそっちが気になります。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「コンコン、コンコン、と窓をつつく音がした。小鳥が来てくれたのかと思って窓を開けた」「カナブンだった」カメムシじゃなくて良かった。
「結構ね、すげぇ勢いでぶつかってくんだよね」「アレぶつかってくっとすげぇ音すんです」「だからアレが突っ込んでくるの結構恐怖なんですけどね」我が家の周りも割と自然が豊かなのでたまにぶつかってきます。よしずを張ったおかげでリビングの窓は被害が無くなりましたけど。
「夜だったんじゃねぇのかなって」「夜だとすると小鳥は飛んでこない」「小鳥は」あんまり夜は飛ばないですよね。
「鳥目って言いますけど、鳥は鳥目じゃないらしいですね」「夜で見えない鳥目の鳥は、本当に何種類か」鳥の中でも特になじみ深いニワトリが鳥目なので、こういう名前がついてしまったようです。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「ネットに女性に聞いた嫌いな男性ベスト3」「3位中卒、2位ニート、1位引きこもり」「全部当てはまっちゃった。…てへ」でも、私の知っている中卒の人間は既婚者がある程度居るんですよねぇ。それこそネットアンケートに答える女性とは住む世界が違うんでしょうけど。
「4通目にして、ハーレムニートくんが中卒だと言う事が分かりました」個人情報がまたひとつ。
「引きこもりだという事は何となく察せる」「ニートだと言う事も」「絶望ネームもそういうお名前ですから」「ここで決定的になりまして」「プラス中卒」「バレますね、個人情報が」このコーナーはどうしてもそうなりやすいようですね。
「ハーレムニートくんに親しみがもてるかなって」いいことですね。ええ。ええ。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「この世には自分と同じ顔の人間が3人居るようだ」「会う事は無いだろうけど」案外、ネットで検索してみつかったりするかも。
「会った事ありますか?」「ないですね」私は『初芝清』という方と『吉永幸一郎』という方に似ていると言われたことがあります。
「佐藤Dは高校の時に隣のクラスに同じ顔の人間が居た」そら随分と身近に。愉快エピソードが色々ありそうですね。
「例えばだよ、良子ちゃんなんかは、今正面に座っていて」「ある意味、女性声優さんのなかで」「こんなに顔を知っている人は居ない」「女性声優っていうカテゴリの中では」「僕の中の女性声優さん知識の中で、こんなに毎週毎週顔を突き合わせていて『ああ、新谷良子だな』って認識できる人は居ない」「あたしも神谷さんぐらい」「新谷良子に似た人を見た事あるかって言ったら、居ないですよ」「あたしも神谷さんに似ている人見たことない」私も職業柄、いろんな人を見てきましたが、お2人に似ているという人間は存じ上げないですねぇ。
「全部が同じっていうのは、双子以外に見た事ない」私は『鈴木健』と『金村義明』という野球選手がそっくりなのを見た事があります。
「構成Tなんか」「あんなに分かりやすく、マンガで描いたみたいな顔してるのに、アレ以外見た事ない」「マンガの中には出てきそう」「旧日本兵とかでな」「西一にそっくりだ、と」「似てます?」「似てるのかなぁ」「ヒゲは生えてなかったからわからねぇなぁ」ちなみに西一はこんな感じです。ご判断は皆様にお任せします。
「受刑者か旧日本兵だよね」菜っ葉服のコスプレとかやめて下さいね。万一逃走と判断されたら大騒ぎですから。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「友達が欲しかったので、ワラ人形を作った」「僕がトイレに行っている間に、親がゴミ袋の中に友達をなげていた」なぜ捨てる。あと、捨てる事をなげるというのは北海道の方言ですね。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「彼女が欲しかったので、風船に顔を描いた。1週間でおばあちゃんになっちゃった」住む世界が違ってしまったようです。
「吹けばいいんじゃないか?」「そしたらまた若がえんじゃないの?」「ヒアルロン酸注入って」爆笑。ちょっと楽しそうだと思ってしまいました。

「絶望ネーム:ハーレムニートさん」「1人ジャンケンをしたら、1時間経った。1人しりとりをしたら2時間経った」「ひとりぼっちをしたら、3年経った」詩的ですね。


エンディング
「ではそろそろ新谷さんのパスポートの有効期限も今回の放送もおしまいです」「もう、ないけどね」今はお持ちでないのか。舞浜パスポート。

「新谷さん、tvkでの投票型さよなら絶望先生再放送、懺・最終話放送おめでとうございます」おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

「ここで、久しぶりのゲスト告知」「次の次の回、197回のゲストに、きよ彦役、じゃなくて久藤准役の水島大宙さん」大宙さんクル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

「未公開PVってなんですか?」「スペシャルCDはこれから収録します」「座談会は録りましたね」「未公開PVは例の『アンガージュマン』の別バージョン」「パパのやつね」「先生のやつね」「パパ呼んでやったんでしょ?」「ハンパないよ」「ぶっちゃけ、アレだけでも相当凄いですよ」期待のハードルを上げます。


お別れの一言
「あなたたちがもう少しパーソナリティに優しくしていたら、あんなことにはならなかったんです!分かりますか!」「サボテンが、花をつけている」優しくしてたらこんなに続かなかったかもしれないしなぁ。痛し痒し。


絶望放送文学集
「汚れちまった放送に」「汚れちまった放送に今日も抗議が降りかかる」「汚れちまった放送に今日もメールがありすぎる」「汚れちまった放送はまだまだ終わる気配無く」「汚れちまった放送は構成作家も縮こまる」「汚れちまった放送は何望み無く、希望無く」「汚れちまった放送は盛りのうちに死を夢見」「汚れちまった放送に痛々しくもおじけづき」「汚れちまった放送に為すところ無く日は暮れる」…これが絶望放送の鎮魂歌に聞こえてしまいました。

「以上をもちまして、皆様にご愛顧いただきましたミニ番組『絶望放送文学集』は最終回です」…せめて大宙さんのゲスト回までは残していただきたかった。

拍手[6回]

PR
・なんで出だしがたどたどしかったのかが若干気になりましたが、説明が無いと『あ、特になんでもないんだな』とスルーできるようになってしまいました。良いのか悪いのか。
・「おにぎり五郎です」「ノンストップアクビ子です」「もはや緊張感さえ無いスタジオ」もう今更…という感しかないのはリスナーとして間違ってますかそうですか。
・「そんなトークもしてたな、のコーナーです」最近メイン化してきてますね。
・「ダメアントワネットの回で話していたズボンは、フランス語のジュポンから来ているらしいですよ」「ジュポンはスカートの内側に穿くペチコートのことらしいです」もちろんズボン状の衣類自体はもっと昔からありますので、あくまでも名前の由来として、です。
・「191回で『がっかり観光死にるるぶ』は最終回を迎えましたが、実は関ヶ原ウォーランドの武田信玄や、桃太郎神社の桃太郎の像を造られたのは、浅野祥雲さんという、同じ方です」「関ヶ原ウォーランド、桃太郎神社、愛知県日進市にある五色園は浅野祥雲さんの3大聖地ともいえる場所であり、ファンには必見の場所です」ファン、想像以上に割とたくさん居るんだろうなぁ。
・あの感じの像が100体もあるのか五色園。
・「なんとなく同じにおいは感じていたんですけど」ミートゥ。
・「浅野祥雲先生、この番組的には超絶リスペクト」ツボをついた作品の数々でしたからねぇ。
・「走ってるお坊さん」「お坊さんばっかだね」「これ何でできてんの?」「なんなの?」「なんでこれ100体以上作ったの?」「これは行ってみたいわぁ」「鬼どうなってんだろう」「すごい…すごい!」「画像検索推奨でございます」ググったら色々出てきましたねぇ。公式サイトが無いようなので敢えて直リンは避けますが、youtubeに動画がありましたのでこっちを貼っておきます。



・「死にるるぶ最終回で紹介された都筑まもるくんは都筑にやってくる以前バブル期に横浜のバイパス道路脇にあった恐竜の森、というテーマパークに居ました」「森で恐竜じゃなかったのはまもるくんだけでした」なぜ?なぜに?
・「まもるくん、その中で唯一恐竜じゃなかったんだ」「だからこそ生き残ったという考え方もある、と」何が幸いするか分からんもんですな。
・「どうでもいい話。桃太郎が現在の形に整備されたのは明治時代の教科書にさいようされてからでで取り上げられてから」「それ以前は日本各地で話型が異なり鬼退治をしないものや、お供がいないものなど色々あったそうです」「だから日本中に桃太郎の神社があるんですね」「すげぇぼんやりしてたんだ」もともと神話民話というのは口伝が多いですしね。地域性なども発揮されますし。
・「絶望ネーム:キスしよっと焦っていたらハートブレイクさん」「絶望した!自分の担当編集者さんがさのすけを知っていて絶望した!」「小さく描いていたらみつかりました」「ちなみにジャ○プの人です!」ということは、この方、漫画家さんで、ジャ○プゆかりの方?…ううむ。業界関係者リスナーリストの膨大なページにまたひとつ名前が増えたようですな。

拍手[5回]

オープニングコント
「うう、どうしよう。やっぱり傷つけちゃったかなぁ」「どうしたんですか日塔さん、携帯片手に困ったような顔をして」「中学校で一緒だった友達とメールしてたんですが、何気に『最近彼氏とどう?』的なことを聞いたら、最近別れてしまったらしく、落ち込んませてしまったんです」これ自体があるあるですが、奈美のキャラ的にもあるあるだなぁ、と思いました。
「ああ、ありますよねぇ。ジャブのつもりがストレートパンチになってしまうこと」「話題作りのために何気なく切り出したことが相手を打ちのめしてしまうことが!」ジャブにしては踏み込みすぎの場合に多く見られると思います。
「たとえば、『お前の家、初めて来たけどお母さん若くね?』」「『ああ…父さん、再婚してるんだ』とか!」こういうパターンで、年上の女性と再婚するパターンって少ないですよねぇ。なぜなのかちょっと不思議です。
「さらに!『ずっと気になってたんだけど、あの、○○君って女の子に興味ないの?』」「『うん、実は俺、がちほ』」「『いやぁぁ~~っ!』とか」二次元派じゃなかったのか。どっちが良いのか悪いのか。
「さっきから聞いてればダメージ受けてるのパンチを繰り出したほうばっかりじゃないですか!」「大振りなパンチですから、カウンターになる事が多いのです」「久しぶりにうまい事言ったつもりか!」攻撃には反撃がつきものです。


オープニングトーク
「きっとこういうことがあったんでしょうな」「これ以上はやぶ蛇になりそうなので黙っておきましょう」この賢明さが番組継続の秘訣。

「twitterにてるるぶの公式アカウントが、『死にるるぶ』を知っていらっしゃったことが発覚しました」もう、驚くまい…。
「タイムライン上に『死にるるぶ』がちらほら」「『Webラジオ、さよなら絶望先生でがっかり観光死にるるぶが久しぶりにオンエア中の模様&そして最終回。仕事中なので後で聞きます』とのツィート」惜っしい。さよなら絶望『放送』です。
「死にるるぶのグーグルマップのリンクも貼ってあったので見てみたところ、自分がだいぶ前に投稿した夏目漱石誕生の地、ふれあい下水道館もしっかりマップにありました」「なつかしいな、ふれあい下水道館に一緒に行った当時の彼女は今何をしているんだろう」「最後に一行はいらなかったんじゃないか?」「これがあったせいでまずそっからいじんなきゃいけない」でもそれがあったからひとネタ増えてます。

「ネットの言葉って難しいね」「とりあえず本家が知ってるってことです」「そして、聞いてるって」「先週に引き続き今週もこういうネタ?」続く時は続くものです。
「黄色いあんちくしょう」ハマの赤いあんちくしょうじゃないんですから。
「最近さのすけが本当に憎くてしょうがない」妬む程度にしておきませんか?
「るるぶが死にるるぶのことを知ってくださって」「最終回をちゃんと聞いて下さっていたということですな」「ネットって怖い」怖いのは確かに怖いと思います。拙ブログも思わぬところからコメントやら拍手やらいただいて腰抜かしそうになったこともございますし。
「もうダメだ。ネット全面禁止」無理です。
「ま、死にるるぶは終わりましたから」「認識されているっていう事が、ありがたくもあり、迷惑でもあり」「恐縮ですね」「恐縮です!」今週の昭和ネタ。


今週の標語
「蠍座の私には、センチメタリズムな絶望を感じられずにはいられないのだよ」11月4日だからなるほど確かに蠍座の男ですな。望の毒は自分自身に回っている気がします。


藤吉ハルミの憂鬱
「170回でやって以来なので、約半年ぶり」そんなにやってませんでしたか。というか、170回ですらもう半年前の出来事なのか…。

「絶望ネーム:仮面ライダー鮫肌の心さん」「この歳になってライダーキックの真似をするとは思わなかった。そして、足をひねるとも思わなかった!」「ひねるよ」ひねる以上のケガも珍しくないので真似する時はご注意を。
「ライダーキックってどんなの?」「ライダーキィーック!」「こういう状態です。これが凄い遠くから飛んでくる」「それはどっちの足で踏み切るの?」「両方の足でジャンプして」「凄く高く飛び上がった後に一回転してライダーキィーック!」「そりゃ足挫くわな」これはもうご存じない方には見ていただくしか無かろうと、あちこち探しましたが意外とピッタリ来るのがみつかりませんでした。
「ライダーだからあんなに飛べるし、ライダーだから足ひねらないし。ライダーだからだよ」ウルトラマンもスペシウム光線が出るのはウルトラマンだから。
「ライダー超かっけぇ。超かっけぇ」「お二方はそうでしょう」「ディレクター佐藤も『超かっけぇ』って言ってた」「なぜなら特撮好きだから」「俺たち特撮好きだから」実に強い紐帯。特撮ネタスペシャルとかも面白そう。また新谷さん置き去り回になること確実ですけども。
「やると骨折るよ。…骨折るよ?!そうなの?」「『中学生の時にライダーキックの失敗で左手をついて』『腕が曲がりまして』『折れてた』」「ばかじゃねーの」中学生かぁ…。さすがに中学生でそれは私の周りにはいなかったなぁ。
「ライダー以外がやっちゃいけない」全くです。
「鮫肌の心はまだマシだった」「ディレクター佐藤は左腕ボキッといっちゃったから」しかも、話を聞くだに痛そうな折れ方。

「何気なく、ぴろしのモノマネをしてみたところ、思いのほか似ていた」ぴろしは割とモノマネがしやすいですよね。あと、田村ゆかりんのラジオに出てくる焼肉くんも。
「なんで?」「いつどこでだれに向かって」「一人でやったのかな?」「やったっていう事実しか書いていない」「失敗したとも幸せになったとも」多分衝撃が強すぎてそれ以上書けなかったのではないかと。
「似ていた、良かった、なのかな?」「似ていた、うわっ、なのかな?」「6:4で幸せ、かな?」「じゃよかった」何よりです。
「ぴろしは誰でもできっから」「俺も得意だし。ぴろしのモノマネは」「そういうことにしといてくれ」ぴろしは割と多くの人の心にすんでいる。

「昨今の声優人気を思うに、声優さんを攻略するギャルゲーが出てもいいと思うんだ。ご本人を二次元化して、新谷良子(CV.新谷良子)」「新谷さんルートなら壁ドンイベントは必須だよね」「神谷さんは主人公の親友ポジションで(笑)」「とりあえず井上麻里奈さんは出して欲しいな」「という話を一点の曇りも無い目で友人に話したところ、普通に引かれました」えーと。それは何年か前に割とあった話で。『PC-FX 声優』でググると色々資料性の高いものが出てくると思います。
「世間的な評価ですよ」「僕らある意味渦中の人じゃないですか」「世間一般から思われている声優の良いイメージとしては、2.5次元なわけですよ」「2次元の人でもないし3次元の人でもないみたいな扱いされてる時もあるわけじゃないですか」「それを良しとするか悪しとするかは分かりませんけれども」「そういう発想からすると、こういうゲームは成立するのかしないのか」するのかしないのか、と言われますと、昔成立してた時代もありました、としか。
「声優さんを目指すキャラが出てくる、とかならありそうですけど」「新谷(CV.新谷)みたいなのはよく分かんないですね」「それはホントだけどホントじゃないし」いや、まぁ、ゲームなんてそもそもそういうもんですから…。
「絵?写真?」「立ち絵?」「立ち写真?」せっかくなので実写とアニメ絵とを選択制にしていただけると購入層が広がると思います。
「声優さんを使った実写取り込みのゲーム」「プレイディアであった気がする」エレメントボイスシリーズですな。…ああ、何で覚えてるんだ自分。一応確認のためにググりましたけど、ちゃんとあっててイヤな気持ちに。残り少ない脳細胞を私は一体何に費やしているのか。
「弊社の先輩とかが出てたよ」「弊社の大先輩、國府田マリ子さんとか、久川綾さんとか」いかん。そのお二方の名前を聞くと色々蘇ってくる。ええ、どちらのラジオも聞いておりましたが何か?
「じゃあ、もうあるんじゃないですかね」「あれゲームだったのかなぁ」「デート気分を味わえるみたいな内容」なぜかボーリングをするゲームがあったなぁ…。
「一歩進めてゲームとして成り立つようにっていう企画」「実際ね、構成Tが非常に前向きなんですよ」「『いいんねすかそれ。売れますよ』」今でも売れるかなぁ…。
「『マネージャーになって大声優に育てる的な?』」「どっちかっていうとアレか。ふにゃふにゃマスター」「アイドルふにゃふにゃみたいな」デートゲームじゃなくて育成ゲームですか。どっちが受けるかなぁ。
「結局パラメーターを上げるためのゲームになるんすかね」「じゃあリアル成分入れちゃつまんないもんね」「ゲームになって面白いって思ってもらえるリアルじゃないですもんね」「何言ってんだ?」自白?
「ゲームって基本的には数値化じゃないですか」「数字的なものが表に出てなかったとしても」「どれだけフラグを立てるかによってプラスマイナスがあって、最終的にプラスが一番多いキャラが攻略できますよ」「それをこう、うまいことフラグだったりとか数値化だったりを隠しているのが昨今のゲーム」「あからさまに数値化されてるのがときメモ」このあたりの分析はさすがアジアさん。
「そういうタイプのゲームにしたとしても、しなかったとしても」「結局、数値では計れないものなんですよ。我々は」「そうですよ」「この絶望放送だって数値で計れないところがあるから、みなさん聞いて下さってるわけじゃないですか」「結果2人ですけど」「その設定まだ生きてるから」「書かれてることを僕ら読んでるだけですから」「だったら数値化できんじゃなんって話」「それはさておき、だ。そんなの数値化されても困んぜって話なわけですよ」ううむ。数値化できないものを敢えて割り切って数値化してきたからシミュレーションゲームが面白く盛り上がったと思うんですが…。どうでしょうか?
「『それでも面白いと思いますよ』ってことですか?」「たとえば、演技パラメーターを上げる、歌パラメーターを上げる」「声優さんの仕事は多岐に渡ってますからね。我々みたいにラジオでフリートーク…うぅ、書いてること読んでるだけですけど」『うぅ…』が凄く良かったです。この墓穴の掘り方はニヤニヤしますね。
「ナレーションだったりとか、歌だったりとか、お芝居だったりとか」この場合のお芝居は声の演技というよりも舞台的なお話でしょうね。最後に来ている訳ですし。
「ともすれば、雑誌のグラビアスキル」「必要。確かに」「あれは…スキル欲しいわぁ」実感籠っておられる。
「ポージングとかも入ってくんじゃないですか?」「それはそれで違うゲームになりそうだな」「一環ですもん」「YOUはこのポーズをとりなさい」「こうか?こうか?」今週の視覚的ラジオ。むしろ動画配信希望部分か。
「いっぱいいろんなポーズをとる訳ですよ」「それを実際やるんだったらグラビアさんを育てるゲームの方が」いや、そもそもとして、みんなは声優さんとキャッキャウフフがしたいのでは?
「そもそもそういうゲームを作りたいんですけど、新谷さん出てくれますかって言ったら出るかい?」「出ない」「だよねー」イヤな結論が出てしまいました。


こもり上手と呼ばないで
「今回は残念なことに、全く萌えのない男性のこもり上手さんの特集です」そうかぁ。隅っこアロマテラピーさんは出ないのか。…いやいや、飛ばしませんよ?聞きますよ?

「もう6月だ。5月病は終わったんだ。治ったんだぞ!と、毎年自分に言い聞かせる」6月の恒例行事ですか。
「何年ぐらい言い聞かせてるんですかね?」その長さによって引きこもりとしての階級が決まりそう。
「7月あたりはどうするんでしょうかね」「また新たな5月病が」「5月病ってさ、5月になるから5月病って訳でもない」「5月になりやすい」5月に発症しやすいだけで、5月以外にも発症は可能だそうです。
「こいつ、どういう新しい環境になってんの?」「5月病は言い訳だ!」「5月病じゃないんですよ」なんかきつい言葉が連射されてますが大丈夫ですかね。
「発症しようがないんですよ」「北極とか南極にいたら、風邪にならない」「寒すぎて菌が生きていられない」「それと一緒ですよ」「模様替えとかかな?」「大丈夫だぞ」「5月病じゃないもん」いやいやいや。5月病がきっかけでこもっちゃった人かも知れませんので。

「本当に、靴を舐めたら仕事をくれるんですね」「え?」「どういうこと?」それぐらい切羽詰まってるということなのでは?
「これ、コーナー間違ってねーのか?」「靴を舐める仕事?」「靴を舐めるだけの簡単なお仕事です」「どんな仕事だよ」Sの女王様という職業があるなら、M男という職業があっても…無理か。無理だな。
「意味が分からないっちゃ分からない」「この番組に来るメールは全体意味が分からない」「そもそもこのコーナーで合ってんのか?」「じゃどのコーナーが良いと思います?」「一矢?」「報いてもいねーな」「携帯版かな?」「それだ」確かに携帯版なら違和感ない。
「みなさんもしかしたら携帯版の事を存じ上げない方もいらっしゃるかも知れないし、聞いた事ない方もいらっしゃるかも知れませんが」「こんな内容です」「如何ともしがたいメールを読んで、如何ともしがたい気分になる」ディレクターと構成作家がBLコントをやるという、もっと如何ともしがたい気分になるコーナーもあります。

「今回ニートばっかだな」そもそもそういうコーナーですので。
「甥っ子が言った。『おじさんみたいになりたい!』」「俺が『どうして?』と聞くと『おじさんは毎日休みだから!』と甥っ子が言った」「そう見えるのね」それ以外には見えないと思う。
「毎日が日曜日だったらいいのに」「それを実証しちゃってる」「子供の頃の夢を叶えると…」夢は叶えるまでが楽しいそうですね。

「自分を変えるために一人暮らしをしようと思った」「でも、テレビで『人間は一人では生きられない』と言っていた。もう少し親と生きていこうと思った」うーん。言葉の字面は合ってるけど、意味が違うでござる、の巻。
「一言だけアドバイス」「確かにその通りだと思います」「もう親と一緒にすんでる訳じゃないですか」「そういう環境にしかいない訳ですよ」「実際に一人で生活してみて、実践することが必要」「一人で生きてみることも必要」「人間は一人では生きられないんだな」「気付いてこその、この言葉の重さの意味ってのが分かるわけじゃないですか」「頭でっかちになるのはイカンわけですよ。自分で悟ってこそのこの言葉」「やはり、一人暮らしはするべきです」色々学べることが多いのは確かです。間違いなくそうです。
「人間、一人暮らしをしたことの無い人とは一緒に生活しちゃイカンですよ」えーと。うちの妻がそうなんですが…。
「一人暮らしをしていると、全部自分でしなきゃいけない」「人にやってもらうのが全部当たり前だと思ったら、ロクな人間にならん訳ですよ」まぁ、うちの妻は例外だったんで良かったです。
「どうだ!」「素晴らしい」「すげぇ良いこと言った」「今日もう全部仕事やりきった感じするわ」「まだあるよ」このトドメのさし方。これぞ絶望放送。


ポジティブですよね~!
「ぼくとりょうこちゃんがにがてなこーなーだぞお」そうですね。

「今回あまりにも荒唐無稽すぎて」「メールを読んでるだけで頭痛くなって内容を理解しようっていう気にならニャい」猫神様が若干混じってます。もっと混ざっても良いんですよ?

「今回どれも無理だよ」毎回そんなことを言っている気がしますが。
「電車で荷物を座席に置き、自身は座らず立ったままでいる女性が居ました。席も空いていたので近くに居た方が『お座りになってはいかがですか?』と声をかけましたが、『私は外国人じゃないので座れません』と日本語で答えていました。さぁ、ポジティブにどうぞ」「どうぞってこのメールおかしいでしょ?」「若干ケンカ売ってるみたいになってますけど」いやいや、ボールの投げ方が新しいだけですよ。
「私は神谷さん仲間だと思ってます」「裏切るのかな?」「神谷さん頑張って」仲間宣言からの、この短時間での身のこなし。
「意味わかんねぇ」「この方は、日本の方なのかな?」「えぇ〜何?そういう地方の方なんじゃないかな」あるとしたらどこだろう。私の個人的なイメージだと、会津とか薩摩とか旧藩以来の受け継いでいたら、しつけも厳しいそうだな、とは思いますが。
「なんなの?未来から来たの?」「未来ではそういう風になってんじゃないの?」「夢オチと同じくらいズルい」未来万能説。
「無理だよ、最初からそんなの諦めてんもん今回は」開き直ったし。
「未来からきた人だと思うと夢がありますね」「良子ちゃん優しいね」「そういう荒唐無稽なことを言って『この人はまさか、未来人なのか?』っていう想像を抱かせて」「楽しい気分にさせようと」「良子ちゃんワンポイント」今のはシュートがアジアさんで新谷さんアシストだと思うんですが。

「答えやすいのいこう」「そのハードル上げやめて下さいよ」さすがにもう油断しないな。
「昔、山梨にいたとき『君は太平洋を見たか、僕は日本海が見たい。』と書いてある看板を見た。一体あれはなんだったんだろう」ググると、中部横断自動車道のキャッチコピーだということが判明しました。鉄オタなので道路開通にかけるアツい思いとかはよく分からないんですが、小役人なのでこういうコピーになりがちな経緯は割とよく分かるつもりです。
「良子ちゃんは」「日本海ばっかり見てましたからね」「山梨って大体にして」「真ん中ぐらい」「海が無いところですからね」「なんにも無いって言ったらアレですけど」「海は無い」「内陸」武田信玄も海を目指して戦ってましたしね。
「僕、日本海見た事ないですから、見てみたいですよ、それは」「それを神谷さんは看板に書きますか?」「その想いがあまりにも溢れてしまったら看板に書く可能性もあります」「頭が働かない!」ギブアップ宣言が。
「賢明なリスナー諸君ならお分かりかと思いますけど、この番組、2人の仲が良過ぎるので」「自分で言ってて恥ずかしくなってきちゃった」唐突に何の告白ですか一体。
「ダメな時は2人ともダメなんです!」「そういう番組なんです!」ええ、ええ。知ってますとも。そしてリスナーはそのダメっぷりを存分に堪能する、と。
「この看板ね、山梨でいう掲示板なんですよ」「看板じゃなくて掲示板」「雑談っていうタイトルの掲示板なんですよ」規模でかいなぁ。
「最近見なくなりましたけどね、駅に置いてありましたからね」「コミュニケーションの一環として置いてある」「神谷さんみたいに『日本海が見たい』という想いがあふれてしまった」「返事とか書いても良かったと思いますよ」北海道ほどではないにしても、山梨も行くところに行くと『隣近所』が広範囲だそうなので、あってもいいですね、そういうの。

「小学生になる甥っ子に『お前に負ける要素はどこにも無い!』と言われました。ポジティブにお願いします」「全否定な訳ですよ」これはマジレスしたらその時点で負けだし、かなり高いハードル。
「ライバルとして認めてくれたんだ」「うむ、小学生になる甥っ子が、やっとそこまで認めてくれた」「甥っ子が成長した」全否定よりは遥かにポジティブ。
「『お前に負ける要素はどこにも無い!』と悟った訳ですから」「今後の成長が非常に楽しみ」どこまで育つのか。結果、この番組に投稿するようになる気がしてなりません。


エンディング
「では、そろそろ高橋プロデューサーとタケさんの信頼も今回の放送もおしまいですbyじらしっくぱーくさん」誰からの信頼か、というのにもよりますが、番組存続の致命傷にならないことを願うばかりです。あぁ、ちょっとシャレになってないかも。

「新谷さん、47都道府犬の石川犬役おめでとうございます。でもなんでナスなんでしょうか?」石川と言えばキュウリですよね。ええ、ええ。

「6月10日放送のオールナイトニッポンGOLDに大槻ケンヂさんがゲストで登場され、林檎もぎれビームについて、タイトルの元ネタのお話や、懺・絶望先生のオープニングがいかに凝っているかなどのお話をされていました」「良子ちゃんの名前も出ましたよ」「6月29日発売の特撮の新しいアルバムに入るそうですね」オーケンさん、割と本気押ししてくれてますからねぇ。嬉しいですねぇ。
「バージョン違いが入るってこと?」「特撮のみなさんで」「絶望少女達のボーカルも入るんだ」「ありがたい」良かったですね新谷さん。
「キングレコードから出んの?」「ベッキー宮本やり手やなあ」「アニメーションのプロデューサー…、あの…、でも音楽のプロデューサーとしてはホントに」まあ、どっちもダメよりは遥かに…。


お別れの一言
「あなたたちが私の翼でーすぅ」先生何枚の翼をお持ちですか一体。


ぐわんば!
「びびるという言葉は平安時代から使われていたんです!」古語辞典で調べちゃったじゃないですか。ホントに載っててビックリ。

「キャベツの胸を大きくする成分は『ボロン』と言います!」「ちなみに私は栄養士です!」「科学的に胸を大きくすることは可能ってこと?」さすが党首。おっぱいネタは食いつきが違うなぁ。
「いっぱいキャベツ食べとけば良いのか」「それがタブレット錠になっていて、『ちちでか錠』みたいに」乗りすぎです。
「チチデカZ」「チチボロンZ」「チチボロンWは?」ああもう、止まらないよ党首。

「フランスパンにフランスは入っていません!」でもフランスの香りはするヨ。

「ペペロンチーノの別名は『絶望のスパゲッティ』なんです!」ニンニクとオリーブオイルと唐辛子で作れちゃうヤツですからな。追いつめられた感じがするかも。
「アラビアータだっけ?怒りんぼって言われるの」辛さのあまり食べると顔が赤くなりますからな。

「岩手県には『にのへ』という市が存在します!」ああ、そうだ!言われてみれば!それしってたのにネタとしてつなげられなかった!くそう。敗北感が計り知れない。

「普通の普と言う字を分解したら、日と並になりました!」「分かってたのかな久米田先生」「えぇーこわーい、すごーい」なんで『こわい』?
「すげぇ」ネタに深みが増しましたなぁ。

「皆様にご愛顧いただきました未に番組『ぐわんば!』は佐藤Dのエフェクトネタが出尽くしたということで今回で最終回です」ああ、それはもうしょうがないか。

拍手[3回]





・情報チェックが遅かったので入手が随分遅れてしまいました。表紙の、ブラックモンブランを食べる奈美がなぜだか異様に可愛いんですけど、私の死期が近いんでしょうか?
・クモハ通信15では62回から66回までが取り上げられております。キーワードで言うと「レベル4」「トランポリン」「キュウリの味噌汁が能登さんに飛び火」「男同士の合コン」「耳を舐めると押した押したとに新谷さんフィーバー」「野中さんが本編に初ゲスト」「プチ云々」「ゲル状のブラックモンブラン」「天然のフリをします!」のあたりです。返す返すも名言多いなぁ。
・いつも書いていることで申し訳ありませんが、画像のチョイスセンスの見事さと入手ルートに脱帽です。今回について敢えていくつか言及すると、過多書きトランプと哀戦士のCDとキュウリの味噌汁とへその緒の桐箱ですかねぇ。全然絞りきれてない…。
・野中さんがサインをもらった、というお話のところで「うっそだー」「どうせ自慢大会でしょ」という奈美≒新谷さんの表情が絶品です。
・聞いた頃は新谷さんの特技の話題でピアノについてももう少し掘り下げても良かったような気がしていましたが、クモハ通信でネタを見直してみるとやっぱりトランポリンのインパクトが強すぎますよねぇ。
・紙ブログについては…何と申し上げて良いか。どうかお大事に。

拍手[0回]

・心臓にあまり良くないタイトル。
・「梅雨ジメジメ星人です。ジメジメさせちゃうぞ」35度という気温に苛まれるよりは、ジメジメの方がマシかも知れない。
・「じゃじゃ丸です」忍者?忍者の方?
・収録の帰りの電車で会話が無い→一緒に帰らないにレベルアップ。
・「スタジオは一緒に出るんですけどね」さらにもう一段オチを用意してくれてます。
・携帯版が絶望放送そのもの、という方が他にもいらっしゃるとは…。
・「DJCDを買った際、神谷さんと良子ちゃんが普通に名乗っていてビックリしました」斬新な感想。そうかぁ。そうだよなぁ。そうなるよなぁ。
・「絶望放送はパーソナリティが名乗らないタイプのラジオだと思っていたので」「本編に佐藤Dと出てこないんですか?ビックリです」斬新な感想連発。
・ショートショートBLはもう勘弁してあげて下さい、というメールに対する佐藤さんの「ありがとう」が実感ありすぎて何も言えません。
・「パソコンお持ちでない方はこの番組聞いてないと思ってたんですけど」ミートゥ。
・本編とのリンク性はほぼ無くなりましたなぁ。
・「絶望ネーム:まりかのMはSMのM(女性)さん」「敵だ!」エネミーサインですかそうですか。
・「もう自分の気持ちに正直になる」「積極的な攻めになる!」この解釈力がなくては、BLは書けない、ということか…。勉強になります。
・「本当に怒った時は佐藤Dしゃべらなくなる」分かります。よく分かります。
・「佐藤Dが本気でコントを最後までやりきったら最終回」「間(あいだ)とった。素晴らしいアイディア」というわけで、卒業試験開始。
・「マヨネーズ佐藤とマーガリン田原とショートショートBL、最終回」「もう、こんなコントしたくないよ。オレ、ただのディレクターだぜ」「みんな、お前のことが好きなんだよ」「みんな?……お前は?」「…………はい!」間が、間がなければ完璧だったのに。あぁ、ちなみに私は存続賛成派です。

拍手[2回]

オープニングコント
「もはや突っ込むのも面倒になってきましたが」面倒でもツッコまないとどんどん悪化しますゼ。
「日塔さん、本番中におせんべいを食べながら漫画を読むのはどうかと思いますよ」「久しぶりにとあるコミックスの最新刊が出たんで読み返しているんですけど」噛み合ない会話。なんという学級崩壊。
「このくるみって子、なんか気になるんですよねー」「個性が無いって言われているところとか特に」キャラ設定は似ているけれども、中の人つながりは無いんですよね。
「それは同属嫌悪に近いのかも知れません」奈美と、とあるよそのコンテンツの普通系キャラ2名とが顔合わせして全員内心で『普通ー』って思っているイラストを思い出してしまいました。
「道を歩いていて同じようなファッションをしている人がどうしても気になったり」メインブランドがユニクロだと気にするまでもなくなります。
「それが進むと、自分はオタクなのに、彼氏彼女は一般人がいいと言ったり」趣味に理解のある一般人、ねぇ…。オタ夫婦もいいもんですぜ。
「ジャニオタがAKBオタをキモいと言ったり」鏡に向かってなんか言ってる人が。
「ファミレスでアニメの話をしている集団が、隣の腐女子集団を痛い目で見たりするのです」コミケの帰り道に有明近辺でよく見られた光景ですな。
「絶望した!自分を棚に上げて同属嫌悪する世の中に絶望した!」行き過ぎると内ゲバになって死屍累々しますのでご注意下さい。
「というわけで『ぱにぽに』最新16巻、好評発売中です」氷川先生、またエンドカードお願いします。
「先週からアニメイトTVで始まった『かってに改蔵ラジオしてもいいぜ』もヨロシクお願いします」「どちらが弟分かどちらが兄貴分になるのか、分かりませんがね」兄弟で例えると、弟の方が先に結婚しちゃった、みたいな感じでしょうか。


オープニングトーク
「ぱにぽにの最新刊16巻が出たんですね」「みたいですよ」「ということは、どうやら最近連絡を取っていませんが、氷川へきるが生きているようですね」単行本が生存証明になるのか。雑誌掲載じゃダメですかそうですか。
「あの人は」「twitterだけは妙に上げてるでしょ」「それを見ればいいんだけど、それすらも見ていない」もはやそういうプレイにしか見えない。
「かってに改蔵ラジオしてもいいぜ、というラジオが始まった」「久米田作品のラジオが、2つもアニメイトTVでやっている」「どっちも水曜更新なんだ」ですね。一応、慣習に従って水曜は絶望放送本編、木曜は絶望放送携帯版、金曜にかってに改蔵ラジオとアップしております。
「じゃあもういいじゃんこっちは」いやいやいやいやいや。
「どっちが弟分でどっちが兄貴分になるのか」「向こうの方が大先輩」「かってに改蔵兄貴大先輩」「チィース、ですから」「改蔵兄貴チィース」望と奈美が改蔵に向かってハスに構えてあいさつしている絵が浮かんでしまいました。
「文字どおりさよならっスわ」「終わる理由がみつかりました」まだダメです。

「絶望ネーム:MOGUいちごさん」「どうも、MOGUの中の人です」「さのすけは、洗うと破裂します」「マジでっ!」衝撃の告知来ました。
「中のパウダービースが水を含むと膨らみ、たぶんぱっつんぱつんになってとんでもない状態になると思います」「試した事は無いですが」パウダービースって水を含むと膨らむんですか。また新たな知見を得ました。
「もし、元のさのすけに戻したい場合はパウダービーズを入れ直していただくか、やはり、二世を作るかして下さい」「生地が弱ると最悪ビースが漏れてきます」そうなると止血みたいな形でそれを止めないといけませんね。…ガムテープは勘弁してあげて欲しいところですが。
「ひとつ提案なんだけどよ」「さっちゃんとお風呂入りてぇなと思ってたんだ」「無理みたいだね。破裂するって」まさに『リア充爆発』状態。
「俺の夢だぜ。さっちゃんと風呂入るってのは」「命がけ?命がけなの?」「いや、でも命をかけるだけの価値はある!」「最後に見るのがさっちゃんですからね」ある意味理想の死に方。
「そのあとしっぽりとよ、俺とさっちゃんで共同作業で二世作るっていうのは」「その前に破裂しちゃうよ」「破裂する前にさっちゃんと二世作りをして、そのあとお風呂入って、命がけ!」「俺は死なねぇけどな!」「俺は不死身だから絶対死なねぇけど」てか、さおりんのトラウマになっちゃうといけないのでやめて下さい。
「ニョロニョロみたいになってきたよ」「凄い縦長すぎる」「一時期メタボだったのに」思いもよらぬ方向へと進化するさのすけ。一体後いくつの変身を残しているのか。


今週の標語
「この絶望はもう、吾輩の舌の上だ」子安さんをゲストに…ゲストに……。


愛が…重い!
「頭からこれ」コース料理の最初に肉料理持ってくるようなもんですな。

「会社の飲み会が終わると、必ず奥さんが迎えにくる新婚の後輩O君」「『随分愛されてますなぁ』とチャチャを入れたら『いや、ホントに会社の飲み会だったのか、確認しに来てるだけッスよ』と言われました」「照れ隠し、だったらいいなぁ」残念ながら、それ以外の何かの可能性を否定できない。
「職場とウチが近いんですかね」「車とか」「酔っぱらっちゃった旦那様を迎えにくる良き妻」「近かったとしても遠かったとしても、良き妻ですよ」確かに、飲んだあと歩いて帰るのが面倒な時はそういうのが羨ましいと思う事もあります。
「物凄い愛されてる」「愛はありますもん」「重いかどうかの違いで」重さを取り上げるコーナーで、そこをさて置いちゃうんですかそうですか。
「後輩のO君はそれで良しとしている訳ですから」良しとしているのか、させられているのか。

「3年前に別れた彼女と付き合っていたとき、ショッピングに行き、たまたまいいお皿を見つけると『あたしとそのお皿、どっちが大事?』と言われ、『キミだよ』と答えると『じゃあ、それを割ってアタシに愛を示してよ!』と言われました」あれ?これ、『良子!不良子!普通の子!』のネタ?と思ってしまいました。
「包丁を買いに行った時は死を覚悟しました」何があったのかを具体的に記述されていないのは配慮ですね。分かります。
「愛情のこもった料理を出すにあたって、お皿ってのは2人で選びたい訳じゃないですか」「そういう大切なものを2人で買いに行ける関係ってのは素敵だなって思いますよ」「神谷さん、どうしたの?今日」割と真っ当なフォローだと思うんですけど。そんなに心配?
「食器類をいっぱい売ってるお店にいくのって難易度高いなって思います」「僕リュックスタイルじゃないですか」「怖くて怖くて。店内歩くのが」「ちょっとひっかけてこれ全部割っちゃうんじゃないかっていう恐怖感にかられるんだよね」「全部割っちゃうかもって思ったら、その1枚を叩き割ってみせろって言われることくらい大したこと無いッス!」そういうことか。うまくつなげたなぁ。

「僕のはとこには長年付き合ってる彼女が居ます」「にも関わらず、はとこは最近浮気をしてしまったそうです。しかも、浮気相手に子供ができてしまいました。そんなわけで、はとこはその浮気相手と結婚をする事にしたのですが、彼女に事情を話して別れ話を切り出したところ、彼女は怒る事なく満面の笑みを浮かべ『大丈夫、安心して、その子は私があなたと一緒に育てていくから』と言ったそうです」うーむ。重いと言うか深いと言うか…。これ、取り方によってはいい話にも取れますよね。
「子供っていうのは愛の結晶な訳ですよ」「自分以外の女性と、そういう愛の結晶ができてしまったにも関わらず、それさえも含めて『私が育てて行きますよ』『それぐらい私はあなたの事を愛していますよ』」「素晴らしいですね」「そこまで愛される事って無いじゃないですか」「そんなに愛されるのって、母ぐらいなもの」「両親ぐらいなものですよ」「何だこのコーナー」ちょっと見失ってしまいそうです。
「神谷さんがそういう風に持って行ってるんです!」「1個目のコーナーなんだもんよ!最初っから暗い気持ちにさせて、この後聞き続けるのがキツいみたいになるの困るだろ!」「みんな慣れてるよ」安心されてしまっている!いやまぁ、平気ですけど。
「こういう女性の気持ちは分かりますか?良子ちゃんは」「はとこがムカつくっていうだけですもん、このメール」「はとこがむかつくんだ。はとこの浮気相手じゃないんだ」「あたしは男の人が悪いと思う」まぁ、実際悪いですし。否認しなかった事も含めて。
「あぁ、そうなんだ」「割とそういう考え方って男の人の考え方だって言うよね」「女子は女子に行く」そのようですね。女性が女性を攻撃対象にするのは、男性を悪にしてしまうとやり直せなくなってしまうから、と私は推測しております。
「その人がたとえどれだけ自分の旦那が好きでも、旦那が行かなきゃいい」「好かれる分にはいいけど、行っちゃうから問題になる訳で」「旦那が悪い気がする」「僕も男性なんで、その意見に賛成なんで」「女子違うって言いますもんね」「まぁ、そういうふうな考え方を持っている女性が居るとしたら、古風なのかも知れません」「そういう発想自体が昔の考え方っていう」「それこそ小泉八雲とかの時代でしょ」「小泉八雲の怪談の中で、恨んで、化けて出て、女性の枕元に立つみたいな」「それに対して小泉八雲が『それはおかしいだろ、男性の枕元に立てよ!恨んで死んだんだったら!』」「『それは男性の考え方であって、女性は違うんですよ』って奥さんが」その話を読み返すたびに、奥さんのツッコミがいいなぁ、としみじみします。ある種の理想像。
「良子ちゃんみたいな考え方になってきてるのかも知れません」まぁ、今は『この人が居ないと生きていけない』という時代でもありませんので。
「教養番組的になってきました」迷走迷走。

「いつも楽しく拝聴させていただいております」「このコーナーに送られてくる修羅場、刃傷沙汰を耳にするにつけ、あぁ、俺ってそういう恋愛での面白い体験話無いよなぁと痛感致します」「そんなこんなで面白いメールひとつ送る事なく、一昨年、無事、離婚が成立しました」無事で何よりです。割とマジでそう思います。離婚が離魂になっちゃう人も居ますし…。


アトラス・タニマクス
「今回はコミックライターズ∞の感想特集です」行けなかったので色々助かります。

「タイトルの中にアトラスって入っちゃってるんですけどいいんでしょうか」タイトルの元ネタに入っちゃってますからね。
「僕もアトラスのゲーム好きなんで良しとしましょうか」タイトル元ネタのあの番組にアジアさんにゲスト出演して欲しかったなぁ。

「久米田先生が参加するチャリティーサイン会に行ってきました」「自己紹介で『前に、畑先生の職場に居た久米田です』といきなり自虐ネタ」さすがです。
「チャリティーでもほとんど端に居て、チャリティー商品は前田くんが説明していました」知らない人はビックリしただろうなぁ。
「ステージ上で前田くんに説教し」経緯が分かりませんが、何かやらかしちゃったんでしょうか?
「しまいには藤田先生に『あいつはトイレにこもりやがった』と暴露されて最高でした」仲が良いからこそなんでしょうけど…さすが藤田先生。
「沖縄から行った甲斐がありました」沖縄からとは。お疲れ様です。
「これどこでやったんですか?」「都内でやったんだ」「中野でやった、と」たぶん、漫画家の皆様の移動事情を考慮しての会場設定かと。
「トイレ?」「なんでトイレにこもったんですかね」その会場で、籠城できる場所がそこしかなかったんじゃないでしょうか。
「基本的に久米田先生、人前に出るのが得意ではないとおっしゃってましたからね」
「講談社漫画賞とったときに、生前葬をしたんですからね」「棺桶に入っていればだれとも話さなくてすむっていう発想から」その動機からその結論に行きつく思考回路がさすが久米田先生。
「入る棺桶が無かったから、トイレに籠ったんですな」そこだけ抜き出すと吸血鬼みたい。

「6月12日、久米田先生も参加されたコミックライターズ∞に行ってまいりました」「今回のコミックライターズ∞を知るきっかけになったのは絶望放送でした」「自分が本当に好きな漫画家さんに接する事ができました。本当にありがとうございました」いい話ですなぁ。
「ちなみに、始まる前の会場準備の間、司会の岡野浩介さんが絶望先生にサブキャラで参加していたのでその思い出を語っておられました」
「『今や大出世した神谷浩史さんとは15年くらいの付き合いになるが、仕事場で一緒になったのは絶望先生が初めてだった。凄い新鮮な感じがした』とのことでした」せっかくなので絶望先生全書の香盤表で確認してみたら俗の4話、路傍の絵師に出てきた宇宙人の副官役でした。流石に覚えてませんってば。
「割と付き合い長いんですよ」「僕より年上だし、先輩なので、本来なら岡野さんって呼ばなきゃいけないんですけど」「年上でも仲良くなりたい人は、なれなれしくくんでよんだりするんですよ」「保志くんも」「僕があまりにも好きすぎて」「かってにくん呼びをして、割と近いところに居たいと言うか」「岡野くんもその一人で」「僕が全然仕事してなかった頃」「その当時、岡野氏はセイント・テールとか」「めっちゃ売れてて忙しかったんだけど、仲良くしてもらって」「ホントに遊んでたな」「ボーリングやらダーツやらビリヤードやらをすげーやって」「そんな感じの付き合いだったんですけど」ボーリング、持ちキャラの決め台詞言いながら投げたりとかしないんでしょうか。…しませんかね。
「絶望先生が初めて?」「多分サムライガンじゃないかな」台無しだ!
「それでも10年ぐらい付き合いがあって初めて一緒になったぐらいの感じ」「サムライガンと絶望先生ぐらいしか」こういうのはやはりご縁なんですねぇ。どちらもお仕事の量、多いのに。
「非常に仲良くしてもらってる先輩の一人」楽しい交友関係が多そうで何よりです。
「あたしもなんか、ラジオ局のナレーションの現場ですごいお世話になりました」「色々教えていただきました」いい先輩だなぁ。
「もはや声を聞かない日が無いんです僕」「何でかって言うとずっとアニマックスつけっぱなしにしてるから」「ずっとアニマックスは開局当時から岡野くんがナレーションやってるんでね」ほほう。そうなんですか。ファンの方にはたまらんでしょうね。
「僕らも行きたかったね」「サイン欲しい」「目の前で欲しい」「『丁寧に描かれた奈美ちゃんのサインもらっちゃいました』っていう方も」「あたしも丁寧な奈美ちゃんのサイン欲しい」もうサインお持ちでしょうって思ったら、そういう事ですか。納得。


CM
「みんな、同じ谷で生きている。雨の女神さまがくれた水。奈美アルプスの天然水」新谷さんのライブ会場で、グッズとして売り出しても行けそうなレベルではないでしょうか。


一矢、報いてやりましたよ!
「マクドナルドでもらったコカコーラの缶の形のグラスに、ペプシを注いでやりましたよ!」ペプシファンだとすれば、正しい一矢の報い方。
「コーラ飲料、ですな」もう10年以上飲んでないなぁ。
「どうしよう」「ヒドい」「プロデューサー高橋、『ちいせぇなぁ』って感想抱かれたそうです」コーナー全否定発言。
「昔ね、比較広告みたいなのがありましたけどもね。こう目隠しして2つのコーラを飲ませて『どっちがおいしいですか?』みたいな」「で、『ほとんどの人がペプシを選びました』みたいな」「あれ、いつの間にかなくなりましたね」あまりウケがよろしくないようです。
「地元でもそういうのやってて」「それに参加して、飲んだ事ありますよ」「結果、僕ペプシ選んでました」「それ両方ペプシって事ない?」新谷さん、発想が久米田作品に染まってませんか?
「子供だから、より甘い方だったのね」「凄い甘かったの」「『こっちのほうがあまいな、おいしいな』って。かみやひろし少年は」「少年っていうかクソガキだったけど」ご幼少のみぎりの貴重なエピソードでございました。

「よく振って飲むジュースを、全く振らずに飲んでやりましたよ!全く出てこず、飲めませんでした!」矛盾してる。
「さ、良子ちゃん試してみようか」「え?あたし?」新谷さんは絶望放送のパルプンテですから。
「振るタイプのジュースを買ってきまして」「それを振らずに、一献、やってみてください」「ちょっと変わった飲み物でして、炭酸飲料」昔あった不二家のレモンスカッシュの缶ジュースも果肉入りで『振ってからお飲み下さい』って書いてあったなぁ。
「振りゼロで!」「大丈夫?」「あ、ホントだ」「絶対振れよって書いてある」「真似しないで下さいね」「お医者様もブースの外にいらっしゃいますから」「そういう体で」シュガーちゃんこと佐藤D、白衣似合いそうだなぁ。
「飲めてますか?」「痛い」「あ、そうか。良子ちゃん炭酸ダメな人だった」え?分かっててやってたのかと思いました。
「出てこない。確かに」「おっきな塊が」「ひっかかってるんです」「コップを下さい」「あ、詰まった。詰まった!」「出ねっす」「上澄みみたいなものだけが」「あ、炭酸だ」「すげーデッカイ塊が入ってますね」「地味」「地味な量しか出てこない」
まぁ、振る前は単なるゼリーですので。
「ちょっとした実験番組」そもそもからして、もともとこの番組自体が壮大な実験みたいなもんです。

「お腹が空いてないのに、スニッカーズを食べてやりましたよ!」「CMのコピーを使うって、王道中の王道」「このコーナーとしてはかなり王道」「ま、食べれば」すげぇ投げっぱなし。

「絶望ネーム:友達の話ですがさん」「『童貞を守れない奴が、一体何を守れるっていうんだ!』て、言ってやったそうです」「どうでも良すぎて…」「報告でも何でもねーですし」「しかも、友達の話だそうです」投げっ放し2連発。

「ちゃぶ台に、テーブルクロスを敷いてやりましたよ!」「ちょっとリッチな感じがします」昭和のにおいもします。
「ちっちゃい頃やりたかった」「うちちゃぶ台だったから」新谷家の情報がまたひとつ。
「食べるっていう事に関しては」「見た目の印象ってのもありますから」「どんな器に盛られてるか」「視覚が大切です」「いい事じゃん」「報いるとかじゃない」確かに。しかし、コーナーの主旨が迷子です。

「ダルシムを知らないインド人に『日本でガンジーの次に有名なインド人だ』と教えてやりましたよ!」「ウソ言ってないよ」うむ。ウソではない。サイババといい勝負だと思う。チャンドラ・ボース…は無理だろうなぁ。あとはカレクック。
「3番は?」「3番は河森監督」「インド人?」確かにあだ名がインド人だった時期があるそうですけど。
「ダルシムはめっちゃ有名」「ヨガを広めた人」火を噴くしな!
「ヨガで戦うの?」「ヨガで戦うよ」間違ってない。
「お相撲さんと戦う?」「インドで?」「それは日本」「すげぇかっこいい。俺好き。ダルシム最高です」「インド人なんですね」「インドの人ですよ」噛み合ないなあ。一応、知らない方のために書いておきますと、ストリートファイター2という格闘ゲームのキャラクターです。

「自転車で川沿いを走っていると、小バエが口の中にごわっと入ってきたので、そのまま飲み込んでやりましたよ!」「翌日体調が悪くなるどころか、長い事続いていた便秘が治りました!」良かったですね。具体的な事は敢えて書きませんが。
「これは確かに一矢報いてるかもせんなぁ」小バエに。
「加トちゃんケンちゃん」「ハエが入ったおまんじゅうを食べた志村けんが超デカいハエ男に変身しちゃってね。やっつけられるドラマ見てね。まんじゅうが食べられなくなった時期があったんですよ」なんか唐突に懐かしいネタが。ああ、そういや新谷さんも三十路ワールドの住人でしたっけ。
「完全に『ザ・フライ』のパロディみたいな事でしょ?」「導入を饅頭に変えたんだろうね」あの頃は流行ってましたからね。ハエ人間。パロディネタ、あちこちで見ましたし。
「蚊柱みたいな」「ああ、くっつき虫」「くっつき虫?」「どこに移動しても頭の上ぐらいについてくる団体じゃなくて?」「しつこ虫」「佐藤Dの地域では」新潟対石川、再び。
「蚊柱であってる?」「多分正解」あってます。
「たまに道の真ん中でホントに動かずに飛んでる事があってどう避けてもついてくるみたいなときあるでしょ?」「くっつき虫ですよ」「耳からは『しつこ虫ですよ』って言ってくるし。どっちでもいいよ!」三つ子の魂同士がぶつかりあってる。

「抱き枕を買う余裕も無いので、デカいペットボトルを抱いて寝てやりましたよ!」固くない?
「ペットボトル活用法ですかね。2リットルとか、もしくは大五郎的な」「大五郎ってあれ何リットル?」「4リットル!?」「俺とお前と大五郎」また三十路ワールドが発現しました。
「大五郎さんを抱いて寝るっていう事?」そのあとの絶妙な笑い方が久々な腐女子モード。良かったですね、新谷さん!
「それぐらいでかければ、寝苦しい夜もいけるんじゃないの?」「お水入れてってこと?」ああ、そういう活用法か。
「冷凍用のペットボトルみたいなので売ってるヤツあるよね」今は何でも売ってるなぁ。
「電車で隣に座ったおばちゃんがお茶を凍らせてて」「凍りすぎてて全然出てこなくて、ずっとガラガラガラガラって振ってました」あるある。ありすぎて切ない。

「駅のトイレでトイレットペーパーが無かったので、持っていたペットボトルのお茶で、自力ウォシュレットしてやりましたよ!」「どうやって?」ひとつだけ思いつくけど、書くのが憚られる。
「炭酸」「痛そう」昔、コロコロコミックにそんなネタ満載の漫画が載っていたような。
「やらなくていいよ神谷さん。ごめん、ごめん、ごめん」「うしろからなのか?」「こうすんの?」身体張りすぎです。
「この写真では写真撮らんぞ!」「話題になった事を写真撮ったりするけど」「この格好では写真撮らんからな!」そうしてください。
「どうすんの?手でこすんの?」「濡れっぱなしじゃん」そこは、あきらめるしか。
「座っていいですよ、神谷さん」むしろ座れ、と。
「どこでもいいってなって入っちゃって、うっかり『紙がない』」「僕は準備がいいので、ながせるポケットティッシュを持ってた」ミートゥ。というか、長距離旅行を趣味にすると必需品です。ながせるティッシュ。
「ペットボトルでこうしてこうしたのかな?」「こすったのかな?最終的にそぎ落としたのかな?」なんか南国ラジオっぽくなってまいりました。
「ペットボトル便利!」本当に便利かどうかは使う人次第ですが。

「夜遊びに夢中で勉強しない高1の甥っ子に『何かためになる話をしてくれ』と姉に頼まれた」「なにか、甥っ子の心に届く言葉は無いか、と思案した結果、こう言ってやりましたよ。『おじさんみたいになってもいいのか?』ってね」「それ以来、甥っ子は人が変わったように勉強に精を出すようになり、姉からは非常に感謝されました」「35歳独身、姉の家に居候させてもらっている私でも、やればできるものですね!」良い話でいいですよね?

「皆様にご愛顧いただきました『一矢、報いてやりましたよ!』は、残念ですが、子安さんをゲストに迎えないまま最終回です」エエェェ(´Д`)ェェェエエ


エンディング
「では、そろそろシャフトのスケジュールの余裕も今週の放送もおしまいです」余裕は昔からなかった気もしますが。

「新谷さん、6枚目のアルバム『UNLOCKER!』6月22日発売おめでとうございます」「6月22日って今日じゃねーの?」ということは、次くらいに絶望ネーム:のーとぱしょこんさんのいつものが来ますな。
「DJHiroC呼んだ方がいいんじゃねーの?」「扱いがちっちゃくなってる」「しょうがないんです。会社が違うんで」会社の違いは割と軽々乗り越えちゃいますけどね。この番組。
「うしろで流してる、と」流れてますね。良かったですね。
「ヨロシクお願いしまーす」「きたー」HiroCもすっかり定番キャラになったなぁ。最初は一発ギャグだと思ってたもんですが。


お別れの一言
「絶望放送からの誕生日プレゼントに関しては常に最悪を想定しろ。構成Tは必ずその斜め上を行く」まさに斜め上という言葉が相応しいものばかりでしたね。あと、快気祝いも。


存在感が臼井君
「3ヶ月前にやめたバイト先に遊びに行ったら『いらっしゃいませ、おひとり様ですか?と言われました』」私の場合、10年以上前に辞めたバイト先で今も同じヤツがバイトしているので、色んな意味で入りづらいです。

「ハエ取り紙はいいよなぁ。居るだけで仕事してるんだから」でも、ハエがくっついてないと役立たず呼ばわりされますよ。

「証明写真の顔が、うつろです」「自己責任でしょ?」どう撮っても怖い、と写真屋を絶望させた私とはいい勝負ができそうだ。

「お母さん、僕のお箸、1本しか無いよ?」卵をかき混ぜるのに使ったのかな?

「おふくろの味は、緑のたぬきです」「いかんよ、こういうの」せめて卵掛けご飯くらいになりませんかね…。

「絶望ネーム:めぞん日暮里さん」「『会社を辞めます』、と言ったとき、上司が今までで一番いい顔をした事を、僕は忘れません」久しぶりにお名前を聞けたなぁ、と思ったら…。

拍手[3回]

・「おにぎりマンです!食らえ!おにぎりアターック!」「膝カユウーマンです」2人合わせて『かゆ…うま』ですかそうですか。
・「明太子クラッシュ!」「おかかは?」具材の数だけ技のバリエーションがあるヒーロー。いいかも知れない。
・「こないだ後藤沙緒里ちゃんのラジオを聞いていたら『さのすけとは健全なおつきあいをしたい。ハグまで』とおっしゃってました」「でも、さのすけが来てくれるならベッドをダブルベッドに新調したいとも言っていました」言ってましたねぇ。いろはにほへと第140回配信のネタです。
・「さっちゃんは俺のこと大好きみてぇ」「それ以上に俺もさっちゃんのこと大好きなんだけどな」「ハグまでかぁ」「沙緒里ちゃんはホントいいにおいすんだよなぁ」「ハグされるととろけそうになっちゃう」ああ…これが『妬み』という感情か。
・「俺がダブルベッド持ってさっちゃんちまで行くわぁ」「本当に殺意が芽生える」芽生えるまでにしておいてください。
・「コイツ金稼いでるでしょ」「他の番組にゲストに行ったりとか」「他の漫画に載ったりとか」
・「大塚家具で買うよ」具体的だなぁ。
・「シングルベッドでもよ、さっちゃんと一緒だったら」「あんたダブルの必要性ないよ」大きさ的にはね。
・「さのすけのコスプレしてみたら?神谷さん」「声はさのすけそっくりなわけだし」「さっちゃんかわいがってくれると思いますよ」『さっちゃんがかわいがってくれる』というだけで大抵のハードルは越えてしまいそうです私。
・「若干肉厚にしたほうが」肉襦袢の代わりにウレタンか低反発素材でも詰めときますか?
・「さっちゃんは俺のもんだからな!こいつになんかやらねぇよ?」パードゥン?パードゥンミー?こいつぁ聞き捨てならねぇな。
・「こいつ、役者としての才能大してねぇから」わははははは。なんつーことを。
・「そろそろ軍手のイボはおしまいです、のコーナーです」「絶望ネーム:軍手のイボさん」「バター!訴えるよ!」「身体に塗りたくって愛犬と遊んでいたらバイトの面接に遅刻したじゃないか!」「…どうしたの?」むしろ私は『犬飼ってたんだ』と思ってしまいました。
・「山芋!訴えるよ!」「ぬるぬるねばねばが気持ちいいと思って股間に塗りたくったら、カユくなったじゃないか!」何事にも代償はつきものだ。
・「山芋ってやっぱりカユくなんの?」「なんの成分でカユくなるんだろうね」調べてみましたところ、皮付近に含まれる『シュウ酸カルシウム』というアクの成分が原因だそうです。
・「アイス!訴えるよ!尻につけたらあまりの冷たさに声が出たじゃないか!会議中なのに」「意味が全く分かんない」会議中って何の会議だ。
・「チュロス!訴えるよ!あんな形してるから肛門に入れようとしたら折れたじゃないか!」コメント不能。コメント不能ですとも、ええ。
・「ヘソに酢飯詰めてたら朝になったじゃないか!どうしてくれる!」なんで酢飯?いやもう、既にそういう問題じゃないのは分かってるんですが。

拍手[4回]

オープニングコント
「日塔さん、唐突ですが、質問があります」「あなたのセックスはどちらですか?」見て分かると思います。…最近はそうでもないのか。
「なんなんですかいきなり。セクハラですよ」しかも今時珍しく堂々としたまっすぐなセクハラ。
「先生はパスポートの話をしてるんです」「確かにパスポートに性別を記入する欄ありますよね」(注:経験の有無を記入する欄ではありません)。
「あなたが好きなセックスシンボルはなんですか?」番組的にはさのすけでしょうか。個人的にはセックスシンボルの話になると『サトームセンのCMの雌のチーター』と断言した旧友を思い出さざるを得ません。
「それはもう、完全なセクハラですよぉ!」「落ち着いてください」「英語でsex simbolとは性的に魅力がある人のことを言うのを、ご存じないんですか?」あちらさんでは、この質問はニュアンス的には好みのタイプを聞くようなもんらしいですね。
「一体何なんですか今回のオープニングミニドラマは」「これじゃ絶望先生じゃなくて、南国や改蔵初期ですよ!」原作でも『悪いくせが出た』回はありましたけど。
「なぜなら今回は!」「下・さよなら絶望放送」なんという困った事態。下ネタは感想書きづらいんですよ。


オープニングトーク
「ラジオをお聞きのみなさん、チンコー!」チンコー!
「今回のオープニングミニドラマは絶望ネーム:オレガノチンコさんのものでした」爆笑。普通、番外編だと構成田原さんの書きおろしだと思うじゃないですか。まさかと言っていいのかさすがと言っていいのか…。

「構成Tより今回は最近糞尿を嗜んでいる神谷さんと変態についてゼミで研究している新谷さんのためにそっち方面のネタで統一した番外編」「基本全乗っかりでお願いします」ハードル上げてきたなぁ。
「どっちも絶望関係ないし」それはもう、今更のお話に。
「でも、今回番外編なので、気にせず良子ちゃんも『チンコチンコ!』みたいな感じでね」「言えないよぉ。言えないよぉ。無理だよぉ」「1回くらい平気だよ」期せずしてちょっとエロくなってる気がします。
「ほらもう、スタッフ一丸となって、みんなチンココール」小学校だったら学級崩壊。
「スタッフみんな男子だからね」「バカじゃないのアンタら」否定する材料はひとつもないなぁ。
「リスナーからもそう言ったバカみたいなメールがいっぱい着てるんですよ」「いつかそれを供養しなきゃいけないなと思っていたらしくって」ネタ供養は大切ですが、その美名のもとで好き勝手やってるようにしか思えない。


今週の標語
「下ネタは最後から2番目の武器だ!」最後の武器はなんだろう。


絶望した!○○に絶望した!
「下・さよなら絶望放送はシモ番組だけのラジオです!」頑張れ新谷さん。

「絶望した!母乳で作られたアイスが実際にあることに絶望した!」「イギリスで売っているそうでーす。しかも目の前で絞ってくれるらしいんですよー!」食べてみたいか?と言われれば、興味はあります、というレベルです。
「母乳ってちょっといい響きじゃないですか」「母乳ね」『乳』という字が入っている以上、おっぱいマイスターかつおっぱい党党首としてはセンサーに反応するものがあるんでしょう。
「だけれども、味的にはそんなにおいしくないって言いますよね」色んな意味で飲んだことが無いので味はちょっと。
「僕まだそういうプレイには足を踏み入れたことは無いんですが」プレイですかそうですか。私もまだです。
「飲むと若返るらしい」「どこ情報?」「テレビ?」「ダメでしょう、『ソースはテレビ』は」「ないわー」『テレビ(笑)』ですからな。
「ちなみにこのアイスの名前、ベイビーガガって言うんだ」「なにそれ」『赤ちゃんが夢中』という意味らしいですね。
「資料を見ているんですけれども」「なんなんでしょうね、このドヤ顔の女の人は」
「レディー・ガガ風の人が」「なんですかね、カクテルを入れるグラスに」「ドコドコ母乳を」「ドボドボかけているみたいな画」液体窒素で一気に冷却して作っているようですね。
「子供に飲ましてやれよ、それ」粉ミルクで育つ子供が居る一方で、こういう使われ方、というのが引っかかるんでしょうかねぇ。
「提供者、提供者の方美人ですよ」美人かどうかで味は変わらないんでしょうけど、ありがた味は変わる気がするのは私が下衆だからでしょうか。
「子供にあげて」「出過ぎちゃうんだよね」「ムダになっちゃうんだよね」「いっぱい出る人は」出過ぎちゃって捨てるお話も聞いたことあります。
「買い取ったり、加工したりして、その趣向の人に売りつける」「抵抗ある人はあるし、好きな人は好きでしょうね」「しかも販売中止になった」「衛生的な問題が色々あって、さすがに販売し続けるのはキツい、と」それ、表向きの理由じゃないかなぁ。お役所にはよくあること。
「おっぱいアイスなくなっちゃったんだー、すげぇざんねーん」母乳と液体窒素があれば作れるみたいですけど、どっちが入手困難なのかな。
「若干抵抗ありますけどね」「母乳は赤ちゃんを育てるためのものですからね」私も、イヤとかではなく、『飲んでいいの?』というためらいがあります。
「流石に僕もそういうプレイはねー」プレイって。
「神谷さん神谷さん、提供者があたしより年下だ」「僕ね、そこ触れなかったんだ」「あたしもやろうと思えばできんのかな?」「やろう!良子ちゃんやろう!ぜひやろう!」新谷さんは母乳がどうやったら出るのか忘れていらっしゃる気がする。あ、一部の向精神薬を飲むと出ることが稀にあるようですが、そっちじゃないですよね。

「絶望した!大リーグのブルージェイズに『オチンコ捕手』が入団したことに絶望した!」入団したのはブルージェイズですが、まだメジャーには昇格できてないみたいなので日本で普通に見るのは難しいようです。昇格したらNHKがどう扱うのかにちょっと興味あります。
「もしホームランを打ったら『オチンコ打った、オチンコ大きい、オチンコ入ったー!ホームラン!』とか実況されちゃうんですかねえ?」なんというか、昔懐かしい昭和の実況っぽい。
「『オチンコ大きいオチンコ大きいオチンコ大きいオチンコ入ったー!』」内容はさて置き、さすがナレーター経験豊富なだけあって、こんな内容なのに華麗で流暢な読み口。一度プロ野球のDVDとかでナレーションやって欲しいなぁ。
「面白いね!」「だって、オチコンさんって言うんだよ」「この人本人からしたら可哀想ですよね」「本人はそういう意味じゃないじゃないですか」「こっちに来たらニヤニヤしたドヤ顔で名前呼ばれちゃうんでしょ?」まぁ、オチンコだからまだいいですけど、その昔、大毎オリオンズというチームに『フランコ・マンコビッチ』というピッチャーが居まして。さすがに登録名を『マニー』にしております。マリーンズはルーツをたどってもネタの宝庫。
「良子ちゃんだって公然と言えるんだよ」「言いたい訳じゃないから」この新谷さんの引きっぷりを考えると、『おぼっちゃまくん』でちんこ連呼してた神代さんは凄いなぁ。
「もし僕がオチンコっていう名前だったら良子ちゃんなんて呼んでくれるの?」「そんな名前じゃないと思うもん」「役者なんだから想像力を広げてくれよ」「良子ちゃんはなんて呼んでくれるんだい?」「オさん」「誰だか全然分かんねぇ」その呼び方、『マ・クベ』を連想せざるを得ない。ファースト世代的に。

「絶望した!いちじく浣腸の歌があることに絶望した!」「正式タイトルは『うんちのうた』で歌詞は『パンダちゃん』から始まるらしいです!」何とヤツめ!いつの間にそのようなものを。
「♪パンダちゃん うんちかな?うんちかな?うーんうーん ぽん 出た出たスッキリポン」「2番」「♪パンダちゃん できるかな できるかな うーんうーん ぽん やったーやったースッキリポン」なんだろう。メロディー聞かないと分かりませんけど、踏ん張りの利かなさそうな歌っぽい気がします。
「3番の歌詞もパンダちゃんからです」「パンダ押しです」「パンダ一択です」
「小さい子供向けにね、おまるとかでうんちをさせるために考えられた歌だと思うんですよ」「おしめでずっとしちゃうんじゃなくて」トイレトレーニングというヤツですな。
「なんでパンダ一択」動画作る時に動物が1種類だと楽だから、とかそんな理由だったらヤですね。
「3文字だったら子供に馴染みのある動物いっぱいある」「キツネ」「なじむかな?」北海道の子だったら、もしかすると馴染みがあるかも。
「パンダでぽーん」「ミルモでポーン!」「ちがーう、それはちがーう!」大いに違います。
「これは絶望することでもないですけれども」でも、この歌のおかげで、パンダを見聞きするたびにそういう連想をする子供がいるかも、と思うとちょっと絶望するかも。


谷ラボ
「あんまり普通でないお便りを紹介する番組です」元ネタになった番組からしてあんまり普通じゃないからなぁ。

「絶望ネーム:オレガノさん」オープニングの時と若干名前が違いますね。
「女性に『バストサイズいくつ?』と聞くのは男性に『オチンコ何センチくらい?』と聞くのと同じ事だと思えば、気軽に女性の胸の大きさを聞く男性は減ると思いますが、神谷さんはどう思いますか?」「気軽に聞く人そんなに居る?」問題になると困るので、サイズを聞くどころか、うかつに直視することすら避けております。
「まず女性に『バストサイズはいくつですか?』って聞かない」「女性同士どうなんですか?」「あんまり聞かない。話題にならない」男同士で話題にしないのと同じレベルで話題にしないようですね。酒が入ると話題になる可能性があがる点も同様かと。
「よっぽど大きかったら」「おっきい人はおっきい人でコンプレックスを抱えていたりするから」「女性の胸っていたずらに触れない話題なんですよ」「文字通りいたずらにはね」アジアさんが若干嬉しそうですね。胸の話題だからですかそうですか。
「これね、全然ね、違うんですよ」「発想が全く違うんですよ」「バストサイズっていうのは、必然的に下着をつけるにあたって、計るべきもの」「より正確なもので自分に合った下着を身に着ける方が美しく見えたりとかするわけじゃないですか」「だから、ちゃんと計るべきものなんです」感想ではなくグチで申し訳ないんですが、私のごく身近に下着を買い直すのがイヤで計りなおさない女性がおりまして。どうしてもんでしょうか。
「オチンコに関しては計らないでしょ」「なんだったら、計ったことがある人がこのスタジオに…(ピンポーン)居た!」ピンポーン、で噴かざるを得ない。
「敢えて誰とは言わないけれども構成田原なんで計っちゃったの?」「『中学生の時は計るじゃないですか』計ったことねーよな?」ないです。…ないよな?あれ?自信が無くなってきた。黒歴史として記憶を封印してる?いやいや、そんなまさか。
「エンジニアさん計ってた」「いや、なんかね。もしかしたらこの人はバカなんじゃないかなって思ってたんだよ」「先週のね、死にるるぶの時に、手を挙げてもらったじゃないですか」「エンジニアさんもこの数に含まれてる」「ちゃんと聞いてて、手を挙げたり挙げなかったり」「ちゃんと参加してて『あれ聞いてるぞ』と」
「計ったことある、と」「いつぐらいですか?」「同じくらい、中学生くらいの時に」
「それ以来計ってないですか?」「計ってない」「若干間があったけど。Tは」「裏側と表側が違う、とか」「そんな情報イラねーんだぞ。ホントは」その辺は個人差もあると思います。思うだけで裏付けはありません。ありませんったら。
「それって、そんぐらいから変わるもんなんですか?」「なんで佐藤さんが即答してくんの?」ナイスコンビネーション。というか、さっきからこの話題に参加したかったんだろうなぁ。
「頑張ってる時を計ってるの?」「頑張ってるときを計った」「頑張ってる時は、頑張ってる気持ちになってる訳じゃないですか」「さぁーて、頑張ってるうちに計るか」「中学生の時はなぁ。頑張る力が無限にありそうだからな」「その無限にある頑張る力を持て余して」臨戦態勢時に自分の主砲がどのくらいの威力を持つのかは男子であれば知りたいと思うのは自然でしょうけれども。
「友達同士で比べっことかしたの?」「それはない」「あくまでソロ活動で、ソロプ例でそう言うことしてた」私、中高生の頃にも周りにはバカ話をしたりバカなチャレンジをしたりしあえる友人が割と居ましたが、そういうことはしませんでした。この話を聞いても『やっとくべきだったかな』とはあまり思えず。
「平均が何センチか」「チン長何センチ?みたいなもんでしょ」チン長っていう単語聞いたのも物凄く久しぶりだなぁ。
「そうなんだ。鼻水出てきちゃった」笑いすぎです。と、我が身を確認すると同様な状態だったりするわけですが。
「計る下着あればいいのにね」「女子が計ってちゃんとする下着があるように」「男性も」「サイズ別で?」「美しく見える下着とかがあったら、あの2人の努力はムダじゃなくなるってことでしょ?」男性の場合はどうやったって美しく見えたりしないと思います。
「ほぼ自己申告になるわけじゃないですか」「女子は計ってくれますもん」「お店の人に計ってもらえば」「お店の人の前で『俺今頑張りますから』」「バカじゃないの?」「『じゃ、お願いします』『今そんなに頑張れてないです』『頑張れるようなモノ無いですかね』」「『ちょっとiPhoneいいすか?』」一体その中に何を溜め込んでるんですか。
「頑張ってない時でいいじゃないですか」「頑張ってる時で下着を作った場合、常に頑張ってなきゃいけなくなっちゃうでしょ」まさに勝負用下着ですかそうですか。
「頑張ってる時のサイズにも合わしておかないと」「イテテテテって」想像しただけでちょっと顔をしかめたくなる。
「頑張ってない時と頑張ってる時の」「手のアクションがバカすぎる」「くだらなすぎる」今回の視覚的ラジオ、よりによってこんな話題か。タイトルに偽り無し。

「ヒマだったとき、ふと、陰毛にヘアアイロンをかけたらどうなるんだろう、と思いつき試してみたところ、ビックリするぐらい綺麗でサラサラなストレートヘアーになった」「凄い満足感が得られたので、何もすることが無い時はおススメでーす!」盲腸の時に剃られてから若干ストレート気味なので、あまりその『凄い満足感』とやらが得られないかと思うと、ちょっと損した気分です。
「男性ってヘアアイロンそんな簡単に持ってないでしょ?」「持ってる人居るのかな」知ってる限り居ません。もし試したい方は、ちょっとお高めのラブホに行くと置いてあるので、
「家に住んでいる、誰か、女性が持ってたんだろうね」「彼女なのかなんなのか分かんないですけど」「うちアイロンあるけど」「そんなことにもし私に兄弟が居て使ってたら」「ちょっとショックすぎる」賠償請求まであるよ、それ。
「火傷しちゃうよ」「陰毛は陰毛で、普通の毛ですから」「あくまでモジャッとなってるのは陰部を守るため」「サラサラにしちゃったら守れなくなりますね」「だから、シャンプーとかリンスをずっとし続けると、ちゃんとした直毛になる」「ちゃんとケアをすると綺麗になるらしいよ」逆にケアしないと、早くから白髪が出たりするらしいですね。怖いなぁ。
「もともと毛質としてこねくり回ってるものもあるからそうなってるのは無理かも知んないけど」「ただまぁ、機能としてそうなってるからね」「まっすぐにしちゃダメですよ」ダメ、と言われても、医療上の必要性から剃っちゃったものはどうしようもないので…。どうしたもんでしょうか。
「あと剃ったりとか」「なかには趣向の人でね、剃っちゃう人もいますからね」「もっと危ないですよね」「完全にノーガードですよ」ノーガードにはノーガードの楽しみ方が(ry
「危ないですよ」「陰部と頭は守って……あ」「さ。次行こうかな」「構成Tのドヤ顔今むかついたなー」何に対するドヤ顔なのか。無防備宣言してます!とかいうことですかね。

「コンビニで女性店員さんにおでんをよそってもらった時に『お汁(しる)はどうしますか?』と聞かれ、思考回路が止まってしまいました」それは止まってもいい。
「普段は『ダシ』か『つゆ』と聞かれるので、動揺したのだと思います」「お2人は普段の生活で思考回路が止まってしまうことありましたか?」
「自分で入れるじゃない」「入れたあとに店員さんがハシで確認するでしょ」「アレが一々ヤダ」「二度手間だよね」関西はお客の申告制のところが多い気がします。
「お汁(しる)って言いますか?」「おつゆはどうされますか?」「ダシ汁はどうされますか?」「おダシはどうしますか?」「スープ?」「牛丼なんか食べに行って『つゆダク』なんていうじゃない」単純に『シル』とだけ言われると、個人的には昆虫の体液を連想してしまうんですが。
「佐藤Dは『お汁(しる)はありじゃないか』」この辺は育った地域の特徴も入ってくるような気がします。
「コンビニで、頑張る気力が全くない時に、もしくは、ちょっと頑張ろうかなって思ってる時に」「何を?」「帰ってからひと仕事しようかなっていうふうに思ってる時に」「目の前に居るかわいらしい女性店員さんを見てふぁーって思っている時に」「『お汁はどうされますか?』」「え?あ?あ?あ?なにが?」「おしる?あ、じゃあ大目にお願いします」「一瞬、『え?俺の思考を読まれたのか?』て思う」思考を読んでの『お汁(しる)』発言だとマーク付き漫画の世界としか思えません。
「あたし、何に引っかかってるかもよく分かってないんですもん」「お汁(しる)だよ良子」分かんない場合、新谷さんに『男汁』とか書いた紙を見せてもセクハラにはならないんでしょうか?
「全乗っかりだ。忘れてた」「次は全乗っかりしてもらいますからね」そういう時に限って無理難題だったりするという…。

「浩史『突然ですが新谷さん、熱中症ってゆっくり呼んでください』」「良子『ねっちゅうしょう、ねっちゅう、しょう、ね、ちゅう、しよう』」「浩史『新谷さーん。何誘ってんですか?』」「『さ、ささ、誘ってなんかないんだからね!』「どうやったら乗っかれんの?」「今『誘ってなんかないんだからね!』は良子ちゃんの創作なんですけれども、いただきました!」ありがとうございました。
「どうしたらいいの?何が正解だったの?」「正解が無いんですよ」いや、そもそも絶望放送は割と普段から正解が無いメール多いような気が。

「絶望ネーム:軍手のイボさん」「おヘソにソーダ水を入れた『おヘソーダ』なるものをやっているのですが、自分で飲めません」「不躾なお願いですが、良子さん、飲んではいただけないでしょうか」なぜそういうことを始めてしまうのか。やっぱりセンスのある人の言動は一味違う。
「イボは本当に気をつけた方がいいよ」新谷さんの真摯な忠告その2。


普通って言うなあ!
「ぼーっとしていて、ふと気がつくと、男性の股間をガン見していることが多々あります。普通って言うなあ!」普通なの?普通なの?
「そうなんだ」「我々男性がね。女性とお話ししてたりする時に顔をずーっと見続ける」「こういう状態で話し続けるとちょっと照れくさい訳ですよ」「ぼーっとしてるときに、ちょっと視線を外すと、あれ?俺今胸ガン見してんなって」「乳をガン見してんなって思う時がある」それ、こないだやってしまったばっかりです。相手に気づかれる前だったので事なきを得ましたが。
「そっちのほうが失礼じゃないですか」「後になって気づく」「単純に気をつかって、失礼の無いようにと思って視線を外したら、気づいたら、俺今胸をガン見している人だな、端から見たら」「何となく見てる訳だから、胸を見てる訳じゃないんですよ」
「ぼーっと見てるっていう事は、焦点がきっちりを合ってないってことですもんね」そう。だから、見ているようで見えていないという。
「この方にとっては角度がえらい違いますよ」「意図的というか」「ぼーっとしてて気がつくと、だから違うのかな」「自分の意志があるのかないのかでだいぶ違う」裁判だと過失か故意かが争点になるパターンですな。
「ふと見ていた、みたいなことは僕にもたまにあるので、これを責めることはできない」「別に見られても。見ていただいても。粗末なものでございますけれども」謙遜家だなぁ。いや、別に実物を知ってる訳じゃありませんけど。
「見ますか?」「いや、いいです」「あたし別にみたいわけじゃないので」三次元には食いつきの悪い新谷さん。

「OLさんが『ニコタマ』って言っていると、興奮します!普通って言うなあ!」どっちかというと『マイノリティーと気づいた、今!』向きのネタのような気がします。
「全く分かんない」「ニコタマ、タマが2つ」「そこまで想像します?」「都内在住の方にしてみたら、ああ、あそこねって分かると思うんですけど」「二子玉川園っていう地名があるんですよ」駅名は『二子玉川』になっちゃいましたね。
「それを略して『ニコタマ』って言ったりするんですけど」あんまり縁が無い地名だったので、関東在住時にも耳にしたことは無かったなぁ。
「OLさんがっていうところもポイント」「OLさんと接点が我々ないから」「エロさ、エロさっていうのが分かんないんだけど」「なんで2回言った」すいません。私もあんまりよく分かりません。というか、そもそも36年生きてきて身近にそういうエロい雰囲気をまとった人が居なかった。

「学校の廊下に落ちているシュシュを見ると、ぱんつが落ちているように見えて興奮します。普通って言うなあ!」「これ分かる」こないだ売っているシュシュを見たばかりなので、これ、よく分かります。
「すっかり構成Tはエンジニアさんと仲良くなったりして」「肩組んだりしてます」意気投合するまで早かったなぁ。
「シュシュは」「男性からしたら絶対一生使いませんから」「材質かな?」「材質、まぁ…」「それ、ポンとその辺に置いてご覧よ」「良子ちゃん、こんなの…こんなの…」「すげぇ、みんなひゅーひゅーしてる」レースを使ってちまっとした形のモノっていうと、どうしてもおぱんつ様を連想せざるを得ない。
「姿形が」「しわっとしてるじゃないですか」「そういう材質のものもあんのかなって思っちゃう」今、ただでさえいろんな形状のものがありますからねぇ。
「我々男性が穿くパンツって言うのは」「見たまんまパンツ」「パンツの形してる」女性用のように縮こまったりはしませんもの。
「女の子の穿くものは、ドリームなんですよ」「分かんないんですよ」「霞のような存在」永遠のブラックボックスとでも言いましょうか。
「机の上に置いてあるシュシュも」「黒ですしね!」「ハートだよ、オイってなっちゃうんですよ」「分かんなくはないですよ。そういう風に見えてきた」「ですよねー」ということを踏まえて今回のトップ画像を見ると、机の上にあるものが意味深な存在感を発揮します。

「たまにふと、あびるちゃんの包帯が全部トイレットペーパーだったらなぁ、って思います。普通って言うなあ!」これは分かる。
「どうして?」「構成Tは『これ分かりますよ!』と熱く語っているんですよ」「『分からないヤツはおかしい』」おかしいとまではよう言いませんけど、妄想の翼が割と縦横無尽に広がる気はします。
「そもそも二次元のキャラクターに興味がねぇよっていう事なんですよ」そんな哀しいことを。
「三次元で、トイレットペーパーをグルグル巻きにしている女性が居たら、そりゃうっふぅ!ってなります」「思わない!」「プレイです。裸ですから」「放置しとくんじゃなくて、まぁ、紙ですから、ピッとやったら取れちゃう」「なに?構成田原なんなんだ」「そりゃ素人の考えだ、と」「『水鉄砲ですよ』」そんなAVがあった気がする。ソフトオンデマンドだったかな?
「バカじゃないの?」「エンジニアさんも『ですよね』って追従した」ニワトリとウマが意気投合。
「どうしよう」「完全にさよなら絶望放送専門エンジニアに永久指名」これからもこの手の話題で活躍してください。
「ドロドロになるじゃなんよ」「それがいいんですか?あの人たちは」「タケさんも?」「タケさんはそうでしょう」評価が安定してるタケさん。


「絶望ネーム:マジックミラーマン(22歳になってもまだ童貞)さん」「思わず股間にテントを張ってしまったとき、『静まれ!静まるんだ!俺のムスコ!』て、心の中で思ってしまいます。普通って言うなあ!」新谷さんの最後の読み方が失笑気味でちょっと苦い。
「そういったとき、あんまないんですよ」「辞めて神谷さん。どっちについても発言しないで!」「ちゃんと頑張れる」「神谷さんどっちもやめて。お願い」「『マカとかウコン効きますよ』やかましいわ」「まだそんなの必要ないよ」私はどっちも飲んだことはありますが、そんなに有難味を感じたことはありません。
「若さが爆発することは無い」「マジックミラーマンのあとの()の内容が変われば、普通って言うなって言わなくなるかも知れませんけどね」「あー、ちょっと上から目線になっちゃいましたか」おたっしゃ絶望放送だと、その日は来ない設定になってましたが。


ぐわんば!
「絶望ネーム:オレガノさん」今回大活躍ですね。こういう内容だけに、良いのか悪いのか。
「『さすまた』ってなんか響きがエロいよねー」漢字で書くと『刺股』ですしね。股に刺す、ですよ。ええ、ええ。

「漢字の『左右』という単語には『エロ』という文字が詰まっています!」今まで気づかなかった!
「書き順が違うじゃないですか」「左は横が先。右は縦が先」「何ででしょうね?」「あ、この書き順だと、綺麗に書ける」書き順はそういう理由で設定されているものがほとんどです。
「いっぱいエロ書いちゃった。今」そんなに嬉しくはないけど、ちょっと嬉しい程度のサービス発言。

「絶望ネーム:軍手のイボさん」「『しゅうちゃくえき』ってひらがなで書くと、なんかエッチです!」「どういうこと?」「『えき』がこっちの『液』なんだろうな」「しゅうせいえきのほうが」いやいやいや、危ない危ない。そこまでで。


○○の××が大好きなの!
「ちょっと、ですよ」ちょっとがちょっとで終わったためしがない。

「僕は、キャサリン・ゼタ=ジョーンズばりの、この世のものとは思えないほどの絶世の美女に、鼻血が出てても、顔面が陥没しても、私が何度『もうやめてください』と懇願しても、一切躊躇する事なく顔面を踵で、全体重をかけておもいっきり顔面を踏み続けられることを想像すると、もう、もう!」「そうのってありますよね、神谷さん!」「あるんだ神谷さん」アジアさん、いつのまにかそっちの人認定されてる。
「キャサリン・ゼタ=ジョーンズは凄ぇ美人だと思いますよ」「なんだろう。思わず、
キャサリン・ゼタ=ジョーンズっていう検索かけて、アマゾンでDVDを片っ端から買おうかなっていう衝動に駆られることはあります」そんなに?
「だけど、顔面を踵で、鼻血が出てても、どんなにつらくても、陥没しても、」「もうやめてくださいと懇願しても、一切躊躇する事なく」「キャサリン・ゼタ=ジョーンズに踏まれるかぁ」「バリの美女、じゃなくて、キャサリン・ゼタ=ジョーンズだったらどうしますか?」「キャサリン・ゼタ=ジョーンズが僕の顔踏むの?」「ヤですけど。それは全く以てヤですけど」それでいいんじゃないでしょうか。
「『ハァイ、キャサリン』」「そんなの関係ないんです。『ふみっ』って」なぜだか、ここの『ふみっ』が凄く好きです。
「屈強なSPが問答無用で突っ込んできて、肩をガーッと無理矢理抑えられて」「『ヘイ!キャサリン!』ていう風に」「ガッ!ガッ!ガッ!ガッ!」「ヤですね」「散々妄想してみましたけど、それだけはちょっと」「その後にご褒美が待ってるんだったらちょっと考えますけど」「どんな?」「一緒にお風呂入ってもらえるとか」「それがあるんだったらいい?」「かも知れない」そこまでされといてお風呂でいいのか。
「SPがまず怖ぇもんなぁ」「そこかぁ」そこは大事です。妄想の中でも恐怖を覚える程度には怖い。

「絶望ネーム:隅っこアロマテラピーさん」「彼氏とケンカして」「ふっ」「笑わないで。まだこっからだから。まだオチじゃないから」若干フライング。
「彼氏とケンカして『うるさい、ばーか!』とつい言ってしまった時、両方のほっぺをぎゅーっとつねられて、『この口が言ったのか?』と責められたいです!」「『お前、お仕置きされたくてワザとやってんだろ』と詰め寄られたら、あああ、力が抜けてもう立っていられない!」ドSがお好みですか。
「おもしろいなぁ、ホントテラピーちゃんは。まさかオチを最初に持ってくるとは思わなかった」「オチじゃないの!ちがうの!神谷さん!」「彼氏とケンカしてって」「そりゃテラピーちゃんだって彼氏とケンカしますよ」「いやいやいや」アジアさんの全否定。
「します、ときもあります、きます」新谷さんはいい人だ。


「絶望ネーム:軍手のイボさん」「僕は、女性のタイツが大好きです」「ぴったりとした人間ぽくない、無機質な感じが大好きです」「カラータイツは特に好きです」「無機質でありながら、脱ぎたては、その女性のかほりという隠そうにも隠せない、極上な人の部分があらわになる」「女性の脱ぎたてのタイツをもらったら、僕はもう、煮込み料理にして食べます!」「まずは唇でハミハミし、タイツを直に感じ、前歯でタイツを細かくカミカミします」「犬歯でタイツを細かく傷つける感覚を味わったあと、奥歯でタイツの歯ごたえに陶酔します」「ああ、夢が膨らみます」「なので、誰か僕と付き合ってください!」「イボは…無理でしょう」いやいや、分かんないですよ。世界は広いですから。


エンディング
「では、そろそろ構成Tと佐藤Dの友情も今回の放送もおしまいです」でもショートショートBLは続きます。

「新谷さん、夏のイベント『chu→lip☆はてな』開催、そして東京、横浜、名古屋、大阪の全国4カ所での」2011年秋ツアー決定おめでとうございます」「ものすごく普通に楽しみにしています」ネタが絶望放送にフィードバックされてくることを楽しみにしております。
「久々の番外編だったんですけど、途中から普通のラジオになっちゃいましたね」「オープニングでチンコチンコ言い過ぎてチンコエネルギーがMAXから減っていきましたね」何事も最初に飛ばし過ぎると良くないですね。
「最後に言いたくなっちゃったんですか?」「言っとかなきゃいけないかなって」「何でこんなのが番外編なんだってお怒りのメールをもらうのもシャクですから」確かに番外編っぽくはなかったですし、思ったより感想書くのにも困りませんでした。
「そうなんですよ。思ったよりこの番組、チンコ向きじゃないんだよね」「どういうこと?」「なんでですかね?」「アレかな?あたしが全乗っかりできないのがダメなのかな?」「したほうが良かったのかな」できないことが新谷さんの味だと思っているので、私は個人的には今のままで良いと思います。
「今回はチンコ放送だったんでございますけど」「これが番外編として受け入れられるんですかねぇ」「思ったよりチンコっぽくなかった」「番外編はぶっちゃけ1回も受け入れられたことがないです、と」わははははは。最初がナーミンナイトだったので、大抵のことには耐久力ついちゃいましたぜ私。
「最後に、今後、この手のメールは一切読みませんので、投稿しないでください」「アザゼルさんと変ラボに送れ、と構成Tが申しております」何事も適材適所というものがございますゆえ。


お別れの一言
「認めたくないものだな、童貞ゆえのあやまちというものを」童貞ゆえのあやまちかぁ。確かに認めたくない。というか忘れたい。

拍手[5回]

・タイトル、実際には「誰か注意してあげてください!!」になってましたが、それだと先週のと同じなので多分こっちかと。というか、いつのまにか先週分のタイトルが「誰なんだよ!!」になっている件。それこそ誰か注意してあげてください。
・「吸血毒ウナギです」「にゅる」「胃がキリキリ子です」ドライアイだったり胃がきりきりしたり…ご自愛下さいませ。
・「そういやそんなトークしてたな、のコーナーです」「モペリンさん、神谷さん、その他全国の童貞のみなさん。残念ですが最近の女性は和装でもブラを外しはしません」エエェェ(´Д`)ェェェエエ
・「私は着付師範の資格を持っているため、成人式、卒業式など着付けのお手伝いに行きますが、約8割の人は洋装のブラをしたままです、和装用のブラをしています」「和装=ノーブラって30年以上前の常識ですです」あらら。そうだったんですか。痛くないのかな。
・「ちなみに糸色望のハカマ姿は細部まで完璧に描かれているので、久米田先生は着ることが多いか、着た人を観察しまくったかどちらかだと思います」「雑誌などでは絶対見えない部分までちゃんと描かれていて、ちょっとヒキました」あ、ヒイちゃうんだ。
・「日本舞踊用の着付け方のほうなので、久米田先生は日舞でもやってるんですかね」「やってないと思いますけど」「漫画家さんですから主人公に着せる物として細部まで観察したりとか」「資料などを取り寄せて」「アイスホッケーのアレ、資料としてゲットしたぐらいですから」「観察してるんでしょうね」その辺のプロ意識はさすが久米田先生。
・「30年以上前の常識だよ、と」「ノーブラなんじゃないのっていう童貞たちの妄想及び僕の」「30年前に死滅していた訳だ」「ガッカリだ!」夢がまたひとつ失われていきました。
・「和装用ブラっていうのがあるんだね」「布みたいなヤツかな」「形をキレイに出すっていうよりかは、着物用に綺麗にする」「主張が無いヤツ」動物のお医者さんのあとがきにそんなイラストがあった記憶が。
・「デザイン的に凝ってたりとか、ワイヤーとか入ってたりすると、上から締め付けたりすると」「出ちゃうから」「たぶん、想像するに」たぶん、そうなんでしょうね。たぶん。
・「そんなこと教えてくれなくても良かったなぁ」いいがっかりっぷりだ。
・「絶望ネーム:代取りさん」「以前神谷さんが『夜の街の女性に優しくされるのかなぁ』とおっしゃっていましたが…俄然、興味が出ました」ここの、興味が出た部分は投稿なのかアジアさんの心情吐露なのか。
・「お茶屋さんの舞妓さんも『飛影の寝顔に萌えた』という子が居たり」多分幽白の飛影のことかと。
・「祇園町の夜の蝶さんも腐のつく女子の方をたくさん存じ上げていますので、優しくされると思います」「ちなみに自分は150年ほどやっている店の32歳代取です」色んな人が聞きすぎだろ、このラジオ。
・「祇園町だったら案内させていただきます」プロの案内で祇園遊びって。想像もつかない世界だ。
・「代表取締役ってことか」たぶん。
・「なにをしてくれんの?」「これはどういうことなのかな?」「大体京都なんてさ、一見さんお断りでしょ」「ぶぶ漬け食って帰りなはれでしょ?」そうでないところも増えてきましたが、まだまだそういうお店もたくさんございます。
・「これはチャンス」「150年やってるお店だぞ」「この番組的に1回」「京都で公開録音とかやったほうがいいんじゃねーのか?」おお、まさかの地元開催?これで勝つる!!
・「公開録音はもう二度とやんねーのか」一瞬だけでも夢を見せていただいてありがとうございました。もう泣きません。
・「池田屋跡行こう」「行った後にそりゃ京都なんだからさ、この代取さんに連絡とって紹介してもらおうや」アジアさんがノリノリすぎて、スタッフさんたちの方が若干腰が退けてるのか。
・「みんな想像しますよ」「『神谷さん行ったんだ』って」「いいよ!」吹っ切れてる吹っ切れてる。
・「次のコーナー行きますか」「そろそろ限界じゃないか、軍手のイボ』のコーナーです」「ズルい浩史とチョロい良子のショートショートラブコメ 口喧嘩」「あたしと仕事、どっちが大事なの!」「決まってるだろ!ゲームダヨ」確かにこのアジアさんはズルい。
・「ズルい浩史とチョロい良子のショートショートラブコメと」「休日は何をしていますか?」「ウホッウホホウホウホウホッ」熱演乙。
・「ゴリラって書いてある。誰なんだよ。指定してこい!」指定しなくても、と思いましたが、なるほど、シュガーちゃんや田原さんのゴリラも可能だったのか。

拍手[4回]

オープニングコント
「おかしい、こんなの絶対おかしいよ!」「まぁまぁ日塔さん落ち着いて」「何をそんなに怒っているのです?」「原作における私と加賀ちゃんの扱いの差についてです」あ、気づいちゃった。
「そもそもそんなに差がなかったはずなのに、加賀ちゃんは木野君にほれっとされ、先生とはフラグを立てまくり、さらにはくの一属性まで!」思えば大化けしたなぁ。
「一方私はぽっちゃり、ヨゴレ、ウザキャラ属性って」これもある意味大化けか…。
「どうしてここまで差が出てしまったんですか?」「それはひょっとすると中の人の」「今何か言いましたか?言ってはいけないことを言いましたか?」暗に認める発言が。
「大して差がないのが五十歩百歩ですが、いつの間にか差が大きくなってしまうこと、それが五十歩万歩だったり」プロ野球界にはよくあること。
「オタク仲間のサークルだと思っていたら、みんな普通に彼女彼氏持ちだったり」普通に、ではなかったですが、サークル会員同士で結婚しちゃった人達居たなぁ。
「同じ時期に入社したのに、数年後には収入が全然違ったり」あるある。私も研修のとき同期として机を並べて学んだ某が、今年の4月に幹部として赴任してきました。
「せっかくサンマガコラボを成し遂げた直後に、あれとあれが劇場映画化され同時上映」久米田先生はこの巨大なコラボ企画の魁だったんですよ。…前座とか言うな。
「去年はDVDが『化物語』の1/10しか売れない、とネタにしていたら今年はブルーレイが『まどか☆マギカ』の1/10以下しか売れない状態に」上を見たらキリがない、と申しましてな。
「アザゼルさんはDJCDがDVDとブルーレイの初回特典、変ゼミはサントラとDJCDがセットになって発売とラジオが公式扱い」「同じ講談社スタチャ作品なのに、扱い自体がまさに五十歩万歩」「言うな!お互い中の人が出演しているんだからそれは言うな!」「190回以上やっていても、所詮は同人ラジオなんですね」敢えて言いますが、同人ラジオだからこそここまで長く続いたし、ここまで好き勝手できたんじゃないですかねぇ。


オープニングトーク
「今回のオープニングミニドラマは絶望ネーム:じらしっくぱーくさんのものでした」いやはや、お見事でした。
「壮絶なオープニングドラマでしたねぇ」「もはや言及できませんなぁ」いやもう、十分ですから。

「神谷さんが大変乗り気な『さよなら絶望放送全書』発売されるのがとても楽しみです。次の夏コミ辺りで物販されるのでしょうか」間にあいますかねぇ。番組延命の意味も込めて冬コミではいかがでしょうか。
「物販の機会があるのでしたら、そろそろ暑くなってきましたし、商品のラインナップにスタ茶を加えてはいかがでしょう」単品売りでも良いですが、お茶付きの本って斬新ですね。どうでしょうか。
「絶望先生グッズにもお茶がありましたし」すいません。買って飲んだはずなのに言われるまで思い出せませんでした。
「スタ茶に一矢報いる、もとい」「日頃お世話になっているスターチャイルド様の宣伝にもなりますし」一矢報いる方がどうしても正しく聞こえてしまう。
「老舗のお茶屋さんが作りました、というキャッチフレーズでスタ茶、ありですかねぇ?」伊藤久右衛門あたりに依頼します?
「神谷さんが大変乗り気なって書いてありますけど、『絶望放送全書』ってなんですか?」「神谷さんが『やりましょう』って言ってませんでしたか?」「『絶望先生全書』を」おっしゃっていたはずですが。
「作ればいいんじゃねーの?」「神谷さんがやるんでしょ?」「僕はそういう人じゃないじゃないですか」「編集長?」「責任者?」「なんで?」「やるって言いだしたから」「やりますって言ってないでしょ」非常に近いことは言ってたと思いますよ。
「あったらちょっといいんじゃないの、と」「3年以上やってるんでしたっけ?そろそろ4年になるんじゃない乗っていう勢いだから、こういうのがあったら楽しいんじゃないの」濃く作ろうと思ったらどこまでも濃くなるところまで原作どおり。
「オフィシャルで書籍を作ったことってありましたっけ?」あります。
「1回あったんでしたっけ?」「不安ブックがあったんだ」それです。
「そういうことでいいんじゃないすか?」「今回は文章多め」「みなさんが寄ってたかって作ればいいんじゃないの?」そしたら割って入る余地があるかなぁ。
「さよなら絶望先生は久米田先生のものですよ」「さよなら絶望放送はなんだかんだ言ったって聞いてくださってるたった2人のリスナーのためのものですから」「その2人が頑張れば良い」「メール送って来てくださるみなさんが作ったら良いんじゃねーの?」リスナーのうちの誰かが音頭をとって仕切るのは非常にやりにくいと思うので、やはりここは不安ブック方式でお願いしたい。
「神谷さんの役割は?」「ソレ見て『面白いね』って」「ある意味新房監督と同じ立ち位置」「『新房監督何やってる人なの?』『一番最初に完成が見られる人』」わははは。でも、それだと絶望放送全書に『総指揮・監修 神谷浩史(日本おっぱい党党首)』ってクレジット入っちゃいますよ。
「ある意味同じ」「よっぽど大変なんですけどね、新房監督」「新房監督にお会いして色々お話ししたんですけど」「ここで話してしまいたいと思うくらい面白いこと言ってたね」聞きたい。というか、新房監督とまでは言わずとも、シャフトの方にもゲストにきていただけると良いですよねぇ。
「仕事に関して『新房監督忙しいですか?』『ううん。そうでも』って言ってたけど」「うそだぁ」まぁ、監督は謙虚なのだと思います。
「裏で頑張るのかなぁ」「神谷さんもなんだかんだ言って頑張ってくれるんですね」「良子ちゃんも一蓮托生ですよ」「あたし乗り気じゃない」「この番組は僕と良子ちゃん」「あたし乗り気発言してないもん!」「どっちかがやるっていったらやるんです」どんなことも何とかしてきた谷谷コンビでございます。
「神谷さんの補佐をする」「今までだってそうだったじゃないですか」「どんなヒドい構成台本があがってきたとしても、どんなヒドいメールが来たとしても僕ら2人の力で乗り切って来た訳じゃないですか」本当にこのお2人には戦友という言葉が相応しい。
「なんで神谷さんこんなこと言ったの?」「言ったの覚えてねーもん」そんなことを言うと…。
「逆ワープ!」ああ、やっぱり。
「もうアレだ。さよなら絶望放送全書作ろう」「いっそ作ってやろう」「一矢報いてやりたい気分だよ」「本当に言ってたんだ」証拠を全部ディレクターが握っているから大変ですよね。
「大人が許したらっていう事で」「あったら確かに楽しそう」「間にあうかどうか分かんない」やっぱり冬コミでやりましょう。
「オープニングミニドラマに関してとか今週の一言に関してだったりとか、元ネタがなんなのか」久米田康治Wikiで大体事足りそうだ。
「こんな系統のメールが一番読まれているだったりとか」「すごい。専門書っぽい」専門書…うーん。間違ってないかも知れないけど、なんか違う気が。
「このコーナーではこういうタイプのメールが新谷さんはお好み」「今更まとめなくても分かってる気がする」わははははは。
「百見さんばっかりじゃない」そのとおりでございます。ええ。
「神谷さん、凄い。その感じです」なんだかんだ言ってアイディア湯水のアジアさん。


今週の標語
「貴様は今までに味わった絶望の数を覚えているのか?」今まで食べたパンの数より多い気がする。和食派なので。


絶望声優ラボラトリー 谷ラボ
「今回は5月25日発売の、俗・さよなら絶望先生ブルーレイボックスの感想特集です」まだ全部見終わってません。やっぱりパソコンつながないタイプの再生機買わないとなぁ。

「俗・さよなら絶望先生ブルーレイボックス買いました」「黒い12人の絶望少女の冒頭」「海岸に立つ少女達の横にうっすらと臼井君が立っていることに気がつきました」「きっちり伏線が貼られていたんですね」「本放送やDVDで気がつけなかった自分に絶望しましたがさすがブルーレイと感心しました」私は古い人間なのでDVDでも十分高画質だと思っていましたが、ブルーレイがさらにその上で本当にビックリしました。
「ブルーレイですので今までよりくっきり画面が見える訳じゃないですか」「すごいバカみたいな事言ってますけど」「いやでも、そのとおりですよ」私、あんまり画質とかにこだわる人間じゃないんですが、ブルーレイは見て納得と言うか。
「今まで気づかなかったことに気づいていける」「立ってたんですね」「全く僕も気づきませんでした」「気づいてないっていうか、覚えてないです」「あたしも」古い話ですからね。ええ。ええ。覚えてろっていう方が無理ですとも。ええ。

「俗・さよなら絶望先生ブルーレイボックス購入いたしました」「序・絶望少女撰集に霧ちゃんの部屋にゆのっちのポスター、やまぶき高校の制服があったりと、背景や黒板ネタがより分かりやすくなって、より高画質化したブルーレイボックスを買って良かったです」タダでさえ豊富な小ネタが尋常でないレベルで拾えるようになるので、何度見ても別の見方が出来て飽きません。
「あんまり動かないけど」まぁ、画質はあげられても、動いてなかった物を動くようにはできないですからねぇ。
「当然地上波デジタルでやっている物に関しては画質に関しては今までの物よりいい訳じゃないですか」「だけど動きに弱いんですよ」「凄く動くとブロックノイズがでちゃったり」「ブルーレイで見た方が動きに関してもキレイに見られるんですね」勉強になりました。我が家のアクオスはテレビと言うよりモニターなのでその辺は全然。
「まぁあんまり動いてないんですけど」まぁ、そこはそれ。
「たまにダイナミックに動いたりするじゃないですか」「演出で板村君がやってると凄く動く」「ダイナミックに殴られたりする」後世、絶望先生を懐かしんで見返す頃になると『板村演出キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!』とか言われるのかな。
「第1話の望がバーッと走っていくところとか結構豪快に動いてます」あの辺は放映当初から動いていることにみんなで言及してましたね。
「オープニングとかもさ、結構動いてなかったっけ」「前回軽くディスられた尾石さんの作ったオープニングもね、凄い動いてますから」あれ?前回なんかありましたっけ?チーフ演出の宮本さんが云々、というのは携帯版でしたし…。
「まだ見れないんですねー。うちねー」「ブルーレイ再生機を持ってない」「デジタルでもないので」「多分ビックリすると思う」「見れるようになったら」「その驚きを楽しみにとっておいてます」ぜひぜひビックリしてください。というか、誰か使わなくなったプレステ3とか持ってないのかな。
「HDMI端子でつなぐといいよ」「なあに?」「良子ちゃんは今のテレビにはAV端子」「黄色と赤と白でしょ?」「つないでるー」「それの画質とは全然違うので」「そこにさすんじゃないの?」まぁ、昔のテレビだとそうですよね。
「その上にS端子ってのがあるんですよ」「丸いヤツ!」「見た事ある」「S端子の上にD端子」「USBみたいなやつ?」「USBよりもうちょっと広いんですけど」「D4ぐらいだったらHDMIとかわんないんでしたっけ?」「ほぼほぼ変わらない」「でも音が別だから」「HDMIが一番簡単で一番美しい映像が見られる」ということなので私もHDMIにしようと思います。
「それ、ウチのテレビについてる?」「えー、買い替えれば絶対ついてます」無茶な質問に万全の回答をするアジアさんはさすがですな。

「俗・さよなら絶望先生ブルーレイボックス発売おめでとうございます」「しかしなぜこの日発売したのですか?」「私はCDやDVDこの日は注目タイトルが発売ラッシュだったので店が込みまくって閉店時間に閉店できなかったじゃないですか!」えーと。地震の影響で延びたんじゃなかったでしたっけ?
「しかも、最新アニメDVDを買われたお客様が『今更さよなら絶望先生のブルーレイって誰が買うの?』ってボヤいてましたよ」割とたくさん居ることが判明しているはずです。


すいません、私のようなものが番組を持ってすいません!
「すいません、1円しか募金してないのに『ご協力ありがとうございました』なんて言われてすいません!」1円でも募金は募金。
「いやいやいや」「これすいませんじゃないんじゃないですか?」そう思いますよ。
「ありがとうございましたって言われるためにやってる訳じゃないじゃない」「あなたに『ありがとうございました』って言われてもなーって微妙な気持ちになることはあるけど」「言われてイヤな気持ちはしない」まぁ、アレは『ご協力とご理解』に対する感謝だということでいかがでしょうか。
「1円しか募金してないのにそういうことを言われてしまうと申し訳ない気持ちになるっておっしゃってますけど、その気持ちが大切なんですよ」「お金の大小でね、多い方が良いに決まってはいるんですけど」「気持ちが大切なんで」ゼロより1は確実に大きい。
「今回こんな感じで行けたらな」「今まで無かったじゃないですか」新機軸に挑戦すると、その結果は大抵…。

「すいません、バイト先のゲーセンでヤンキーのカップルがきて『これ、ちょっと取りやすくしてくださいよ』と言ってきたので、元の位置よりほんのわずかしか動かせなくてすいません。これが決まりなんです。そんなににらまないでください」にらめば何でも思う通りになると思っているのかなぁ。
「しょうがないですよ」「取りやすくするサービスっていうのは、その店舗ごとにやっている、ホントにサービスですから」「気持ちなわけじゃないですか」「1回で取られちゃったら」「利益も上がらない訳ですよ」「動かしたっていう気持ちがありがたい訳じゃないですか」そういうところに感謝の心を持つ人間でありたいものです。
「あとはお客さま次第」むしろ、難しいモノをカッコ良く取るのが昔はステータスでしたねぇ。…年寄りの繰り言で申し訳ない。
「明らかに取れない位置にあるものが欲しいっていう時もあるわけじゃないですか」「赤と緑入れ替えてください、みたいな」「絶対取れる位置に持って来てくれるっていうことではないので」ご理解の上お楽しみください。
「ヤンキーのそれは何イメージなんですか?」「これぇ!ちょっと取りやすくしてくださいよおお!」「そんな?そんなですか?」「神谷さんの想像するヤンキーはそういう感じなんですね」「若干威圧的なのかも知れない」ヤンキーってもともと威圧的なもんだと思ってましたが。あと、アジアさんのヤンキーイメージの源流と私のそれは多分一緒ではないかと推察します。すなわち、制服着崩して常磐線の車内でドアの周辺に座り込んで大声でしゃべっているというソレ。

「絶望ネーム:某レンタルショップでアルバイト中のしほりさん」このコーナーの女王が降臨。
「すいません!70代のお爺さまが熟女物のアダルトDVDをレンタルするというのは所謂熟女趣味なのか、ロリコンなのか判断に悩みます」「すいません、私のようなものがスタッフですいません!」爆笑。やっぱりこの方のメールは切り口がいいなぁ。
「ああ、確かに」「確かに、なのか?」「悩むなって」「悩まなくて良いことなんじゃないかな」「それはその人の趣味趣向ですから」「何を借りていこうが、そんなこと詮索する必要は無い訳ですよ」「でもどっちなんだろう」気になると止まらない新谷さん。
「70代のお爺さまっていうからおかしな話なんですよ」「男性がっていう書き出しだったら」「熟女好きだと思います」「男性はいつだって、気持ち的には20代なんです」うむ。否定しない。むしろそうありたい。
「だから、10代の子でも付き合えるって思ってるんですよ」それは無理ゲー。
「それは神谷さんが?」「70代の方も、神谷さんも」「田原さんも」飛び火開始。
「一緒ですよ」「10代の子だって、そんなもん守備範囲ですよバッチこいですよ」「実際会ってみたら全然話が通じなくて『そいうのが流行ってんだねー』」「おっさんだよ、その反応」「やめてください」でも無理して同じノリで会話する方が痛々しいんじゃないかなぁ。
「スタッフも一緒だよ!」「一蓮托生だろ!」「パーソナリティがそうだって言ってるんだったらスタッフもそうなんだよ」「この番組的にはそういうものです」強権発動。
「絶望放送全書を作るとしたらスタッフも一蓮托生です」話が戻った。しかも随分前に。
「20代ぐらいのを借りてしまったらヘンな風に思われるんだろうな」「年齢相応のものを借りようかな、でもこれが限界じゃ」「置いてある物に関してはこれが限界じゃのう」「ワシはこれでは本当は動かんのじゃが」動くって。動くのか70代。
「だが、店員さんのことを慮ると、これを借りるのが順当かのう」「段々若くしていくかも知んないじゃん」計算高いな。さすが人生の先輩。
「しほりさんはとりあえず悩まなくて良いよ、と」「お爺さまお元気ですねって思っててくれれば良いんです」まぁ、そのくらいで済ませていただけると借りる側としてはプレッシャーも軽減されます。

「すいません、1回優しくしてもらっただけであなたを好きになって本当にすいません」ここはその筋の方々はリピート再生なさるんでしょうなぁ。…ぴろし声でやったら別の方向性になること請け合いですが。
「優しくされたら好きになっちゃうよ」「男なんてみんな単純だからね」「20代だろ」「みんな女の子がかわいく見えるんだ」「優しくしてくれてるなってちょっとでも思ったら、その子のことが好きになっちゃうよね」まぁ、そうです。かんたんないきものです。


CM
「スター茶、スター茶、苦い広がりスター茶」相変わらず絶妙な外し具合。もう、このジャンルでは第一人者を名乗っても良いと思う。後続者居ないとは思いますけど。


がっかり観光『死にるるぶ』
「最近聞き始めた人には全く意味が分からないと思いますが」「40回ぶりの復活になります」10ヶ月ぶりですか。10ヶ月続かない番組もあると言うのに…。
「あくまで名所の宣伝番組ですから」ああ、この注釈もなつかしい。

「現在登録されたがっかり名所」「北海道の時計台」「池田屋跡の、パチンコ屋跡の、池田屋」「夏目漱石誕生の地(今は吉野家)」「宇都宮の餃子像」「間々観音(通称おっぱい寺)」「ふれあい下水道館」「忍者列車」「三重ルーブル美術館」「UFOふれあい館」「スタ汁健太…これ、スタミナだよね」「関ヶ原ウォーランド」「千葉県富里市のスイカ柄のガスタンク&マスコットのとみちゃん」「以上、いくつですか?」「12カ所が今のところがっかり名所として登録されております」ある意味キリの良い数字ですね。なんか
「間々観音のキーホルダーみたいなヤツ」「高垣彩陽ちゃんがつけてたよ」「エエェェ(´Д`)ェェェエエ」いいのか?うら若き女性がいいのか?
「『神谷さんこれ見てくださいよ』って言われて『ああ、間々観音。知ってるよ』って言ったら意外な顔された」「こっちが意外ですよ」またこの話が高垣さんのところにリターン報告されるのかなぁ。
「『死にるるぶの購読者じゃないの』ってディレクター言ったけど」「違うよ」この番組のリスナーだったらどうしよう。

「秋田にあるももさだカエルをお勧めします」「がっかり珍妙な像として有名ですがそのエピソードもがっかりで、過去に盗難されるということがありました」「無事発見されましたが、その場所がパチンコ店で店主は『客帰れ、という嫌がらせだと思った』と言うがっかり具合でした」1つこのコーナー向きのエピソードがあるとグッと面白くなりますね。
「こんなのパチンコ店の前に置かれたら相当邪魔だと思う」「ももさだカエル」「銅像なんですけど」「浜の入り口に立っているそうです」「これ結構でかいでしょ」でかいっていうか…ポーズが。ポーズが珍妙すぎる。
「なんだろう、このポーズ」「なんかね、グリコの、大阪のグリコをたぶんちょっと、うーん。イメージしていただければ分かりやすい」むしろアスキーアートの『答え:○○』のガッツポーズの方を連想しました。
「種明かしをすると、このポーズ赤ちゃんのハイハイがモデルだと言われていますって」「そいつ片足で立ってんじゃん」下からみたハイハイを立てちゃった感じと考えるとなんとか理解できました。
「書いてあるんだもん!」「盗むってどういうこと」「140万かけて制作したらしいですよ」「微妙ですね。高いのか安いのか分かんない」銅像としては安い方じゃないかなぁ。
「カエルだから」「冬眠されております」「本当だ。ワラみたいのでくるまれてる」封印されているようにも見えますな。
「でかそうだよね」「どういう意図で盗んだの?」それは盗んだ人に聞かないと…捕まってないみたいですし。
「公園の浜の位置口?」「どこにあんだよ」「海浜公園なんだ」「しかも、なんで秋田でカエルなんだ?」「書いてあった」「昔のにぎわいに帰ることを願い」「ゴミを持ち帰るという環境美化への思いを込め、訪れた人達が事故なく無事帰る」「駄洒落だ」「駄洒落で140万かけてそこに像を造り」「冬眠もさせてあげる」秋田県にはよくあること、なのかな?
「登録して良いか」「向こう5人居ますからね」「我々の票も含めて」「過半数以上で登録」「全員だ」「全員一致だ」「これはですね。意味が全く分かんない」「秋田で像って言ったら、乙女の像って言ったら秋田?」秋田と言ったら忠犬ハチ公が浮かびますが。

「僕の住む横浜市都筑区には『都筑まもる君』というゴリラの巨像があります」意味が分からない。
「スピードの出し過ぎの注意を呼びかけている像なのですが、とてつもなく怖いです」みました。なにこれこわい。
「何度か移動して今の位置に落ち着いたのですが、そのおかげで、バイト帰りに下からライトアップされた彼に驚かされます」ライトアップしないで欲しい。
「この番組なんでこうゴリラネタ多いんですかね」あるリスナーさんがきっかけですね。ええ。
「これが街角に立ってるそうです」「こわ!超怖い!」「『絶対ダメ、スピードオーバー』みたいなこと書いてあります」いや、これ見て事故るほうが確率高い気が。
「フェンスがですね。膝よりちょい上ぐらいなんですよ」「無理無理。こんなのまたげるもん。この人」「ゴリラの都筑まもる君のまわりにはフェンスがあるんですけど」「ひとまたぎできるぐらいの」「ハードルにもなってない」「まもる君でかいんだ。ホントに」「成人男性の胸の高さより高いくらいのフェンスをひとまたぎできるくらいでかい」右手を高く掲げてますが、信号機の上くらいまで伸びてますねぇ、これ。
「ゴリラを祀ってるみたい」「封印されてるみたい」しかも封印が解けそう。
「横浜土産、都筑まもる君せんべい」「横浜土産だよ」すいません。聞いた事ないです。もちろん見たことも。
「横浜土産で一番に思いつくのはなんですか?ハーイシウマイでーす。以上、ですよね」以上、ですか。確かに横濱煉瓦もそんなに有名じゃないしなぁ。
「せんべいじゃないのかな」「フロレゾンというケーキ屋さんに売ってるのかな?」「地元のケーキ屋さんがこのお菓子を作ってらっしゃる」「パッケージがどう見てもせんべいにしか見えない」どうやらせんべいじゃなくてブッセみたいですね。
「こわいー」みましたが、リアル志向が悪い方に行っちゃったとしか…。
「ゴリラの像」「都筑まもる君」「登録致しますでしょうか」「4人」「ギリOK」「あたし迷った」「あんまりがっかりじゃなくて、凄い見たい」これは確かに見に行きたくなる。


「ウチこそが桃太郎伝説発祥の地、と言い張ってるところが日本中に30以上もあるそうです」多すぎます。
「その中のひとつに、愛知県犬山市に、桃太郎神社というのがあります」「本殿に畑田の鳥居ではない、桃鳥居」「鳥居が桃鳥居」これ、桃に見えない。強いて言うなら…U字磁石?
「鳥居の下には、桃の中から飛び出している全裸の男性」「おそらく、後の桃太郎」その他の可能性がなかなか思いつかない。少なくとも入浴中何かを発見しちゃってお風呂から飛び出しちゃった人ではないと思います。
「敷地内には中途半端にリアルで怖い大量の人形」「桃太郎や猿、雉、犬」「おばあさんの洗濯岩なんかもあったり」洗濯岩?岩?板じゃなくて?…どうやら私の知らない桃太郎があるようですな。
「鬼は基本的にいじめられていて『優しい鬼です、背中へどうぞ』という貼り紙をつけています」その貼り紙自体がイジメだよなぁ。
「以前は宝物館に桃太郎が生まれた桃の化石、きびだんごの杵と臼、鬼の頭蓋骨などが展示されていたのですが」「火事で焼失しました」「『化石なのに燃えたの?』とは禁則事項です」これがホントの化石燃料…すいません。
「今も鬼の金棒と鬼のちん○が今も宝物館に陳列されています」ちん○だけにな!ってか、新谷さんホントにこういうの平気になっちゃってるなぁ。
「そもそもなぜ愛知に桃太郎神社があるのか」ググったら、木曽川流域にも桃太郎の伝説が残ってるんですね。しかし、海じゃないのに鬼が島、というのは長野に川中島があるようなもんでしょうか。
「もはや興味津々です」ですよねぇ。これはなかなか画期的。
「画像がいっぱい」「桃鳥居から」「鳥居の下に桃から飛び出している全裸の男性が立っている訳でしょう」「こちらです」「桃の形です。輪郭です」「気になる全裸の男性っていうのがこちらです」「ハイ」「こぇぇよー」「完全に桃から出てるから」「生まれたばかりの桃太郎像ですな」まぁ、これは分かる。
「『優しい鬼です背中へどうぞ』」「ちょっと、これは痛々しい」「これはアレでしょ?」「デトロイトメタルシティーでクラウザー様に蹴られる豚の人でしょ?」「資本主義の豚でしょ?」「優しい鬼なんです」似てる似てる。
「火事で焼ける前の、桃太郎が生まれてきた桃があります」「焼ける前の非常に貴重な写真」「こちら!」「黒い塊だ」「桃の化石なんですって」「桃の化石だってゆってるんですもん」「石だよ、ソレ」「しかも燃えちゃった」「石なのに燃えちゃったの?」というか、そもそも、1000年かそこらのそんな短い時間で桃が化石になるのかっていうところからツッコまないといけないのが、もう。
「これ洗濯岩なんだ」「洗濯岩、こちら!」「普通の石だな、でっけぇ」「普通の岩過ぎて」「普通洗濯板、ですけどね」私もそう思っていたんですが、どうやら『この上で洗濯をしていた岩』らしいです。
「ヒドいですね」「優しい鬼は完全に資本主義の豚ですよ」特に目が似てる気がしますがどうでしょうか。
「ひでぇわ、これ」一言でいうとそうなりますなぁ。
「愛知県犬山市の桃太郎神社」「登録しても良いという方、挙手を」「1、2、3、45」「登録です」これはもう、文句無しかと。
「桃太郎像のうしろにすべり台あんの?意味が分かんないですね」意味とかあまり考えない方が。

「私が住んでいる茨城県つくば市にある筑波山にはところどころ色んな物があります」
「まず、山頂手前のごちゃごちゃした施設」「そこにあるメイン施設のガマ洞窟にはなぜか売り文句が『巨大イノシシです』」「日本語もよく分からなくなって来た」ミートゥ。
「ムダに長いすべり台の近くには『僕はガマです。日本で初めて空を飛びました。今は屋上で一休みです。会ってください』というメッセージがあります」「お土産喫茶の屋根の上には、なぜか、背中にシマウマが乗った巨大ガマガエルがいました」「登山ついでにぜひ行ってみてください、とのことです」筑波山には登ったことありますけど、覚えてないですねぇ…。もっとも、登ったのはもう20年近く前のことですけど。
「ちょっとしたパラダイスなんですけど」むしろカオスワールド。
「これ、ガマ洞窟の中に居るガマです」「こわいよ!」「目が赤い、ガマみたいなヤツが壁を這ってる」「意味が全く分からない」「ホラーだ」恐怖を煽ってどうするのか一体。
「お土産喫茶」「まとまりがないね」「ごちゃごちゃした施設」計画とかせずに建物が増えちゃったのかな?と思わざるを得ない感じに。
「これが1番、シンボルなんですかね。ガマですね」「筑波山はガマすごい有名ですから」「四六のガマなんつってね」「ガマの油をつけると傷がたちどころに治りますよ、みたいな」それは見た事あります。実演販売と言うか何と言うか。スパッと切った上からガマの油を塗ると見事に血が止まるという、実に派手な演出のものでした。
「ガマ洞窟の入り口」「どっから入んの?」「入り口、見てください。天狗の面が飾ってある」「ちょっとしたお化け屋敷的な」「見てください。完全にゴミでしょっていう」「ソレ何?」「リサイクル100%なんじゃないかって言う謎の物がぶら下がっている」ガマ洞窟ってカエルがたんまり居るのかと思ってましたけども。
「ロンドンの兵隊さん的な感じなんですけど」「血が出てる」「完全に血が出てる上に、帽子のところに『KILL』って書いてある」ブリテン島の偉い人に怒られたりしないのだろうか。
「ガマの油販売所、という標識の上に」「背中にシマウマが乗った巨大ガマガエル」「下から見た所です」「シマウマどこ?」「ちっちゃ!シマウマちっちゃ!」「シマウマ、完全にガマの背中に刺さってるみたいな感じになってますね」「シマウマの意味はなんなんですか」「意味は全く分かんない」なんだろう。作った人の説明を聞いてみたいような、聞くともっと混乱させられそうな。
「僕の出身の、茨城の牛久市の隣街なんですけど、つくば市って」「こんなことになってるとは思わなかった」私も茨城県の高校に3年通ってましたが、しかも高校1年時に筑波山登りましたが、一切記憶には無いです。いつの間にこんなことに。
「ガマ洞窟、登録するかどうか挙手をお願いします」「タケさんと高橋さん手を挙げない」「逆に楽しそうなんじゃないか」「がっかりしないんじゃないかって言うことなんですかね?」「あいつらバカだな」否定はしませんが。
「登録」これも文句無し。
「皆様にご愛顧いただきましたがっかり観光『死にるるぶ』は今回で最終回です」「今までがっかり名所の記事ありがとうございました」うわぁ。2週連続でコーナー終わっちゃうのかぁ…。

エンディング
「では、そろそろフロンティアワークスの経営状態も今回の放送もおしまいです」なんだかこれはシャレにならない気がする。
「4月5日に開催された公開録音イベント『座・さよなら絶望放送』が、なんとDVD化決定」「最初で最後の映像化」キタコレ!いくつ買えば番組存続ですか?
「前田さんも山村さんも追い出された改蔵のニコ生先行配信を最後まで見た新谷さんはさすがですねbyオレガノさん」やっぱりプレミアム会員なのか新谷さん。揺るぎないな。
「イベント、『座・さよなら絶望放送』がDVDになるんですなぁ」「あんまり僕らもよく分かってないのでここでは言及するまい、と」小出しにしてください。とりあえず今のところは。

「絶望した!『げんしけん』第10巻のカバー裏で、あけないでよネタが使われていることに絶望した!」木尾先生何やってんですか一体。
「朽木君の『にょーん りょーこ』の件と言い、木尾士目先生はどんだけ絶望先生関連が好きなんですか!」エンドカードの時も力入ってましたし、純粋にお好きなんでしょうねぇ。
「神谷さん見た?」「見ました」「ほんとだ〜」「霧ちゃんのあけないでよネタなのかな?」「好きで居てくださってるんですかね」「ホントにありがたいことですね」まったくです。


お別れの一言
「リスナーに『さよなら』って言葉があるとするならよー、おれたちが『さよなら』と言うのを聞く時だけだ!」まぁ、ある意味元ネタに忠実なんですが、これ、今の状況だと色々深読みしたくなってしまったり。

「来週は久しぶりに番外編をやるそうです」最終回じゃないことを切に願っております。かなりマジで。

拍手[4回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[02/17 Sabrina Warren]
[03/14 ふさ千明]
[03/14 走る茶道部]
[03/13 ふさ千明]
[03/13 走る茶道部]
ブログ内検索
プロフィール
旧世代オタクなので言う事も発想も古いです。
HN:
ふさ千明
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/02
職業:
今さらですが非公開に変更
趣味:
読書、創作活動(文章のみ)、野球観戦、旅行、食べ歩き
自己紹介:
三十路オタです。そろそろ三十路の残りのほうが少なくなってきました。そんな年齢なので言う事やる事古くさくてすいません。

メールを送りたいという奇特な方はtom☆yf6.so-net.ne.jp(☆を@に変換願います)までお願いします。
拙ブログはリンクフリーですが、ご一報いただけるとありがたいです。
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
バーコード